機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイの登場兵器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Ξガンダムから転送)
移動先: 案内検索
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ > 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイの登場兵器

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイの登場兵器では、小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場する人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」などの架空の兵器について解説する。

Ξガンダム[編集]

諸元
Ξガンダム
Ξ GUNDAM[1]
型式番号 RX-105
所属 反地球連邦政府組織 「マフティー
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
全高 28.0 m[2]
頭頂高 26.0 m[3]
本体重量 32.0 t
全備重量 80.0 t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 3,980 kw
推力 160,000 kg
センサー
有効半径
30,000 m
武装 バルカン砲×2
ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル
シールド
メガ粒子砲×2(肩部)
ファンネル・ミサイル
ミサイルランチャー(腕部)
大型ミサイル(脚部)
マイクロ・ミサイル・ポッド
特殊装備 ビーム・バリアー
搭乗者 マフティー・ナビーユ・エリン
ハサウェイ・ノア

秘密結社「マフティー・ナビーユ・エリン」が、月面の複合企業アナハイム・エレクトロニクスへ秘密裏に発注した最新鋭モビルスーツ。「ハサウェイ・ノア」が搭乗する。機体に装備したミノフスキーエンジンにより、疑似反重力推進を可能とする。そのΞ(クスィー)という名称はかつてのニュータイプ戦士「アムロ・レイ」が最後に使用した機体νガンダムを引きつぐ意図でつけられている[4]

両肩を覆う状のミノフスキークラフトユニットが最大の特徴で、サブフライトシステム変形機構に頼らない、機体単独での大気圏内飛行を可能とし、また歴史上初めてMS形態で音速を突破した。機体の基本性能も高く、サイコミュを利用した高度な脳波操縦システムや、大出力メガ粒子砲やファンネル・ミサイルなどの強力な火器を有する。機体全高は従来のMSをさらに上回る30メートル近くに大型化している。

宇宙世紀0105年時において、単独で大気圏内飛行が可能なMSは本機とペーネロペーのみであり、少数の戦力しか保有しないマフティーの重要な戦力となった。

月面のアナハイム社でのトライアル後、カーゴ「ピサ」に格納された状態で月面から地球へと移送される。ハサウェイはインドネシア・ハルマヘラ島沖にてそれを回収し、直後に追撃してきたペーネロペーを退ける。その後、エアーズロック攻防戦や連邦軍基地襲撃等、秘密結社マフティーの象徴として多大な戦果を挙げる。オーストラリア・アデレートの連邦中央閣僚会議の会場襲撃の際、ペーネロペーと再び交戦し、戦闘中に会場周辺に設置されたビーム・バリアーによって沈黙。パイロットは病院に収監。機体はペーネロペーにより、ビームチューブの切断やバーニアの溶解など武装解除後、製造工場を調べるためにアデレート空港に運ばれた。

