「ケムトレイル」の版間の差分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(科学的に十分に検証されていない物質であるため、不適当な部分を中立的な内容に書き換え。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(en:Chemtrail conspiracy theory (04:23, 7 March 2021‎) を翻訳して全面的に改稿)
タグ: サイズの大幅な増減
1行目: 1行目:
[[File:Contrail.fourengined.arp.jpg|thumb|right|300px|[[エアバスA340]]が[[飛行機雲]]を形成しながら飛行している様子。飛行機雲は、エンジンの排気によって形成される小さな[[雲]]である。]]
{{未検証|date=2007年6月}}
'''ケムトレイル'''({{lang-en-short|Chemtrail}})または'''ケムトレイル陰謀論'''({{lang-en-short|Chemtrail conspiracy theory}})は、長時間残留している[[飛行機雲]]は、高高度を飛行する[[航空機]]から(一般人には秘密にされている邪悪な意図で)空中に散布された有害な[[化学兵器|化学物質]]や[[生物兵器]]であるとする[[陰謀論]]である<ref>{{cite web |last1=Science |first1=Carnegie |title="Chemtrails" not real, say leading atmospheric science experts |url=https://carnegiescience.edu/node/2077 |website=[[カーネギー研究所|Carnegie Institution for Science]] |access-date=11 May 2019 |language=en |date=12 August 2016 |quote=Some groups and individuals erroneously believe that the long-lasting condensation trails, or contrails, left behind aircraft are evidence of a secret large-scale spraying program. They call these imagined features "chemtrails".}}</ref><ref name=currsci/>。この陰謀論の信奉者は、通常の飛行機雲は比較的速やかに消散するが、長時間残留している飛行機雲は別の物質であるに違いないと考えており、それをケムトレイルと呼んでいる<ref name=USAtoday2001/><ref name=knight/>。この陰謀論の信奉者は、ケムトレイルが散布される目的として、{{仮リンク|ソーラージオエンジニアリング|en|Solar geoengineering|label=太陽光の管理|preserve=1}}<ref name="USAtoday2001" />、[[気象制御]]、{{仮リンク|心理操作|en|Psychological manipulation}}、{{仮リンク|人口抑制|en|Human population planning}}、[[生物戦争]]・{{仮リンク|化学戦争|en|Chemical warfare}}、および生物学的・化学的物質の実験などを挙げており、ケムトレイルが呼吸器疾患やその他の健康被害を引き起こしていると推測している<ref name="currsci" /><ref name="weatherwise" />。
{{観点|記事の観点・信憑性について|date=2008年2月}}<!-- 空からの地球コントロールが戦後から続いているという主張 -->


この陰謀論は、科学界からは退けられている。ケムトレイルと言われているものが、高高度を飛行する航空機によって日常的に形成されている通常の[[飛行機雲]]と異なるという証拠は存在しない<ref name="air force" />。この陰謀論の信奉者は、化学物質の散布が行われていることを証明しようと試みてきたが、その分析には欠陥があったり、誤解に基づいていたりした<ref name="barium" /><ref name="Kreidler 2008"/>。しかしながら、この陰謀論は根強く拡散されており、政府が隠蔽工作を行っていると疑われる事態にもなっているため、世界中の科学者と[[政府機関]]が「ケムトレイルは普通の飛行機雲である」と繰り返し説明を行っている<ref name=USAtoday2001/><ref name=TheHill2015>{{cite web |url=http://thehill.com/policy/energy-environment/235632-epa-confronts-chemtrails-conspiracy-theory |title=EPA confronts 'chemtrails' conspiracy talk|last=Cama |first=Timothy |date=13 March 2015 |publisher=the Hill |access-date=10 December 2016 |quote=Conspiracy theorists say that government officials or others are using jets to spray harmful chemicals into the atmosphere. They cite the contrails left by jets as evidence of the chemicals. The EPA has added a new notice to its website, which links to a fact sheet explaining that the trails left by jets in the atmosphere are only ice particles and contain no harmful chemicals. "Contrails are line-shaped clouds or 'Condensation trails' composed of ice particles that are visible behind jet aircraft engines under certain atmospheric conditions and at times can persist", says the notice, posted to the EPA’s website Friday. "EPA is not aware of any deliberate actions to release chemical or biological agents into the atmosphere". Theorists have posited that the chemicals are meant to control the climate, to harm humans or to kill them. The fact sheet from the EPA and other federal agencies like the Federal Aviation Administration and the National Oceanic and Atmospheric Administration was first published in 2000, when the chemtrails conspiracy became popular on the Web. An EPA spokeswoman said the agency frequently receives questions about chemtrails.}}</ref><ref name=Telegraph2013>{{cite web |url=https://www.telegraph.co.uk/travel/news/Chemtrails-and-other-aviation-conspiracy-theories/ |title='Chemtrails' and other aviation conspiracy theories|last=Smith |first=Oliver |date=24 September 2013 |work= The Telegraph|access-date=11 December 2016 |quote=So persistent is the chemtrail theory that US government agencies regularly receive calls from irate citizens demanding an explanation...The conspiracy theory took root in the Nineties, with the publication of a US Air Force research paper about weather modification...Governments and scientific institutions have of course dismissed the theories, and claim those vapour trails which persist for longer than usual, or disperse to cover a wide area, are just normal contrails.}}</ref>。
'''ケムトレイル''' ({{Lang-en-short|chemtrail}})は、[[飛行機雲]]({{Lang-en-short|contrail}})に似ているが直ぐに消散せず長く残留する特徴があり、航空機から散布される有害な目的を持つとされている物質([[陰謀論]]も参照)


ケムトレイルという名称は、化学物質を意味するケミカル({{lang-en-short|Chemical}})と痕跡を意味するトレイル({{lang-en-short|Trail}})を組み合わせて作られた[[かばん語]]である<ref name=oed>{{cite dictionary |dictionary=Oxford English Dictionary |title=chemtrail |edition=Third | date=December 2011 |publisher=Oxford University Press |url=http://www.oed.com/view/Entry/318007}}{{subscription required}}</ref>。
==名称==
ケミカル(''chemical''、化学的)にトレイル(''trail''、航跡)をつなげた混成語である。


== 概要 ==
==歴史==
[[File:Contrails.jpg|thumb|295px|right|同時に形成された複数の飛行機雲。上空に残留する時間は天候(特に気温と湿度、および風速)によって決まる。]]
{{lang|en|Chemtrail}} (ケムトレイル)なる語は 2004年に[[エイミー・ワージントン]]が用い始め、「極秘プロジェクトに係わる航空機から散布された何トンもの微粒子状物質」で「アスベスト、バリウム塩、アルミニウム、放射性トリウムなどを含む有毒金属を含んで」おり「アメリカ国防総省、アメリカエネルギー省、国立研究機関、大学、民間の防衛産業、製薬会社などが係わっている巨大な組織」が推進し、「航空機から散布された何トンもの微粒子状物質は、大気を高電荷の導電性プラズマにし」「­­地震を引き起こす地殻操作兵器などのために、荷電した大気を人為的に操作するためのものである」<ref>[http://globalresearch.ca/articles/WOR406A.html Chemtrails Aerosol and Electromagnetic Weapons in the Age of Nuclear War](英語)エイミー・ワージントンのケムトレイルに関する文章。</ref>と主張しているが、具体的根拠や統計的数値や、「微粒子状物質が大気を高電荷の導電性プラズマにする」メカニズムと人為的操作で地震を引き起こす「人為的操作」の具体的技術は示していない。


