β-カルボリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
β-カルボリン
識別情報
CAS登録番号 244-63-3
PubChem 64961
ChemSpider 58486
日化辞番号 J10.931B
MeSH norharman
ChEMBL CHEMBL275224
特性
化学式 C11H8N2
モル質量 168.19 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

β-カルボリン(ベータ-カルボリン、β-carboline, 9H-pyrido[3,4-b]indole)は、β-カルボリン類として知られる化合物の一分類の基本骨格である有機アミン

薬理学[編集]

β-カルボリンアルカロイドは、植物動物に幅広く存在し、しばしばモノアミン酸化酵素阻害剤 (MAOI) として作用する。つる植物アヤワスカ (Banisteriopsis caapi) の成分であるβ-カルボリン類のハルミンハルマリンテトラヒドロハルミン英語版は、南米先住民族の土着の幻覚剤アヤワスカの薬理活性において中心的な役割を果たしている。β-カルボリン類がモノアミン酸化酵素を阻害し、消化管でのジメチルトリプタミンの分解を抑えることによって、ジメチルトリプタミンは経口摂取で向精神活性を示すことができる。いくつかのβ-カルボリン類、特にトリプトリン英語版ピノリン英語版は、人体において自然に形成される。後者は、メラトニンと共に、睡眠・覚醒サイクルを制御する松果体の役割にかかわっている[要出典]。β-カルボリンは、ベンゾジアゼピン受容体に結合でき、逆作動薬効果を誘導する。

アメリカ合衆国特許番号5591738では、β-カルボリンの投与により様々な化学物質依存性を治療する方法が解説されている[1]

構造[編集]

β-カルボリンはインドールアルカロイドに分類され、1つのインドール骨格と様々な側鎖で構成される[2]。β-カルボリンの構造はトリプタミンの構造と類似しており、トリプタミンのエチルアミン側鎖が一炭素介してインドール環に再び結合し三環性構造となっている。実際に、β-カルボリンは、類似トリプタミン類から同様の経路で生合成されると考えられている(ピクテ・スペングラー反応を参照)。β-カルボリンの3つ目の環にはいくつかの異った飽和度が可能であり、下図の構造式に赤と青で二重結合を示している。

Substituted beta-carbolines (structural formula)

β-カルボリン類の例[編集]

下記の表に重要なβ-カルボリン類の内いくつかを示す。

一般名
赤色の結合
青色の結合
R1 R6 R7 構造
β-カルボリン
×
×
H
H
H
β-Carboline
トリプトリン    
H
H
H
Tryptoline
ピノリン    
H
OCH3
H
Pinoline
ハルマン
×
 
CH3
H
H
Harmane
ハルミン
×
×
CH3
H
OCH3
Harmine
ハルマリン
×
 
CH3
H
OCH3
Harmaline
テトラヒドロハルミン    
CH3
H
OCH3
Tetrahydroharmine

自然界での存在[編集]

現在までに、64の既知のβ-カルボリンアルカロイドが、少なくとも8つの植物ファミリーに広がっている[1]。ペガヌム・ハルマラ (Peganum harmala, Syrian Rue) の種は、β-カルボリンが多く含まれており、2-6%のアルカロイドを含み、ほとんどはハルマリンである[3][要高次出典]

サソリクチクラにβ-カルボリン類が存在することにより、サソリの外皮はブラックライトなどで作り出される特定の波長の紫外線に曝されると蛍光を発することが知られている[4]

いくつかのβ-カルボリン類は、痙攣や不安惹起作用、記憶増強作用などベンゾジアゼピン類と逆の作用を示す[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b US 5591738  "Method of treating chemical dependency using β-carboline alkaloids, derivatives and salts thereof."
  2. ^ Ratsch, Christian (2005). The Encyclopedia of Psychoactive Plants: Ethnopharmacology and its Applications. Park Street Press. ISBN 978-0892819782. 
  3. ^ Amazing Nature. “Syrian Rue”. 2011年3月30日閲覧。
  4. ^ Stachel, Shawn J; Scott A Stockwell and David L Van Vranken (1999). “The fluorescence of scorpions and cataractogenesis”. Chemistry & Biology 6: 531–539. doi:10.1016/S1074-5521(99)80085-4. 
  5. ^ Venault P, Chapouthier G (2007). “From the behavioral pharmacology of β-carbolines to seizures, anxiety, and memory”. ScientificWorldJournal 7: 204–23. doi:10.1100/tsw.2007.48. PMID 17334612. http://www.thescientificworld.co.uk/doi/getDoi.asp?doi=10.1100/tsw.2007.48. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]