武装
ビーム・ライフル
従来機のライフルの倍近くの初速を誇る[5]
肩部メガ粒子砲
小説には登場しない武装。ΖΖガンダムのハイ・メガ・キャノンのような大口径砲口型の大出力メガ粒子砲を、両肩(肩の三角のアーマーの胴体側に近い所の台形型の出っ張った部分)に1基ずつ搭載している。発射時には両肩のパーツが展開し、砲部が露出する。
アクションゲーム『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』シリーズでは、ビーム・サーベルの収納部分の先端からビームが発射されるように描かれている。
ビーム・サーベル
両肩にマウントされたトーチからはメガ粒子を発振させ、敵モビルスーツを両断することが可能である。
腕部ミサイルランチャー、 脚部ミサイル・ランチャー、膝部大型ミサイルランチャー
機体各所に多数設置されており、爆撃能力も有する。
ファンネルミサイル
機体説明には記載されていないが、下巻でファンネルとして使用している。サイコミュを用いた遠隔操作端末「ファンネル」の応用兵器で、発射後のミサイルをパイロットの思念で誘導することが可能。
ビーム・バリアー
高速飛行時にはビーム・バリアーを機体前面に展開、進行方向に波形を変えたビームを肩の三角形のパーツの先端(両肩だと2か所)から放射することで大気の干渉を減散させ、飛行形態へ変形せずに大気圏内を高速で飛行できるようになる(一部ゲームでは簡易的な飛行形態に変形する)。この状態でのΞガンダムは、空中で機体全体が発光するような姿となる。作中で確認された限りでは、マッハ2を超える速度での航行が可能。あくまで空気抵抗軽減用なので、ビーム防御などの防御への転用は不可能。
マイクロ・ミサイル・ポッド
腰部後方に尻尾(あるいは“第三の脚”)のような形で増設される追加武装。大量のミサイルを内蔵し同時発射が可能な上、追加ブースターとしての役割も持つ。ミサイルを撃ち切り不要となった際には、切り離してパージできる。
アクションフィギュア『ROBOT魂』シリーズと、アクションゲーム『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』シリーズにて追加設定された武装。『エクストリームバーサス』シリーズでは「バーストアタック」の際に使用する。
デザイン、その他
メカニックデザイン森木靖泰。型式番号などの設定は当時から存在したが、小説中には登場しない。デザイン上のポイントは、胸部中央に頭部V字アンテナと同様のV字アンテナが存在することである。
のちに『閃光のハサウェイ』がゲーム『SDガンダムGGENERATION-F』に登場することとなり、同小説に登場する全てのメカニックデザインが一新された。リデザインは森木がΞガンダムとペーネロペーを、藤田一己メッサーグスタフ・カールを担当している。この画稿は、ホビージャパン発行の書籍『GUNDAM WEAPONS "ニュージェネレーション"編』に収載されている。
操縦席はνガンダムと同じである事が、小説下巻・ゲーム『SDガンダム GGENERATION WARS』及び『SDガンダム GGENERATION GENESIS』で判明されているが、SDガンプラの説明書で機体コンセプトは同機体の発展型であるHi-νガンダムがベースになっている。
2005年にフィギュア『GUNDAM FIX FIGURATION』の第25弾としてオデュッセウスガンダム・ペーネロペーとのコンパチブルモデルとしてカトキハジメによってリファインされ、初の商品化がなされている。なお、このリファインの際には森木版における全身の極端に鋭利な部分、胴体や四肢のパーツバランスなどが見直され、νガンダムからつながる機体であることがわかるように改訂されている。
2013年にフィギュア『ROBOT魂』の通販専用商品として、ノンスケール(1/144スケール相当)のΞガンダムが発売されている(魂ウェブ商店限定)。2015年にはペーネロペーが発送された(こちらも魂ウェブ商店限定)。
2015年にテレビアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』最終話にて、公式サイトの総選挙で選ばれた機体として本機が登場する[6]

ペーネロペー[編集]

諸元
オデュッセウスガンダム
ODYSSEUS GUNDAM
型式番号 RX-104
ペーネロペー
PENELOPE[7]
型式番号 RX-104FF
所属 地球連邦軍キルケー部隊
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
全高 32.5 m[2]
頭頂高 26.0 m
本体重量 36.4 t
全備重量 112.0 t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 4,050kw
推力 168,000kg
センサー
有効半径
32,000m
武装 バルカン砲
ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル
ミサイル×32
シールド
メガ粒子砲×2
ファンネル・ミサイル×34
特殊装備 ビーム・バリアー
搭乗者 レーン・エイム

ペーネロペーは、連邦軍の対マフティー部隊であるキンバレー隊に配備された新鋭モビルスーツ。大出力のミノフスキークラフトを装備しており、大気圏内のモビルスーツの運用を一変される機種として期待されている。期待設計思想そのものにはガンダム系モビルスーツの名残りを残している。

空気抵抗軽減用ビーム・バリアーの完成度がΞガンダムより劣るため、高速巡航時は専用の「フライトフォーム」へと変形する必要がある[8]。変形時は胴体前面装甲と頭上にある機首が密着して顔が隠れる。武装はΞガンダムと同じファンネル・ミサイルを肩部ポッドに装備しているほか、両腕部にビーム・サーベル兼メガ粒子砲を装備している[9]

作中ではガンダムの名残があることしか説明はなく[10]、「ガンダム」としてのあつかいはされていないが、のちにガンダムタイプのMS「オデュッセウスガンダム」にオプションである「FF(フィックスド・フライト)ユニット」を装備した状態の呼称と設定された[11]ユニットはペーネロペー・ユニット以外にも複数が検討されていた[要出典]。この飛行用装備の取り外しについては小説中の描写に存在する[12]が、小説版の時点でデザインはされていない。