ケムトレイル陰謀論は、1996年に[[アメリカ空軍]]が気象制御に関する報告書を発表したことをきっかけに広まり始めた<ref name=Telegraph2013 />。1990年代後半には、「異常な飛行機雲を生成する航空機」を使用して「謎の物質を国民に散布した」としてアメリカ空軍は非難された<ref name="air force"/><ref name=times>{{cite news |newspaper=The Times |author=Paul Simons |title=Weather Eye: contrail conspiracy |date=27 September 2013 |url=http://www.thetimes.co.uk/tto/weather/article3879866.ece |quote=This conspiracy idea took hold in 1996 when the US Government was accused of trying to modify the weather for military means}}{{subscription required}}</ref>。この陰謀論は、1999年からインターネットのフォーラムに投稿されるようになり、ラジオ番組の司会者である{{仮リンク|アート・ベル|en|Art Bell}}が拡散した多くの陰謀論の中にも含まれていた<ref>{{cite web|last1=Reynolds|first1=Jay|title=Those Mysterious Lines in the Sky |url=http://www.fortunecity.com/greenfield/swallowtail/619/linesinsky.html|publisher=Veritas|archive-url=https://web.archive.org/web/20000817072216/http://www.fortunecity.com/greenfield/swallowtail/619/linesinsky.html|archive-date=17 August 2000|date=1 March 1999 |accessdate=2021-03-19}}, cited in USAF [https://web.archive.org/web/20021202230839/http://www.af.mil/environment/contrails_chemtrail.shtml Contrails] page.</ref><ref name="Kreidler 2008">{{cite journal |last=Kreidler |first=Marc |title=The 'Chemtrail Conspiracy' |journal=Skeptical Inquirer |date=2008-09-01 |url=https://skepticalinquirer.org/newsletter/chemtrail-conspiracy/ |access-date=2020-05-06 |volume=18 |issue=3 |issn=0194-6730 |oclc=819017418}}</ref>。ケムトレイル陰謀論が広まるにつれ、連邦政府当局には抗議の電話や手紙が殺到した<ref name=Telegraph2013 /><ref name=USAtoday2001/>。
存在を信じる人々は以下の主張をしている。
* ケムトレイルは通常の飛行機雲と比較すると、航跡がより長く残留して拡がり、独特な雲に変化していくことが多いと言われる。しかし、普段空を見ない人間がたまたま目についた変わった形の飛行機雲を異常だと認識するという一種のバイアスである可能性も指摘されている<ref>『トンデモ本の世界W』(楽工社)でケムトレイル陰謀論を取り上げたSF作家の[[山本弘 (作家)|山本弘]]は、これらを通常の飛行機雲でも見られる特徴であり、「気象条件によっては何十分も空に残る飛行機雲もある」と指摘している。
</ref>。
* 皮膚の下を寄生虫のようなものがうごめく{{仮リンク|モルジェロンズ病|en|Morgellons}}の原因をケムトレイルだと主張する者もおり、ケムトレイルを取り上げたサイトの多くで関連性が指摘されている。
**ただし、「モルジェロンズ病」は医学界で存在を認められた病気ではない。「皮膚の下を虫がうごめく(感じがする)」のは、「[[寄生虫妄想|皮膚寄生虫妄想]]」と呼ばれる[[統合失調症]]や[[うつ病]]、[[アルコール使用障害]]に多く見られる症状である<ref>[http://x51.org/x/06/05/1051.php 皮膚の下に寄生虫が蠢く ― 謎の“モルジェロンズ病”患者が増加 米]([[X51.org]]、2006年05月10日)</ref>。
* 世界各国での散布状況を撮影したとするビデオ<ref>{{YouTube|4bGnJj6eiH0|Killer Chemtrails: The Shocking Truth}}</ref>を公開し単なる飛行機雲ではないと主張している。


2000年には、[[アメリカ合衆国環境保護庁|環境保護庁]](EPA)・[[連邦航空局]](FAA)・[[アメリカ航空宇宙局|航空宇宙局]](NASA)・[[アメリカ海洋大気庁|海洋大気庁]](NOAA)などのアメリカ合衆国の複数の政府機関がこの噂を払拭しようと対応を試みたものの<ref>{{cite web|title=Aircraft Contrails Factsheet|url=http://www.faa.gov/regulations_policies/policy_guidance/envir_policy/media/contrails.pdf|publisher=United States Environmental Protection Agency|date=September 2000 |accessdate=2021-03-19}}</ref><ref name=CSI>{{cite news|last1=Knickerbocker|first1=Brad|title=EPA debunks 'chemtrails,' further fueling conspiracy theories (+video)|url=http://www.csmonitor.com/USA/2015/0314/EPA-debunks-chemtrails-further-fueling-conspiracy-theories-video|work=Christian Science Monitor|date=14 March 2015}}</ref>、大多数のケムトレイル信奉者は、[[アメリカ合衆国環境保護庁|EPA]]のファクトシートを政府による隠蔽工作が存在するさらなる証拠として解釈した<ref name=USAtoday2001>{{cite news|last1=Watson|first1=Traci|title=Conspiracy theorists read between lines in the sky|work=USA Today|date=7 March 2001|page=A.04|url=http://usatoday30.usatoday.com/weather/science/2001-03-07-contrails.htm|quote=Exasperated by persistent questions, the Environmental Protection Agency, NASA, the Federal Aviation Administration and the National Oceanic and Atmospheric Administration joined forces last fall to publish a fact sheet explaining the science of contrail formation. A few months earlier, the Air Force had put out its own fact sheet, which tries to refute its opponents' arguments point by point. "If you try to pin these people down and refute things, it's, 'Well, you're just part of the conspiracy,' " says atmospheric scientist Patrick Minnis of NASA's Langley Research Center in Hampton, Va. "Logic is not exactly a real selling point for most of them."}}</ref>。EPAは2015年に投稿を更新した<ref>{{cite news|last1=Cama|first1=Timothy|title=EPA confronts 'chemtrails' conspiracy talk|url=http://thehill.com/policy/energy-environment/235632-epa-confronts-chemtrails-conspiracy-theory|work=TheHill|date=13 March 2015}}</ref>。
アメリカ国内の小学校の教科書で「エアロゾルが飛行機雲を生成することにより日照に影響する場合がある」の記述<ref>[http://www.willthomas.net/Chemtrails/Articles/Chemtrails_In_US_Schools.htm CHEMTRAIL SUNSCREEN TAUGHT IN US SCHOOLS]</ref>も散見されるが、人体影響について書かれているわけではない。アメリカ議会への{{Lang|en|Weather Modification Research and Development Policy Authorization Act of 2005}}<ref>[http://www.govtrack.us/congress/billtext.xpd?bill=s109-517 SEC. 4. WEATHER MODIFICATION SUBCOMMITTEE.]</ref>気候操作研究開発ポリシー承認法提出でアメリカ政府が存在を認めたと主張するが、これらは[[人工降雨]]など[[気象制御]]を目的とする公開された技術の研究開発<ref>[http://www.sovereignindependent.com/?p=9344 ケムトレイル関係の特許だとされる成層圏で物質を撒く特許リスト]
*{{Lang|en|“Process of Producing Artificial Fogs”}}(人工霧の制作方法)、{{lang|en|“Process For Controlling Weather”}}(天気制御の方法)等、人工的に雲や雨を降らせる技術がほとんどだが、{{lang|en|“Solar-powered airplane”}}(太陽動力の飛行機)といった関係性が不明なものも混じっている。</ref>で、ケムトレイル論者が主張するような[[生物兵器]]の実験や製薬会社による病源体散布について述べたものではない。米国では事実と信じる市民が反対運動して研究サイトが散見される。


アメリカ空軍は、この陰謀論はデマであるとするファクトシートを2000年代初頭に発表しており、そこでは、1996年に[[アメリカ空軍大学]]で起草された『Weather as a Force Multiplier: Owning the Weather in 2025』というタイトルの論文が引用されたことが、この陰謀論が過熱した要因の一つであるとされている<ref>{{cite web|title=The "Chemtrail" Hoax |url=http://www.af.mil/environment/contrails_chemtrail.shtml|access-date=7 May 2010|publisher=Air Force|archive-url=https://web.archive.org/web/20021202230839/http://www.af.mil/environment/contrails_chemtrail.shtml|archive-date=2 December 2002}}</ref><ref name="owning">{{cite web|url=https://fas.org/spp/military/docops/usaf/2025/v3c15/v3c15-1.htm |title=Weather as a Force Multiplier: Owning the Weather in 2025 |date=1996|publisher=Fas.org |archive-url=https://web.archive.org/web/20090716000939/http://www.fas.org/spp/military/docops/usaf/2025/v3c15/v3c15-1.htm|archive-date=16 July 2009 |accessdate=2021-03-19}}</ref>。この論文は、2025年における米国の軍事的優位性を維持する目的で、将来の戦略的気象制御システムを概説するという軍事的指令に応じる形で発表されたものであり、「将来の状況やシナリオに関する架空の表現」であることが分かっている<ref name="owning"/>。アメリカ空軍は更に、この論文は「現在の軍事的な政策・実践・能力を反映したものではなく、気象制御の実験や計画は実施しておらず、将来的にも実施する予定はない」と2005年に明らかにしている<ref name="air force">{{cite web|url=http://www.af.mil/shared/media/document/AFD-051013-001.pdf|title=Contrails Facts|date=13 October 2005|publisher=US Air Force|archive-url=https://web.archive.org/web/20130306001902/http://www.af.mil/shared/media/document/AFD-051013-001.pdf|archive-date=6 March 2013 |accessdate=2021-03-19}}</ref><ref name = "EPA"/>。またアメリカ空軍は、「ケムトレイルというデマは、多くの大学や科学団体、および主要メディアによって調査され、反論されてきた」とも述べている<ref name="air force"/>。
ドイツ政府及び米国政府は気象操作目的での化学物質の空中散布を公表し、2008年にアメリカの[[NBC]]は全国放送のニュース番組でケムトレイル特集を組み、住人がケムトレイル被害を訴えていた<ref>{{YouTube|UIe0ZVF1rPc|NBC NEWS - Chemtrails over California?}}</ref>。石炭燃焼時に生じるフライアッシュがケムトレイルの正体であると主張する論文が、あるオープンアクセスジャーナル上で2015年に発表されたが<ref>{{cite journal |last=Herndon |first=J. Marvin |date=2015 |title=Evidence of Coal-Fly-Ash Toxic Chemical Geoengineering in the Troposphere: Consequences for Public Health |url=https://doi.org/10.3390/ijerph120809375 |journal=Int. J. Environ. Res. Public Health |publisher=MDPI |volume=12 |issue=8 |pages=9375-9390 |doi=10.3390/ijerph120809375}}</ref>、数値データに誤りがあるなど結論に関わる重大な瑕疵が複数あったため、この論文は次の号で撤回された<ref>{{cite journal |last=B. Tchounwou |first=Paul |date=2015 |title=Retraction: Herndon J.M. Evidence of Coal-Fly-Ash Toxic Chemical Geoengineering in the Troposphere: Consequences for Public Health. Int. J. Environ. Res. Public Health 2015, 12, 9375–9390 |url=https://doi.org/10.3390/ijerph120910941 |journal=Int. J. Environ. Res. Public Health |publisher=MDPI |volume=12 |issue=9 |pages=10941-10942 |doi=10.3390/ijerph120910941}}</ref> 。


