あぜ道のダンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あぜ道のダンディ
監督 石井裕也
脚本 石井裕也
出演者 光石研
田口トモロヲ
森岡龍
吉永淳
西田尚美
音楽 今村左悶
野村知秋
主題歌 清竜人
ホモ・サピエンスはうたを歌う
撮影 橋本清明
編集 相良直一郎
製作会社 スモーク、ダブ
配給 ビターズ・エンド
公開 日本の旗 2011年6月18日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あぜ道のダンディ』(あぜみちのダンディ)は、2011年に公開された日本映画

概要[編集]

監督は、『川の底からこんにちは』(2010年)の石井裕也

脇役として数々の日本映画に出演してきた光石研がデビュー作『博多っ子純情』以来33年ぶりの主演を務めた[1]

キャッチコピーは「見栄を張ってなにが悪い!」。

あらすじ[編集]

宮田(光石研)は妻を早くに亡くし、男手一つで浪人中の息子・俊也と高校3年生になる娘・桃子を育ててきたが、家庭ではいつも会話がかみ合わない。子どもたちには弱音は漏らせず、いつもやせ我慢をして見栄を張ってしまう。唯一、親友の真田(田口トモロヲ)と喧嘩しながら飲み交わすことだけを楽しみとして生きていたが、ある日、宮田は胃の痛みを感じ、自分も妻と同じ胃ガンなんじゃないか思う。

中卒なのがコンプレックスになっているが、何とか俊也とゲームで対戦しようとゲーム機を購入するが、機種が違った。本人もガンではなかった。真田は俊也を誘い、「君のお父さんはダンディだよ。見た目はかっこよくないけど、心は渋いんだ。君も男ならわかってやってほしい」といい、自分なりの「親子ごっこ」を楽しむ。子どもたちも父親の気持ちが分かりつつ、うまくコミュニケーションをとれない。私立大学に入学し、学費など自分なりの準備をしていた俊也と桃子が上京。真田と飲みながら泣いてしまう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「おじさんも結構楽しい」 光石研、33年ぶりの主演作を語る 映画.com 2011年6月17日

外部リンク[編集]