なお、Gジェネレーションシリーズでは準サイコミュ機とする情報が存在する[13]が、ゲーム上の性能は通常のサイコミュ機と同じになっている。

FFユニット
ミノフスキークラフトや肩部ファンネルミサイルポッド、空気抵抗軽減用ビームバリアが搭載されている。オデュッセウスガンダムから取り外したユニット単独でも飛行形態をとらせることができる。キャノピー状のパーツも存在するが、コクピットの有無については不明。
ビーム・バリアー
本機はレーンにより、Ξガンダムより技術レベルが遅れていることは小説中でも言及があるが、小説の本文や機体説明ではビーム・バリアーは装備されていない。[14]
ファンネル・ミサイル
Ξガンダムのものとほぼ同等の武装。小説版設定画では背部の細長いパーツが「ファンネルミサイルラック」となっている。GジェネレーションFでは腕のシールドから発射。
劇中での活躍
Ξガンダムのライバル機体として、キルケー部隊のレーン・エイムが搭乗し、Ξガンダムと死闘を繰り広げた。
デザイン
リファインされたデザイン画では脛前側アーマーが取り付けられておらず、内側に配備された爪先が省略されている。

オデュッセウスガンダム[編集]

ペーネロペーからフライトユニットを外した姿。機体名の初出は「ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR」(外したデザインは『GジェネレーションF』の時点で存在している)。アナハイム製ガンダム20周年を記念して開発された試作機。

アルゴスユニット (Argos Unit)
オデュッセウスガンダムの検討されていたユニットの一つ。ビット搭載型ユニットである。開発中とされている。[要出典]

なお、名前はそれぞれギリシア神話に由来し、オデュッセウスは20年の漂泊の末に故郷へ帰還した英雄オデュッセウス、ペーネロペーはその妻ペネロペ、アルゴスは魔神アルゴスによる。

メッサー[編集]

諸元
メッサー
MESSER[15]
型式番号 Me02R[16]
所属 マフティー・ナビーユ・エリン
製造 アナハイム・エレクトロニクス社
頭頂高 23.0m
本体重量 31.0t
全備重量 68.8t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 3,340kw
推力 80,000kg
センサー
有効半径
19,300m
武装 バルカン砲
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル
グレネード・ランチャー
搭乗者 エメラルダ・ズービン
ガウマン・ノビル
レイモンド・ケイン
シベット・アンハーン
マフティー兵

マフティーが使用する量産型モビルスーツ・メッサー。重装甲をもった重モビルスーツで、ジオン軍の設計思想を色濃く残している機種である。メーンカメラはモノアイタイプを使用している。

ジオン系の機体で、重装甲とモノアイが特徴。側頭部には3基のバルカンが装備され、地上戦では右肩のスパイク付きシールドで敵MSを吹き飛ばすことができる[17]。小説中で全編に渡って活躍し、サブフライトシステム「ギャルセゾン」との連携によって空中戦も行う。

小説版のメカニックデザインは森木靖泰。のちに『閃光のハサウェイ』が『SDガンダム GGENERATION-F』に登場する際に藤田一己の手によるデザインに変更された。

小説では開発元について言及されていないが、『GジェネレーションF』以降の設定ではアナハイム社が開発したとされている[18][19]。特にギラ・ドーガ系をベースにしているという情報を掲載している書籍もあり、アナハイムのテロ組織への関与を見せないよう外装には手を加えているとの推測がされている[20]

ギャルセゾン[編集]

メッサーが地上での飛行に使用するベース・ジャバー(サブフライトシステム)。

目次に戻る

グスタフ・カール[編集]

諸元
グスタフ・カール
GUSTAV KARL[21]
(またはGUSTAV CARL[22])
型式番号 FD-03[23]
頭頂高 22.0m
本体重量 29.0t
全備重量 60.0t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 3,425kw
推力 79,500kg
センサー
有効半径
21,300m
武装 頭部バルカン砲
グレネード・ランチャー
ビーム・サーベル
ビーム・ライフル
搭乗者 エイレン
地球連邦軍一般兵

連邦軍キンバレー隊の主力モビルスーツ、グスタフ・カールは、かつての量産機GM、ジェガンなどの設計思想の延長線上に位置する汎用型である。基本的スペックは、ガンダムタイプにも通じる高さを誇っている。だが、大気圏内では従来のモビルスーツと同様、サポートメカを使用しないと自力飛行は不可能である。

頭部メーンセンサーのセンサー有効半径がνガンダムにも匹敵する性能のよさとされている。[24]、地上の治安部隊を中心に配備された[25]。空中任務では、サブフライトシステムの「ケッサリア」に搭乗して移動する。ゲーム『Gジェネ』以降、ビーム・ライフルはジェガンと同一のものを使用している。