この陰謀論は、主流なメディアでは滅多に取り上げられず、取り上げられたとしても通常は反政府的な被害妄想の一例として取り上げられる。例えば、2013年に[[中央情報局|CIA]]・[[アメリカ航空宇宙局|NASA]]・[[アメリカ海洋大気庁|NOAA]]が、[[地球温暖化]]を[[地球工学]]で解決するための方法を研究するために、[[米国科学アカデミー]]に資金を提供する予定であることが公表されたとき、[[インターナショナル・ビジネス・タイムズ]]の記事は、「天候を制御または操作する方法を模索している政府機関があるという考えは、邪悪な陰謀への恐れと詮索に直面するだろう」と予測し、例としてケムトレイル陰謀論を挙げている<ref>{{cite news|last1=Poladian|first1=Charles|title=CIA Exploring Geoengineering, Ways To Control Weather, To Reverse Globing Warming: Report|url=http://www.ibtimes.com/cia-exploring-geoengineering-ways-control-weather-reverse-globing-warming-report-1356093|work=International Business Times|date=22 July 2013}}</ref>。
== 脚注 ==

<references />
==概要==
ケムトレイル陰謀論の信奉者は、大気現象に関する独自の解釈や、インターネットに投稿された動画、および政府の計画に関する報告書などに陰謀論の根拠を見出している。また彼らは、疑惑となっている陰謀の目的とその工作活動の効果について一定の信念を持っており、一般的にそれらの信念に基づいて何らかの行動をとっている。

===証拠とされているもの===
{{multiple image |direction=vertical |width=220 |header=
| image1 = Airbus A380 MSN4 cabin.jpg
| caption1 = [[エアバスA380]]の水で満たされたタンクは、離着陸時の排気量の違いによる乗客重量をシミュレートするためのものである。似たような写真が、ケムトレイル散布用の航空機が活動している様子であると言われることがある。
| image2 = Cabin nose section of 747-8I prototype.jpg
| caption2 = [[ボーイング747]]飛行試験機の試作機に搭載された[[バラスト]]。
}}
ケムトレイル陰謀論の信奉者は、通常の飛行機雲とケムトレイルは残留時間の長さによって区別でき、ケムトレイルは半日ほど残留するか、または巻雲のような形に変化すると主張している<ref name=knight/>。信奉者は、1995年以降の飛行機雲はそれ以前とは異なる化学組成になっており、上空に長時間残留するようになったと主張している。また彼らは、[[第二次世界大戦]]時代に撮影された写真に写っている長く続いている飛行機雲の存在も認めていない<ref name="Kreidler 2008"/>。

信奉者は、ケムトレイルを何時間も持続する十字状・格子状、または平行な縞模様の雲として特徴づけており、最終的には混ざり合って大きな雲が形成されるとしている。信奉者は、飛行機雲の中に目視できる色のスペクトルが存在していること、一つの領域に飛行機雲が集中していること、あるいは普通ではない高度や場所を飛行している標識のない航空機または軍用機によって飛行機雲が残されていることを、ケムトレイルの目印と見ている<ref name=USAtoday2001/><ref name="weatherwise">{{Cite news |last=Schlatter |first=Thomas |title=Weather Queries: Chemtrail Controversy |periodical=Weatherwise |date=9 March 2001 |url=http://www.weatherwise.org/qr/qry.chemtrail.html |archive-url = https://web.archive.org/web/20010309094441/http://www.weatherwise.org/qr/qry.chemtrail.html |archive-date = 9 March 2001}}</ref><ref name="earth">{{Cite news |last=Thomas |first=William |title=Stolen Skies: The Chemtrail Mystery |periodical=Earth Island Journal |date=Summer 2002 |url=http://www.earthisland.org/journal/index.php/eij/article/stolen_skies_the_chemtrail_mystery/ |access-date=30 August 2008 }}</ref><ref name="fox12 Idaho">{{cite news|url=http://www.fox12news.com/Global/story.asp?S=10147467|title=Contrails vs. Chemtrails|last=Hamilton|first=Dan|date=7 April 2009<!-- 09:52 PM EDT -->|work=Fox12 news at nine|publisher=Fox12 Idaho KTRV-TV|access-date=11 April 2009|archive-url=https://web.archive.org/web/20090412203719/http://www.fox12news.com/Global/story.asp?S=10147467|archive-date=12 April 2009|url-status=dead}}</ref><ref name="KSLA">{{cite web|title=Chemtrails: Is U.S. Gov't. Secretly Testing Americans 'Again'?|url=http://www.ksla.com/global/story.asp?s=7339345|first=Jeff|last=Ferrell|date=21 December 2007<!-- 07:17 PM EST -->|access-date=28 July 2009|location=Shreveport, LA|archive-url=https://web.archive.org/web/20110831131238/http://www.ksla.com/story/7339345/chemtrails-is-us-govt-secretly-testing-americans-again|archive-date=31 August 2011|url-status=dead}}</ref>。

飛行試験のために旅客機の乗客室に搭載された容器の写真は、エアロゾル散布システムが存在する証拠であると主張されている。実際には、容器はただの[[バラスト]]であり、乗客や貨物の重量をシミュレートするために搭載されたものである。容器は水で満たされており、異なる位置にある[[重心]]を飛行中にテストするために、容器同士で水を移動できる<ref name="Weight and balance testing">{{Cite book | last = Haenggi | first = Michael | title = Boeing Widebodies | publisher = Zenith Press | year = 2003 | page = 15 | isbn = 978-1610607070 | url=https://books.google.com/books?id=OEniu9ff-_sC&pg=PA15}}</ref>。

元[[中央情報局|CIA]]職員で内部告発者の[[エドワード・スノーデン]]は、「ジョー・ローガン・エクスペリエンス」のインタビューで、(宇宙人と)ケムトレイルの証拠を求めてアメリカ政府のあらゆる機密情報を探し回ったと述べている。ウェブ配信に関するCNNの報告<ref>{{cite web |last1=Kaur |first1=Harmeet |title=Edward Snowden searched the CIA's networks for proof that aliens exist. Here's what he found |url=https://edition.cnn.com/2019/10/23/us/edward-snowden-joe-rogan-conspiracies-trnd/index.html |publisher=CNN |access-date=23 October 2020 |date=23 October 2019}}</ref>によると、彼は次のように述べている<ref>starting minute 30:40 on https://www.youtube.com/watch?v=efs3QRr8LWw</ref>。「念の為に言っておきますが、ケムトレイルは存在しません。私はNSAとCIA、および軍のネットワークにアクセスしましたが、何も見つけられませんでした。」

{{仮リンク|ジム・マーズ|en|Jim Marrs}}は、ケムトレイルの証拠であるとして、2007年に[[ルイジアナ州]]のテレビ局が公表したレポートを引用している。そのレポートでは、ケムトレイルと疑われている格子状の飛行機雲の下の空気を測定した結果、米国政府が推奨している制限水準の3倍にあたる 6.8 ppm の危険なレベルの[[バリウム]]が含まれているとされた。しかし、その後に行われた映像の分析では、機器の使い方が間違っており、測定値を100倍して読み取っていたことが判明した。実際には、測定されたバリウムの値は通常のレベルであり、安全であった<ref name=barium>{{cite journal |last=Radford |first=Benjamin |title=Curious contrails: death from the sky? |journal=Skeptical Inquirer |date=March–April 2009 |page=25 |url=http://www.csicop.org/si/show/curious_contrails_death_from_the_sky/ |volume=33 |issue=2 |author-link=:en:Benjamin Radford}}</ref>。

2014年5月には、霧の夜に着陸を行っている民間の旅客機がケムトレイルを放出しているとされた動画が話題になった<ref name=DiscoveryNews>[[:en:Benjamin Radford|Benjamin Radford]] for Discovery. 1 May 2014. [http://news.discovery.com/human/psychology/viral-video-claims-to-prove-chemtrails-conspiracy-140501.htm Viral Video Claims to Prove 'Chemtrails' Conspiracy]</ref>。[[ディスカバリー (会社) |ディスカバリー・ニュース]]は、化学物質の放出とされているものは、霧の中を飛行しているために見える、通常の翼による気流の乱れであり、本当に何かが散布されているとすれば、翼の後ろに座っている乗客ははっきりと見ることができるため、すぐに発見されるだろうと指摘した<ref name=DiscoveryNews/>。

