あたらしい憲法のはなし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『あたらしい憲法のはなし』での戦争放棄の原則を表した挿し絵。
日本国憲法の三原則を表した挿し絵。

あたらしい憲法のはなし(あたらしいけんぽうのはなし)は、太平洋戦争終結後に短期間使用された、中学校1年生用社会科教科書

1947年8月2日に当時の文部省は、同年5月3日に施行された日本国憲法の解説のために新制中学校1年生用社会科の教科書として発行した。「憲法」「民主主義とは」「國際平和主義」「主権在民主義」「天皇陛下」「戰爭の放棄」「基本的人権」「國会」「政党」「内閣」「司法」「財政」「地方自治」「改正」「最高法規」の十五章からなり、日本国憲法の精神や中身を易しく解説している。

1950年に副読本に格下げされ、1951年から使われなくなった[1]ジョン・ダワーによれば、これは軍備廃止を賛美する『あたらしい憲法のはなし』の論調が、朝鮮戦争を期に日本の再軍備が始められた現実と米国当局の新しい方針(逆コース)とそぐわなかったからである[1]

影響[編集]

「戰爭の放棄」における「戦争放棄と書いた大きな釜の中で軍艦や軍用機を燃やし、その中から電車や船や消防自動車が走り出し、その脇で鉄塔や高層建築物が光り輝いて出てくる挿絵」は有名。1952年4月以降も、小中学校で使用される社会科の教科書や副読本で、この挿絵が日本国憲法誕生時に関して使われることがある。

著作権は旧文部省に属するが、保護期限は過ぎてパブリックドメインとなっており、各社から(果ては個人からも自費出版の形で)復刻版が出版されている。

1993年外山雄三により文章に曲が付けられ、合唱曲として発表されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ジョン・ダワー『敗北を抱き締めて 増補版 下』p.343

出版[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]