マフティーに対抗する連邦軍「キンバレー部隊」や「キルケー部隊」の戦力として登場し、Ξガンダムやメッサーと交戦する。

初出の『閃光のハサウェイ』のデザインは森木靖泰の手によるが、ゲーム『SDガンダムGジェネレーションF』への登場時には藤田一己によってリデザインされた[26]。その際、デザインは全身のボリュームの変化と全体的な形状の変更、頭部アンテナの有無、脹脛部分にあったビーム・サーベルの変更などにより、ほとんどが別物になっている。小説では白黒イラストのみだったが、『GジェネF』のデザインは水色になっている。

後に作中の時系的では『閃光のハサウェイ』より9年前の宇宙世紀を舞台とする『機動戦士ガンダムUC』のアニメ版にも登場。ほぼ『GジェネF』のデザインに準じているが、カラーは灰色で、左側頭部のバルカン砲が『GジェネF』版は1門[22]なのが、『UC』版では縦に2門となっている[27]。操縦席は同作のジェガンD型リゼルなどと同じものが使用されている。こちらでは先に登場したジェガンの発展機ジェスタとは別ラインで開発されたという設定が付加されており、アニメ版『UC』で試験運用中の機体が登場する。シャイアン基地で警戒中に、降下したラー・カイラムから発進したジェスタ部隊により、ほとんど抵抗できずに武装解除される[28]

書籍『ガンダムMSグラフィカ』では、宇宙世紀0097年の時点でEARMに流出した機体が登場する。

ドーラ・カール[編集]

資料によっては、指揮官用機体を「グスタフ・カール」、一般兵向けの機体を「ドーラ・カール」としている[22]。外観上の違いとしては、アンテナがグスタフ・カールは右側頭部に、ドーラ・カールは左側頭部についている[22]。性能差はグスタフ・カールの方が通信機能が強化されているとされている[22]。この設定は、小説や『Gジェネ』の作中には登場しない。

ケッサリア[編集]

グスタフ・カールが使用するベース・ジャバー(サブフライトシステム)。型式番号はBJ-K232[29]

参考文献[編集]

  • サンライズ『ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR』(2002年発行)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 全高、頭頂高以外のスペック、英語表記は『MS大全集2013[+線画設定集]』83頁で確認。
  2. ^ a b GUNDAM FIX FIGURATION #0025 RX-105 Ξ GUNDAM [RX-104FF PENELOPE]』パッケージより。
  3. ^ 『MS大全集2013[+線画設定集]』83頁では20.0mになっているが、326頁では26.0m。
  4. ^ 『閃光のハサウェイ(上)』9ページ。
  5. ^ 小説上巻282ページ。
  6. ^ スペシャル | ガンダムビルドファイターズトライ
  7. ^ 全高以外のスペック、英語表記は『MS大全集2013[+線画設定集]』83頁で確認。
  8. ^ 『MS大全集2013[+線画設定集]』326頁。
  9. ^ こちらは劇中未使用。
  10. ^ 小説上巻11ページ。
  11. ^ 『MS大全集2013[+線画設定集]』326ページ。
  12. ^ 下巻123ページ。
  13. ^ 『GジェネレーションF』以降、『オーバーワールド』までのプロフィールモードで一貫してこの設定。
  14. ^ 下巻80頁。
  15. ^ スペック、英語表記は『MS大全集2013』83ページで確認。
  16. ^ 小説版中巻28ページではMe2R。GジェネレーションFなどではMe02R。
  17. ^ 諸設定は『閃光のハサウェイ(上)』13ページより。劇中では地上でしか運用していないが、宇宙用バーニアについての説明もある。
  18. ^ 『GジェネレーションF』プロフィールモードの解説。
  19. ^ 『機動戦士ガンダム MS大全集 2003』110頁。
  20. ^ 『機動戦士ガンダム MS大全集 2009』272頁。
  21. ^ スペック、英語表記は『MS大全集2013』83ページで確認。
  22. ^ a b c d e ホビージャパン『ガンダムウェポンズ ニュージェネレーション編』133ページより。
  23. ^ この型式番号は小説中巻の48ページなどに登場。
  24. ^ 『閃光のハサウェイ(上)』15頁の機体解説。
  25. ^ 『GジェネF』プロフィールモード。
  26. ^ ホビージャパン『ガンダムウェポンズ ニュージェネレーション編』132ページより。
  27. ^ 双葉社『機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールドep7』44頁。
  28. ^ なお、2014年7月に発売されたプラモデル「HGUC 1/144 ゼータプラス(ユニコーンver.)」のボックスアートにも描かれている。
  29. ^ 下巻8頁。