2014年10月、イギリス人のクリス・ボビーは、[[ブエノスアイレス]]から[[ロンドン]]に向かうフライト中に[[サンパウロ]]へ緊急着陸することになった航空機が、機体重量を軽くするために[[燃料投棄]]を行っている様子を動画に撮影した。この動画はFacebook上で拡散し、300万回以上再生され、52,000以上のシェアを獲得し、ケムトレイルの証拠として引用された。後に彼は、この投稿はいたずらであったことを明らかにした。その結果、複数の陰謀論信奉者から激しい罵倒と脅迫を受けた<ref>{{Cite web|url=https://www.vice.com/en_us/read/i-tricked-chemtrail-conspiracy-theorists-947|title=The Man Who Tricked Chemtrails Conspiracy Theorists |website=Vice|language=en-us|access-date=2017-02-06|date=2014-10-13}}</ref><ref>{{cite web|url=https://www.facebook.com/video.php?v=10203901372147247|title=Chris Bovey – What are they spraying? |via= Facebook |accessdate=2021-03-19}}</ref>。

信奉者によるいくつかの説明では、ケムトレイルの組成は、[[バリウム]]と[[アルミニウム]]塩、[[ポリマー]]繊維、[[トリウム]]、あるいは[[炭化ケイ素]]であるとされている<ref name=Cairns2014/>。

ケムトレイル陰謀論の信奉者は、[[人工降雨]]計画の存在や[[地球工学]]の研究が行われていることを陰謀の証拠として解釈している<ref>{{cite news|title=Scientists Just Say No to 'Chemtrails' Conspiracy Theory|url=https://www.nytimes.com/2016/08/16/science/scientists-just-say-no-to-chemtrails-conspiracy-theory.html?_r=0|newspaper=The New York Times|access-date=26 August 2016|date=2016-08-15|last1=Fountain|first1=Henry}}</ref>。

===信念===
ケムトレイル陰謀論は、様々な種類のものがインターネットやラジオ番組を介して拡散されてきた<ref name=USAtoday2001/>。ケムトレイル陰謀論に特化したウェブサイトも存在しており、政府に対する懐疑と合致していることから、特に極右集団に好まれている<ref name=knight>{{cite encyclopedia |editor-first=Peter |editor-last=Knight |author-first=Nigel |author-last=James |encyclopedia=Conspiracy Theories in American History: An Encyclopedia |url=https://books.google.com/books?id=qMIDrggs8TsC&pg=PA197 |year=2003 |isbn=978-1-57607-812-9 |pages=197–199 |title=Contrails |publisher=[[:en:ABC-Clio|ABC-CLIO]]|quote=there are no books on the subject to date. Reports on contrails are carried by dedicated websites...Mainstream news agencies rarely report on concerns over contrails, and when they do it is in terms of anti-government "paranoia". When USA Today ran a contrail story it likened the story to something out of The X-Files, arguing that it was only those who are suspicious of the government who believe that lines in the sky are evidence of malfeasance. Some suggested that they are trying to slow down global warming with compounds that reflect sunlight into the sky.}}</ref>。

2014年にケムトレイル陰謀論に関する20個のウェブサイトを対象に行われた調査では、信奉者は科学に訴える部分もあるが、学者や政府系の科学者による発言は信じていないことが判明した<ref name=Cairns2014/>。科学者や連邦政府機関は、ケムトレイルの存在を一貫して否定しており、空にある軌跡は、単に長時間持続している飛行機雲であると説明している<ref name=USAtoday2001/><ref name=times/><ref name=Keith>{{cite web|title=Chemtrails Conspiracy Theory|url=http://keith.seas.harvard.edu/chemtrails-conspiracy-theory|publisher=David Keith Lab, Harvard|access-date=16 December 2016}}</ref>。また、ケムトレイルは世界的な陰謀がある証拠であると考えている信奉者が多いことも判明した。疑われている陰謀の目的は様々であり、代表的なものとしては、利益の獲得(例えば、先物価格の操作や、製薬会社の利益のために人々を病気にさせるなど)や人口抑制、および兵器の実験(天候を兵器として利用することや、生物兵器の実験など)が挙げられる<ref name=Cairns2014/><ref name=Keith/><ref name=currsci>{{cite journal |last=Fraser |first=Stephen |journal=Current Science |volume=94 |issue=14 |pages=8–9 |year=2009 |title=Phantom menace? Are conspirators using aircraft to pollute the sky? |quote=Some theorists speculate that the goal is population control; some say it's climate modification; others say it's military weapons testing. |id={{ProQuest|195877531}} }} {{subscription required}}</ref>。そのような信念の一つには、「[[高周波活性オーロラ調査プログラム]](HAARP)を中心とした大規模な電磁超兵器計画の一環として、雲に伝導性物質が混入されている」とするものもある<ref name="IBT2013">{{cite web |url=http://www.ibtimes.com/cia-exploring-geoengineering-ways-control-weather-reverse-globing-warming-report-1356093 |title=CIA Exploring Geoengineering, Ways To Control Weather, To Reverse Globing Warming: Report |last1=Poladian |first1=Charles |date=22 July 2013 |work=International Business Times|access-date=15 March 2014}}</ref><ref name="dummies">{{cite web |last1=Hodapp |first1=Christopher |last2=von Kannon |first2=Alice |title=Conspiracy Theories & Secret Societies for Dummies |url=http://www.isbnspy.com/iphone.php5?isbn=0470184086 |year=2008 |access-date=10 November 2010 |archive-url=https://web.archive.org/web/20110713061237/http://www.isbnspy.com/iphone.php5?isbn=0470184086 |archive-date=13 July 2011 |url-status=dead}}</ref>。2014年に行われた報告によると、信奉者は一般的に、すべての人が攻撃を受けていると感じており、これについて恐怖や不安、悲しみ、怒りを表明することが多い<ref name=Cairns2014/>。アメリカ、カナダ、イギリスの人々を対象とした2011年の調査では、陰謀論を完全に信じているサンプルは2.6%であり、部分的に信じているサンプルは14%であった<ref>{{cite journal |author1=Mercer, A. M. |author2=Keith, D. W. |author3= Sharp, J. D. |name-list-style=amp| year = 2011 | title = Public understanding of solar radiation management | journal = Environmental Research Letters | volume = 6 | issue = 4 |pages=044006 | doi = 10.1088/1748-9326/6/4/044006 |bibcode=2011ERL.....6d4006M |doi-access= free }}</ref><ref name=Cairns2014/>。2016年の「Cooperative Congressional Election Study」<ref>{{Cite web|title=Cooperative Election Study|url=https://cces.gov.harvard.edu/home|access-date=2021-03-07|website=cces.gov.harvard.edu|language=en}}</ref>に対する回答の分析によると、36,000人の回答者のうち9%が「政府は航空機を使用して有害な化学物質を空中に散布する秘密計画を実施している」ことを「完全に真実」だと信じていた。さらに19%が「部分的に真実」であると信じていた<ref name="Tingley&Wagner">{{cite journal|last1=Tingley|first1=Dustin|last2=Wagner|first2=Gernot|title=Solar geoengineering and the chemtrails conspiracy on social media|journal=Palgrave Communications|date=31 October 2017|volume=7|doi=10.1057/s41599-017-0014-3|doi-access=free}}</ref>。

===信奉者の活動===
ケムトレイル陰謀論の信奉者は、自身の体験を[[回心]]に似ていると表現することが多い。ケムトレイルに「気づき」「目覚める」と、その体験が様々な形での[[アドボカシー]]活動へと彼らを駆り立てるという<ref name=Cairns2014/>。例えば、[[地球工学]]に関するイベントや会議に頻繁に参加したり、地球工学分野で活躍している学者に脅迫状を送ったりしている<ref name=Cairns2014>{{cite journal|last1=Cairns|first1=Rose|title=Climates of suspicion: 'chemtrail' conspiracy narratives and the international politics of geoengineering|journal=The Geographical Journal|date=March 2016|volume=182|issue=1|pages=70–84|doi=10.1111/geoj.12116|url=http://sro.sussex.ac.uk/id/eprint/49709/3/GJ_SUBMISSION_Chemtrails__REVISED_DRAFT.pdf}} Preprint available [http://www.geoengineering-governance-research.org/perch/resources/workingpaper9cairnsclimatesofsuspicion.pdf here]</ref>。

