あすかけん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あすか けん1947年 - )は、埼玉県出身、さいたま市在住の絵本作家[1]

「こりすのトト」シリーズで知られる。

来歴[編集]

アニメーション会社にアニメーターとして入社[2]。独立後、繊細な線を色鉛筆で表現する「メルヘン画」を描き、絵本『こりすのトト』シリーズで人気となる[1]。北沢楽天顕彰会委員、国際漫画フェスティバル審査委員[2]

作品[編集]

絵本[編集]

  • こりすのトト
    • こりすのトトはしゃしんやさん(1985年)偕成社
    • こりすのトトのおべんとう(1987年)偕成社
    • こりすのトトのへんしんだいすき(1988年)偕成社
    • こりすのトトのゆきのいえ(1989年)偕成社
    • こりすのトトのたんけんたい(1991年)偕成社
  • ねずみちゃんのポシェット
    • ふしぎなポシェット(1988年)金の星社
    • おばけとあそぼう(1989年)金の星社
    • おさかな いっぱい(1991年)金の星社
  • うさぎのすきっぷ
    • うさぎのすきっぷ なんになるの(1989年)ポプラ社
    • うさぎのすきっぷ もういいかい(1989年)ポプラ社
  • こうさぎトントン
    • だいすきおふろ(1992年)偕成社
    • どろんこラララ(1992年)偕成社
  • その他
    • フラワーノート・ブック(1991年)リブロポート
    • だれにも描けるメルヘン画-花(1996年)創芸社

大宮市マスコットキャラクター[編集]

1990年、旧大宮市の市制施行50周年を記念して、郷土を代表する作家の作品として「こりすのトトちゃん」が市制施行50周年記念キャラクターに起用され、その後は市のキャラクターとして使用された。それにちなんでトトちゃんの銅像が大宮駅東口に立っている[3]。また、市民の森・見沼グリーンセンターにはシマリスの飼育施設・「りすの家」があり、ここにもトトちゃんの銅像がある[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b メルヘン画の会 さいたま市文化振興事業団。
  2. ^ a b あすかけんプロフィール 浮世絵さらプロジェクト。
  3. ^ “大宮東口見守り25年 こりすのトトちゃん”. 埼玉新聞. (2018年5月27日) 
  4. ^ りすの家 子リスのトトちゃん 公園へ行こう! 埼玉県と周辺の公園ガイド、2018年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]

『あすかけん』のスタッフBLOG