あずみ椋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あずみ 椋(あずみ りょう)は、東京都新宿区出身の漫画家

概要[編集]

いつの間にか、漫画にはまり高校生から、本格的に漫画を書き始める。同人活動をして、漫画サークル「作画グループ」に加入した。1981年に最初の作品を発表、1982年にプロとしてデビュー。プロとしてデビューする前に、投稿作が掲載していたりしたため、どれがデビュー作なのかはわからない。 80年代初期は雑誌『Wings』や他雑誌へ継続的に作品を掲載している。 その作品は北欧神話・中世アイスランド文学サガ)・ゲルマンの伝説を素材としたものが多い。

代表作『緋色い剣』(あかいつるぎ)は1986年に冒頭部が発表された後、全10巻、合計1,675ページからなる分量で1993年に完結した。 『緋色い剣』では、10世紀の北欧を舞台に、作者によって創案された、死すべき人間である主人公とラグナロクの運命と戦う北欧神話の神々について物語られる。 当時の北欧の人々がキリスト教へ改宗していくことによってもたらされた社会的な変化のような、現実の歴史上のテーマを機能させつつ、中世北欧の伝説の中に自然に自身の物語を位置させることを試みている。 作者の他の作品の多くも、類似した主題を扱っている。

代表作としては他に、ワーグナーの楽劇を忠実にコミカライズした『ニーベルングの指環』がある。

最近は、集英社の学習漫画シリーズ『世界の歴史』の第13巻「産業革命と自由主義」を担当した。

主な作品[編集]

よもやま話[編集]

  • 現在は、東京都国立市に住んでいる。[注釈 1]
  • 「あずみ椋」と言うペンネームは、よく「あづみ」「涼」に間違えられるらしい。
  • 同じ作画グループの志水圭と「K&AZ」というユニットを組んで東京圏を中心に同人誌イベントにも参加していた。2009年に志水が病死後、現在は「K&AZ」という名称のまま個人で参加している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本節の記述は、プロフィール(あずみ椋のホームページ)に詳しい。

出典[編集]

  1. ^ 伊藤盡「北欧神話の世界とそのイメージの受容」青土社ユリイカ』2007年10月号、196頁。

関連項目[編集]

参考文献(英語版)[編集]

  • Halldór Stefánsson (1994年). Beyond Boundaries: Understanding, Translation and Anthropological Discourseの"Foreign myths and sagas in Japan: the academics and the cartoonists"(日本における異邦神話とサガ:研究者と漫画家について) pp. 75-99, edited by Gísli Pálsson. Berg Publishers. ISBN 1859730213
  • Azumi Ryou (英語) - 著作一覧

外部リンク[編集]