2001年、アメリカ下院議員の[[デニス・クシニッチ]]は、有権者の要望に応えて、[[宇宙]]空間での兵器使用を恒久的に禁止する2001年宇宙空間保全法(法案番号: H.R. 2977、第107議会)を提案したが、その際にケムトレイルを禁止すべき数多くの「エキゾチック・ウェポン」の一つとして挙げた<ref name="hr2977">{{cite web|url=http://www.govtrack.us/congress/bills/107/hr2977|title=Space Preservation Act of 2001 (2001 – H.R. 2977) |accessdate=2021-03-19}}</ref><ref>{{cite web |url=http://www.cleveland.com/kucinich/plaindealer/index.ssf?/kucinich/more/1047214686213910.html |title=Many Kucinich backers are out there – way out |publisher=Cleveland.com |date=13 March 2001 |access-date=26 November 2010 |url-status=dead |archive-url=https://web.archive.org/web/20071104163915/http://www.cleveland.com/kucinich/plaindealer/index.ssf?%2Fkucinich%2Fmore%2F1047214686213910.html |archive-date=4 November 2007}}</ref>。信奉者は、このケムトレイルへの明確な言及を、政府がケムトレイルの存在を公式に認めたものと解釈している<ref name="earth"/><ref name=bethel>{{Cite news|last=Bethel |first=Brian |url=http://www.reporternews.com/news/2008/jul/01/do-you-believe/ |title=Abilene man wants to warn you about the dangers of 'chemtrails' |periodical=Abilene Reporter-News |date=1 July 2008 |access-date=20 October 2008 |archive-url=https://web.archive.org/web/20140326093924/http://www.reporternews.com/news/2008/jul/01/do-you-believe/ |archive-date=26 March 2014 |url-status=dead}}</ref>。懐疑派は、この法案が「地球外兵器」や「環境・気候・地殻変動兵器」にも言及していることに注目している<ref name="hr2977"/>。この法案は、[[アメリカ国防総省|国防総省]]から否定的な評価を受け、委員会で否決された。その後、クシニッチが宇宙空間保全法を制定しようとして失敗した3つの試みのどれにも、ケムトレイルについての言及はなかった。

2003年には、「空中散布に使用されている化学物質が健康に悪影響を与えている」という懸念に基づくカナダ国民の請願に対して、カナダ政府の[[院内総務]]は、「カナダの空域で高高度化学物質散布が行われているという主張には、科学的にもその他の点においても、実証された証拠がない。『ケムトレイル』という言葉は一般化された表現であり、その存在を裏付ける科学的証拠はない」と述べた<ref name="Canadian response">{{cite web|url=http://www.holmestead.ca/chemtrails/response-en.html|title=A Petition to the Canadian House of Commons: The Government's Response |work=Response |publisher=Holmestead.ca|access-date=13 April 2009}}</ref><ref name="Parliament Canada">{{cite web|url=http://www2.parl.gc.ca/HousePublications/Publication.aspx?pub=hansard&mee=110&parl=37&ses=2&language=E#Int-579492|title=37th Parliament, 2nd Sessions Edited Hansard; Number 110 Contents|date=3 June 2003|work=Publications: Debates: Committees of the House: Petitions: The Environment 1030|publisher=Parliament of Canada|access-date=13 April 2009|quote=Mr. John Herron (Fundy–Royal, PC): Mr. Speaker, I am presenting a petition on behalf of Mr. Brian Holmes of Ontario regarding aerial spraying. Mr. Holmes has collected signatures from across the country from concerned Canadians who believe that chemicals used in aerial sprayings are adversely affecting the health of Canadians. The petitioners call upon Parliament to stop this type of high altitude spraying. The petition has been duly certified by the clerk and I present it at this time.}}</ref><ref name="holmestead1">{{cite web|url=http://www.holmestead.ca/chemtrails/access.html|title=Points to Ponder: Access to Information Act|work=Chemtrails – spraying in our sky|publisher=Holmestead.ca/|access-date=13 April 2009}}</ref><ref name="holmestead2">{{cite web|url=http://www.holmestead.ca/chemtrails/petition.html|title=A Petition to the Canadian House of Commons|work=Chemtrails – spraying in our sky|publisher=Holmestead.ca/|access-date=13 April 2009}}</ref>。さらに院内総務は、「請願者が見ているものは、通常の飛行機雲だと我々は考えている」と述べた<ref name="Canadian response" />。

[[イギリス]]では、2005年に[[環境・食糧・農村地域省]]の[[閣外大臣]]<ref>{{Cite web|url=https://www.theyworkforyou.com/mp/10444/elliot_morley/scunthorpe#profile|title=Elliot Morley, former MP, Scunthorpe |website=TheyWorkForYou|language=en|access-date=2017-04-16}}</ref>であるエリオット・モーリーが、ストラウド議会議員である[[労働党 (イギリス)|労働党]]員の{{仮リンク|デビッド・ドリュー (政治家)|en|David Drew (politician)|label=デビッド・ドリュー|preserve=1}}から「航空機のケムトレイルによる汚染の影響について、同省はどのような研究を行っているか」と質問された際に、「航空機からのケムトレイルは科学的に認められた現象ではないため、同省は研究を行っていない」と回答し、「飛行機雲がどのように形成され、大気にどのような影響を与えるか」を理解するために研究を行っていると回答している<ref name=times/><ref name="british response">{{cite web|url=https://publications.parliament.uk/pa/cm200506/cmhansrd/vo051108/text/51108w11.htm|title=House of Commons Hansard – 8 November 2005: Column 314W–315W |date=8 November 2005|publisher=United Kingdom Parliament|access-date=12 March 2009|quote=Mr. Morley: The Department is not researching into chemtrails from aircraft as they are not scientifically recognised phenomena.}}</ref>。

ケムトレイル陰謀論の信奉者の中には、パイプを束ねた装置「{{仮リンク|クラウドバスター|en|Cloudbuster}}」を考案した[[ヴィルヘルム・ライヒ]](1897年 - 1957年)の考えを採用する者もいる。ライヒは、クラウドバスターは天候に影響を与え、大気中の有害なエネルギーを除去すると主張していた。信奉者の中には、水晶や金属片で満たされたクラウドバスターを作成し、ケムトレイルを除去しようと空に向ける者もいる<ref name=orgone>{{cite book |author=Fleming JR |series=Columbia Studies in International and Global History |title=Fixing the Sky: The Checkered History of Weather and Climate Control|publisher=Columbia University Press |year=2010 |page=103 |url=https://books.google.com/books?id=zmdBon09PY0C&pg=PA103|isbn=9780231144131 }}</ref>。

ケムトレイル信奉者は、政府や学術機関からの報告に頼らず、自らサンプルを収集して実験を行うこともあるが、その実験には大抵欠陥がある。例えば、金属製の蓋が付いた瓶(サンプルが[[コンタミネーション|汚染]]されるため、科学実験では使用されない)でサンプルを収集することなどが挙げられる<ref name=Cairns2014/><ref>{{cite news|last1=Bowerman|first1=Mary|title=Scientists disprove airplane 'chemtrail' theory|url=https://www.usatoday.com/story/news/nation-now/2016/08/16/scientists-say-chemtrail-conspiracy-theory-isnt-real/88821176/|work=USA Today|date=16 August 2016}}</ref>。

==実際の飛行機雲==
{{multiple image |direction=vertical |width=220 |header=
| image1 = Condensation Trails contrails from Aircraft Engine Exhaust.png
| caption1 = [[プロペラ機]]のエンジン排気によって形成されている飛行機雲(1940年代初頭)
| image2 = Contrails formed at high altitude.png
| caption2 = [[エアバスA340]]とそれよりも古い機体である[[ボーイング707]]で行われている飛行機雲の試験の様子
}}
{{main|飛行機雲}}

[[飛行機雲]]は「高高度で[[航空機]]や[[ロケット]]が空中に残す凝縮した[[水蒸気]]の筋」である<ref name="air force"/>。[[化石燃料]]の燃焼(ピストンエンジンやジェットエンジンなど)により、[[二酸化炭素]]と[[水蒸気]]が発生する。エンジンの排気で高温多湿になった空気が、高高度の非常に冷たい空気と混ざることで、水蒸気が凝縮して水滴や氷の結晶となり、目に見える[[雲]]となる。飛行機雲が消滅する速度は、天候に大きく左右される。大気が飽和状態に近い場合は、しばらくの間、飛行機雲が持続する可能性がある。逆に大気が乾燥していれば、飛行機雲はすぐに消散する<ref name="air force"/>。

[[大気科学]]者の間では、飛行機雲は何時間も持続することがあり、[[巻雲]]状に広がっていくのが普通であることがよく知られている。飛行機雲に含まれる様々な大きさの氷の結晶は、それぞれ異なる速度で降下するため、飛行機雲は垂直方向に拡散する。そして、高度による風速の差([[ウィンドシア]])によって水平方向に拡散する。これは、巻雲の形成過程と類似のメカニズムである。多くの場合、25,000 - 40,000 ft(7,600 - 12,200 m)の高度にある飛行機雲は、「ほぼ固体」の織り交ざったシート状に変化する<ref>{{cite journal|author=Kuhn, P. M.|title=Airborne Observations of Contrail Effects on the Thermal Radiation Budget|date=September 1970|journal=Journal of the Atmospheric Sciences|volume=27|issue=6|pages=937–942|doi=10.1175/1520-0469(1970)027<0937:AOOCEO>2.0.CO;2|bibcode=1970JAtS...27..937K|doi-access=free}}</ref>。飛行機雲
の横方向の広がりは数キロメートルにも及び、十分な航空交通量があれば、個々の飛行機雲への氷の供給量を増やし、何時間も持続するような完全な曇り空を作り出すことも可能である<ref>{{Cite journal |title= Measurements of the Growth of the Ice Budget in a Persisting Contrail |author=R.G. Knollenberg |journal=Journal of the Atmospheric Sciences |volume=29 |issue=7 |date=October 1972 |pages=1367–1374 |url=http://cires.colorado.edu/science/groups/pielke/classes/atoc7500/knollenberg72.pdf |bibcode= 1972JAtS...29.1367K |doi= 10.1175/1520-0469(1972)029<1367:MOTGOT>2.0.CO;2 }}</ref>。

大気現象の専門家によると、ケムトレイルとされる雲の特徴は、太陽光や気温、水平・垂直方向の風の強さ、航空機の高度における湿度など、様々な条件に対応した単なる飛行機雲の特徴に過ぎないという<ref name=USAtoday2001/><ref name="air force"/><ref name="weatherwise"/><ref name="earth"/>。アメリカでは、[[:en:National Airspace System|米国航空宇宙システム]]の飛行経路が碁盤の目状になっているため雲が交差しやすく、また地上からでは重なった飛行機雲が同じ高度にあるのかどうかを見分けることも難しい<ref name="air force"/>。2000年にNASA・EPA・FAA・NOAAが共同作成したファクトシートでは、飛行機雲形成の科学、および飛行機雲が気温や気候に与える影響について、既知のものと潜在的なものの両方が概説されている<ref name="EPA">{{Cite news |title=Aircraft Contrails Factsheet |periodical=United States Environmental Protection Agency |url=http://www.faa.gov/regulations_policies/policy_guidance/envir_policy/media/contrails.pdf |access-date=30 August 2008 }}</ref>。アメリカ空軍は、少なくとも1953年以降に観測・分析された飛行機雲の現象を説明したファクトシートを作成した。また、そのファクトシートでは、この陰謀論がでっちあげのデマであることを明らかにし、ケムトレイルの存在を否定することで、より直接的な反論が行われている<ref name="air force"/><ref name=USAtoday2001/>。

[[ハンプトン (バージニア州)|バージニア州ハンプトン]]にあるNASA[[ラングレー研究所]]の大気科学者であるパトリック・ミニスは、ケムトレイル信奉者の大多数は論理では説得できないと述べている。「彼らを捕まえて反論しようとすると、『あなたも陰謀の一部なんでしょう』と言われてしまう」と彼は語っている<ref name=USAtoday2001/>。

民間航空機の飛行機雲を[[地球工学]]に利用することについては、一般的に適さないことが分析の結果、判明している<ref>{{Cite journal | last1 = Laakso | first1 = A. | last2 = Partanen | first2 = A. I. | last3 = Kokkola | first3 = H. | last4 = Laaksonen | first4 = A. | last5 = Lehtinen | first5 = K. E. J. | last6 = Korhonen | first6 = H. | doi = 10.1088/1748-9326/7/3/034021 | title = Stratospheric passenger flights are likely an inefficient geoengineering strategy | journal = Environmental Research Letters | volume = 7 | issue = 3 | pages = 034021 | year = 2012 | bibcode = 2012ERL.....7c4021L | doi-access = free }}</ref>。

天文学者の{{仮リンク|ボブ・バーマン|en|Bob Berman}}は、ケムトレイル陰謀論を[[オッカムの剃刀]]を適用しなかった典型例として特徴づけており、凍った水蒸気で構成された単なる飛行機雲であるという「単純な解決策」を採用する代わりに、「陰謀論のウェブサイトでは、この現象はわずか10年前に始まったもので、4万人の民間パイロットと航空管制官が自分の子供たちを毒殺する邪悪な陰謀に参加していると考えられている」と2009年に書いている<ref>{{cite journal |title=Applying Occam's razor: problem solving isn't always a clean shave |first=Bob |last=Berman |author-link=:en:Bob Berman |journal=Astronomy |volume=37 |issue=9 |year=2009 |page=14 |url=http://business.highbeam.com/136942/article-1G1-206342261/applying-occam-razor-problem-solving-isnt-always-clean|archiveurl=https://web.archive.org/web/20140413143925/http://business.highbeam.com/136942/article-1G1-206342261/applying-occam-razor-problem-solving-isnt-always-clean|url-status=dead|archive-date=2014-04-13}} {{subscription required}}</ref>。

2016年に77人の大気科学者を対象に行われた調査では、「この調査に参加した科学者の77人中76人(98.7%)が、『秘匿された大規模な大気計画』の証拠はないと答えており、証拠として挙げられたデータは、典型的な飛行機雲の形成やサンプリング法の不備など、他の要因で説明できるとしている」と結論づけられた<ref>{{cite journal |title=Quantifying expert consensus against the existence of a secret, large-scale atmospheric spraying program|first1=Christine|last1=Shearer|first2=Mick|last2=West|author-link2=Mick West|first3=Ken|last3=Caldeira|first4=Steven J. |last4=Davis |date=1 January 2016 |journal=Environ. Res. Lett.|volume=11|issue=8|pages=084011|doi=10.1088/1748-9326/11/8/084011|bibcode=2016ERL....11h4011S|doi-access=free}}</ref><ref>{{cite web |url=https://www.washingtonpost.com/news/capital-weather-gang/wp/2016/08/16/scientists-to-world-chemtrails-are-not-real/ |title=Scientists tell the world: 'Chemtrails' are not real |first=Angela|last=Fritz|date=16 August 2016|work=[[The Washington Post]] |accessdate=2021-03-19}}</ref>。

==脚注==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist|3}}


==関連項目==
==関連項目==
{{Commons category|Chemtrails}}
{{Commons category|Chemtrail conspiracy theory}}
* [[陰謀]]、[[陰謀論]]
* [[陰謀論]]
* [[陰謀論の一覧]]
* [[集団ヒステリー]]
* [[飛行機雲]]
* [[彩雲]]
* [[燃料投棄]]


== 外部リンク ==
==外部リンク==
* [http://www.csicop.org/sb/show/chemtrail_conspiracy/ The 'Chemtrail Conspiracy' {{en icon}}「ケム・トレイル陰謀論」]
* [http://www.csicop.org/sb/show/chemtrail_conspiracy/ The 'Chemtrail Conspiracy' {{en icon}}「ケム・トレイル陰謀論」]

{{Gunji-stub}}


{{DEFAULTSORT:けむとれいる}}
{{DEFAULTSORT:けむとれいる}}

2021年3月19日 (金) 06:19時点における版

エアバスA340飛行機雲を形成しながら飛行している様子。飛行機雲は、エンジンの排気によって形成される小さなである。

ケムトレイル: Chemtrail)またはケムトレイル陰謀論: Chemtrail conspiracy theory)は、長時間残留している飛行機雲は、高高度を飛行する航空機から(一般人には秘密にされている邪悪な意図で)空中に散布された有害な化学物質生物兵器であるとする陰謀論である[1][2]。この陰謀論の信奉者は、通常の飛行機雲は比較的速やかに消散するが、長時間残留している飛行機雲は別の物質であるに違いないと考えており、それをケムトレイルと呼んでいる[3][4]。この陰謀論の信奉者は、ケムトレイルが散布される目的として、太陽光の管理英語版[3]気象制御心理操作人口抑制生物戦争化学戦争英語版、および生物学的・化学的物質の実験などを挙げており、ケムトレイルが呼吸器疾患やその他の健康被害を引き起こしていると推測している[2][5]

この陰謀論は、科学界からは退けられている。ケムトレイルと言われているものが、高高度を飛行する航空機によって日常的に形成されている通常の飛行機雲と異なるという証拠は存在しない[6]。この陰謀論の信奉者は、化学物質の散布が行われていることを証明しようと試みてきたが、その分析には欠陥があったり、誤解に基づいていたりした[7][8]。しかしながら、この陰謀論は根強く拡散されており、政府が隠蔽工作を行っていると疑われる事態にもなっているため、世界中の科学者と政府機関が「ケムトレイルは普通の飛行機雲である」と繰り返し説明を行っている[3][9][10]

ケムトレイルという名称は、化学物質を意味するケミカル(: Chemical)と痕跡を意味するトレイル(: Trail)を組み合わせて作られたかばん語である[11]

歴史

同時に形成された複数の飛行機雲。上空に残留する時間は天候(特に気温と湿度、および風速)によって決まる。

ケムトレイル陰謀論は、1996年にアメリカ空軍が気象制御に関する報告書を発表したことをきっかけに広まり始めた[10]。1990年代後半には、「異常な飛行機雲を生成する航空機」を使用して「謎の物質を国民に散布した」としてアメリカ空軍は非難された[6][12]。この陰謀論は、1999年からインターネットのフォーラムに投稿されるようになり、ラジオ番組の司会者であるアート・ベル英語版が拡散した多くの陰謀論の中にも含まれていた[13][8]。ケムトレイル陰謀論が広まるにつれ、連邦政府当局には抗議の電話や手紙が殺到した[10][3]

2000年には、環境保護庁(EPA)・連邦航空局(FAA)・航空宇宙局(NASA)・海洋大気庁(NOAA)などのアメリカ合衆国の複数の政府機関がこの噂を払拭しようと対応を試みたものの[14][15]、大多数のケムトレイル信奉者は、EPAのファクトシートを政府による隠蔽工作が存在するさらなる証拠として解釈した[3]。EPAは2015年に投稿を更新した[16]

アメリカ空軍は、この陰謀論はデマであるとするファクトシートを2000年代初頭に発表しており、そこでは、1996年にアメリカ空軍大学で起草された『Weather as a Force Multiplier: Owning the Weather in 2025』というタイトルの論文が引用されたことが、この陰謀論が過熱した要因の一つであるとされている[17][18]。この論文は、2025年における米国の軍事的優位性を維持する目的で、将来の戦略的気象制御システムを概説するという軍事的指令に応じる形で発表されたものであり、「将来の状況やシナリオに関する架空の表現」であることが分かっている[18]。アメリカ空軍は更に、この論文は「現在の軍事的な政策・実践・能力を反映したものではなく、気象制御の実験や計画は実施しておらず、将来的にも実施する予定はない」と2005年に明らかにしている[6][19]。またアメリカ空軍は、「ケムトレイルというデマは、多くの大学や科学団体、および主要メディアによって調査され、反論されてきた」とも述べている[6]

この陰謀論は、主流なメディアでは滅多に取り上げられず、取り上げられたとしても通常は反政府的な被害妄想の一例として取り上げられる。例えば、2013年にCIANASANOAAが、地球温暖化地球工学で解決するための方法を研究するために、米国科学アカデミーに資金を提供する予定であることが公表されたとき、インターナショナル・ビジネス・タイムズの記事は、「天候を制御または操作する方法を模索している政府機関があるという考えは、邪悪な陰謀への恐れと詮索に直面するだろう」と予測し、例としてケムトレイル陰謀論を挙げている[20]

概要

ケムトレイル陰謀論の信奉者は、大気現象に関する独自の解釈や、インターネットに投稿された動画、および政府の計画に関する報告書などに陰謀論の根拠を見出している。また彼らは、疑惑となっている陰謀の目的とその工作活動の効果について一定の信念を持っており、一般的にそれらの信念に基づいて何らかの行動をとっている。

証拠とされているもの

エアバスA380の水で満たされたタンクは、離着陸時の排気量の違いによる乗客重量をシミュレートするためのものである。似たような写真が、ケムトレイル散布用の航空機が活動している様子であると言われることがある。
ボーイング747飛行試験機の試作機に搭載されたバラスト

ケムトレイル陰謀論の信奉者は、通常の飛行機雲とケムトレイルは残留時間の長さによって区別でき、ケムトレイルは半日ほど残留するか、または巻雲のような形に変化すると主張している[4]。信奉者は、1995年以降の飛行機雲はそれ以前とは異なる化学組成になっており、上空に長時間残留するようになったと主張している。また彼らは、第二次世界大戦時代に撮影された写真に写っている長く続いている飛行機雲の存在も認めていない[8]

信奉者は、ケムトレイルを何時間も持続する十字状・格子状、または平行な縞模様の雲として特徴づけており、最終的には混ざり合って大きな雲が形成されるとしている。信奉者は、飛行機雲の中に目視できる色のスペクトルが存在していること、一つの領域に飛行機雲が集中していること、あるいは普通ではない高度や場所を飛行している標識のない航空機または軍用機によって飛行機雲が残されていることを、ケムトレイルの目印と見ている[3][5][21][22][23]

飛行試験のために旅客機の乗客室に搭載された容器の写真は、エアロゾル散布システムが存在する証拠であると主張されている。実際には、容器はただのバラストであり、乗客や貨物の重量をシミュレートするために搭載されたものである。容器は水で満たされており、異なる位置にある重心を飛行中にテストするために、容器同士で水を移動できる[24]

CIA職員で内部告発者のエドワード・スノーデンは、「ジョー・ローガン・エクスペリエンス」のインタビューで、(宇宙人と)ケムトレイルの証拠を求めてアメリカ政府のあらゆる機密情報を探し回ったと述べている。ウェブ配信に関するCNNの報告[25]によると、彼は次のように述べている[26]。「念の為に言っておきますが、ケムトレイルは存在しません。私はNSAとCIA、および軍のネットワークにアクセスしましたが、何も見つけられませんでした。」

ジム・マーズ英語版は、ケムトレイルの証拠であるとして、2007年にルイジアナ州のテレビ局が公表したレポートを引用している。そのレポートでは、ケムトレイルと疑われている格子状の飛行機雲の下の空気を測定した結果、米国政府が推奨している制限水準の3倍にあたる 6.8 ppm の危険なレベルのバリウムが含まれているとされた。しかし、その後に行われた映像の分析では、機器の使い方が間違っており、測定値を100倍して読み取っていたことが判明した。実際には、測定されたバリウムの値は通常のレベルであり、安全であった[7]

2014年5月には、霧の夜に着陸を行っている民間の旅客機がケムトレイルを放出しているとされた動画が話題になった[27]ディスカバリー・ニュースは、化学物質の放出とされているものは、霧の中を飛行しているために見える、通常の翼による気流の乱れであり、本当に何かが散布されているとすれば、翼の後ろに座っている乗客ははっきりと見ることができるため、すぐに発見されるだろうと指摘した[27]

2014年10月、イギリス人のクリス・ボビーは、ブエノスアイレスからロンドンに向かうフライト中にサンパウロへ緊急着陸することになった航空機が、機体重量を軽くするために燃料投棄を行っている様子を動画に撮影した。この動画はFacebook上で拡散し、300万回以上再生され、52,000以上のシェアを獲得し、ケムトレイルの証拠として引用された。後に彼は、この投稿はいたずらであったことを明らかにした。その結果、複数の陰謀論信奉者から激しい罵倒と脅迫を受けた[28][29]

信奉者によるいくつかの説明では、ケムトレイルの組成は、バリウムアルミニウム塩、ポリマー繊維、トリウム、あるいは炭化ケイ素であるとされている[30]

ケムトレイル陰謀論の信奉者は、人工降雨計画の存在や地球工学の研究が行われていることを陰謀の証拠として解釈している[31]

信念

ケムトレイル陰謀論は、様々な種類のものがインターネットやラジオ番組を介して拡散されてきた[3]。ケムトレイル陰謀論に特化したウェブサイトも存在しており、政府に対する懐疑と合致していることから、特に極右集団に好まれている[4]

2014年にケムトレイル陰謀論に関する20個のウェブサイトを対象に行われた調査では、信奉者は科学に訴える部分もあるが、学者や政府系の科学者による発言は信じていないことが判明した[30]。科学者や連邦政府機関は、ケムトレイルの存在を一貫して否定しており、空にある軌跡は、単に長時間持続している飛行機雲であると説明している[3][12][32]。また、ケムトレイルは世界的な陰謀がある証拠であると考えている信奉者が多いことも判明した。疑われている陰謀の目的は様々であり、代表的なものとしては、利益の獲得(例えば、先物価格の操作や、製薬会社の利益のために人々を病気にさせるなど)や人口抑制、および兵器の実験(天候を兵器として利用することや、生物兵器の実験など)が挙げられる[30][32][2]。そのような信念の一つには、「高周波活性オーロラ調査プログラム(HAARP)を中心とした大規模な電磁超兵器計画の一環として、雲に伝導性物質が混入されている」とするものもある[33][34]。2014年に行われた報告によると、信奉者は一般的に、すべての人が攻撃を受けていると感じており、これについて恐怖や不安、悲しみ、怒りを表明することが多い[30]。アメリカ、カナダ、イギリスの人々を対象とした2011年の調査では、陰謀論を完全に信じているサンプルは2.6%であり、部分的に信じているサンプルは14%であった[35][30]。2016年の「Cooperative Congressional Election Study」[36]に対する回答の分析によると、36,000人の回答者のうち9%が「政府は航空機を使用して有害な化学物質を空中に散布する秘密計画を実施している」ことを「完全に真実」だと信じていた。さらに19%が「部分的に真実」であると信じていた[37]

信奉者の活動

ケムトレイル陰謀論の信奉者は、自身の体験を回心に似ていると表現することが多い。ケムトレイルに「気づき」「目覚める」と、その体験が様々な形でのアドボカシー活動へと彼らを駆り立てるという[30]。例えば、地球工学に関するイベントや会議に頻繁に参加したり、地球工学分野で活躍している学者に脅迫状を送ったりしている[30]

2001年、アメリカ下院議員のデニス・クシニッチは、有権者の要望に応えて、宇宙空間での兵器使用を恒久的に禁止する2001年宇宙空間保全法(法案番号: H.R. 2977、第107議会)を提案したが、その際にケムトレイルを禁止すべき数多くの「エキゾチック・ウェポン」の一つとして挙げた[38][39]。信奉者は、このケムトレイルへの明確な言及を、政府がケムトレイルの存在を公式に認めたものと解釈している[21][40]。懐疑派は、この法案が「地球外兵器」や「環境・気候・地殻変動兵器」にも言及していることに注目している[38]。この法案は、国防総省から否定的な評価を受け、委員会で否決された。その後、クシニッチが宇宙空間保全法を制定しようとして失敗した3つの試みのどれにも、ケムトレイルについての言及はなかった。

2003年には、「空中散布に使用されている化学物質が健康に悪影響を与えている」という懸念に基づくカナダ国民の請願に対して、カナダ政府の院内総務は、「カナダの空域で高高度化学物質散布が行われているという主張には、科学的にもその他の点においても、実証された証拠がない。『ケムトレイル』という言葉は一般化された表現であり、その存在を裏付ける科学的証拠はない」と述べた[41][42][43][44]。さらに院内総務は、「請願者が見ているものは、通常の飛行機雲だと我々は考えている」と述べた[41]

イギリスでは、2005年に環境・食糧・農村地域省閣外大臣[45]であるエリオット・モーリーが、ストラウド議会議員である労働党員のデビッド・ドリュー英語版から「航空機のケムトレイルによる汚染の影響について、同省はどのような研究を行っているか」と質問された際に、「航空機からのケムトレイルは科学的に認められた現象ではないため、同省は研究を行っていない」と回答し、「飛行機雲がどのように形成され、大気にどのような影響を与えるか」を理解するために研究を行っていると回答している[12][46]

ケムトレイル陰謀論の信奉者の中には、パイプを束ねた装置「クラウドバスター英語版」を考案したヴィルヘルム・ライヒ(1897年 - 1957年)の考えを採用する者もいる。ライヒは、クラウドバスターは天候に影響を与え、大気中の有害なエネルギーを除去すると主張していた。信奉者の中には、水晶や金属片で満たされたクラウドバスターを作成し、ケムトレイルを除去しようと空に向ける者もいる[47]

ケムトレイル信奉者は、政府や学術機関からの報告に頼らず、自らサンプルを収集して実験を行うこともあるが、その実験には大抵欠陥がある。例えば、金属製の蓋が付いた瓶(サンプルが汚染されるため、科学実験では使用されない)でサンプルを収集することなどが挙げられる[30][48]

実際の飛行機雲

プロペラ機のエンジン排気によって形成されている飛行機雲(1940年代初頭)
エアバスA340とそれよりも古い機体であるボーイング707で行われている飛行機雲の試験の様子

飛行機雲は「高高度で航空機ロケットが空中に残す凝縮した水蒸気の筋」である[6]化石燃料の燃焼(ピストンエンジンやジェットエンジンなど)により、二酸化炭素水蒸気が発生する。エンジンの排気で高温多湿になった空気が、高高度の非常に冷たい空気と混ざることで、水蒸気が凝縮して水滴や氷の結晶となり、目に見えるとなる。飛行機雲が消滅する速度は、天候に大きく左右される。大気が飽和状態に近い場合は、しばらくの間、飛行機雲が持続する可能性がある。逆に大気が乾燥していれば、飛行機雲はすぐに消散する[6]

大気科学者の間では、飛行機雲は何時間も持続することがあり、巻雲状に広がっていくのが普通であることがよく知られている。飛行機雲に含まれる様々な大きさの氷の結晶は、それぞれ異なる速度で降下するため、飛行機雲は垂直方向に拡散する。そして、高度による風速の差(ウィンドシア)によって水平方向に拡散する。これは、巻雲の形成過程と類似のメカニズムである。多くの場合、25,000 - 40,000 ft(7,600 - 12,200 m)の高度にある飛行機雲は、「ほぼ固体」の織り交ざったシート状に変化する[49]。飛行機雲 の横方向の広がりは数キロメートルにも及び、十分な航空交通量があれば、個々の飛行機雲への氷の供給量を増やし、何時間も持続するような完全な曇り空を作り出すことも可能である[50]

大気現象の専門家によると、ケムトレイルとされる雲の特徴は、太陽光や気温、水平・垂直方向の風の強さ、航空機の高度における湿度など、様々な条件に対応した単なる飛行機雲の特徴に過ぎないという[3][6][5][21]。アメリカでは、米国航空宇宙システムの飛行経路が碁盤の目状になっているため雲が交差しやすく、また地上からでは重なった飛行機雲が同じ高度にあるのかどうかを見分けることも難しい[6]。2000年にNASA・EPA・FAA・NOAAが共同作成したファクトシートでは、飛行機雲形成の科学、および飛行機雲が気温や気候に与える影響について、既知のものと潜在的なものの両方が概説されている[19]。アメリカ空軍は、少なくとも1953年以降に観測・分析された飛行機雲の現象を説明したファクトシートを作成した。また、そのファクトシートでは、この陰謀論がでっちあげのデマであることを明らかにし、ケムトレイルの存在を否定することで、より直接的な反論が行われている[6][3]

バージニア州ハンプトンにあるNASAラングレー研究所の大気科学者であるパトリック・ミニスは、ケムトレイル信奉者の大多数は論理では説得できないと述べている。「彼らを捕まえて反論しようとすると、『あなたも陰謀の一部なんでしょう』と言われてしまう」と彼は語っている[3]

民間航空機の飛行機雲を地球工学に利用することについては、一般的に適さないことが分析の結果、判明している[51]

天文学者のボブ・バーマン英語版は、ケムトレイル陰謀論をオッカムの剃刀を適用しなかった典型例として特徴づけており、凍った水蒸気で構成された単なる飛行機雲であるという「単純な解決策」を採用する代わりに、「陰謀論のウェブサイトでは、この現象はわずか10年前に始まったもので、4万人の民間パイロットと航空管制官が自分の子供たちを毒殺する邪悪な陰謀に参加していると考えられている」と2009年に書いている[52]

2016年に77人の大気科学者を対象に行われた調査では、「この調査に参加した科学者の77人中76人(98.7%)が、『秘匿された大規模な大気計画』の証拠はないと答えており、証拠として挙げられたデータは、典型的な飛行機雲の形成やサンプリング法の不備など、他の要因で説明できるとしている」と結論づけられた[53][54]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ "Chemtrails" not real, say leading atmospheric science experts” (英語). Carnegie Institution for Science (2016年8月12日). 2019年5月11日閲覧。 “Some groups and individuals erroneously believe that the long-lasting condensation trails, or contrails, left behind aircraft are evidence of a secret large-scale spraying program. They call these imagined features "chemtrails".”
  2. ^ a b c Fraser, Stephen (2009). “Phantom menace? Are conspirators using aircraft to pollute the sky?”. Current Science 94 (14): 8–9. ProQuest 195877531. "Some theorists speculate that the goal is population control; some say it's climate modification; others say it's military weapons testing."  (Paid subscription required要購読契約)
  3. ^ a b c d e f g h i j k Watson, Traci (2001年3月7日). “Conspiracy theorists read between lines in the sky”. USA Today: p. A.04. http://usatoday30.usatoday.com/weather/science/2001-03-07-contrails.htm. "Exasperated by persistent questions, the Environmental Protection Agency, NASA, the Federal Aviation Administration and the National Oceanic and Atmospheric Administration joined forces last fall to publish a fact sheet explaining the science of contrail formation. A few months earlier, the Air Force had put out its own fact sheet, which tries to refute its opponents' arguments point by point. "If you try to pin these people down and refute things, it's, 'Well, you're just part of the conspiracy,' " says atmospheric scientist Patrick Minnis of NASA's Langley Research Center in Hampton, Va. "Logic is not exactly a real selling point for most of them."" 
  4. ^ a b c James, Nigel (2003). "Contrails". In Knight, Peter (ed.). Conspiracy Theories in American History: An Encyclopedia. ABC-CLIO. pp. 197–199. ISBN 978-1-57607-812-9. there are no books on the subject to date. Reports on contrails are carried by dedicated websites...Mainstream news agencies rarely report on concerns over contrails, and when they do it is in terms of anti-government "paranoia". When USA Today ran a contrail story it likened the story to something out of The X-Files, arguing that it was only those who are suspicious of the government who believe that lines in the sky are evidence of malfeasance. Some suggested that they are trying to slow down global warming with compounds that reflect sunlight into the sky.
  5. ^ a b c Schlatter, Thomas (2001年3月9日). “Weather Queries: Chemtrail Controversy”. Weatherwise. オリジナルの2001年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010309094441/http://www.weatherwise.org/qr/qry.chemtrail.html 
  6. ^ a b c d e f g h i Contrails Facts”. US Air Force (2005年10月13日). 2013年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月19日閲覧。
  7. ^ a b Radford, Benjamin (March–April 2009). “Curious contrails: death from the sky?”. Skeptical Inquirer 33 (2): 25. http://www.csicop.org/si/show/curious_contrails_death_from_the_sky/. 
  8. ^ a b c Kreidler, Marc (2008-09-01). “The 'Chemtrail Conspiracy'”. Skeptical Inquirer 18 (3). ISSN 0194-6730. OCLC 819017418. https://skepticalinquirer.org/newsletter/chemtrail-conspiracy/ 2020年5月6日閲覧。. 
  9. ^ Cama, Timothy (2015年3月13日). “EPA confronts 'chemtrails' conspiracy talk”. the Hill. 2016年12月10日閲覧。 “Conspiracy theorists say that government officials or others are using jets to spray harmful chemicals into the atmosphere. They cite the contrails left by jets as evidence of the chemicals. The EPA has added a new notice to its website, which links to a fact sheet explaining that the trails left by jets in the atmosphere are only ice particles and contain no harmful chemicals. "Contrails are line-shaped clouds or 'Condensation trails' composed of ice particles that are visible behind jet aircraft engines under certain atmospheric conditions and at times can persist", says the notice, posted to the EPA’s website Friday. "EPA is not aware of any deliberate actions to release chemical or biological agents into the atmosphere". Theorists have posited that the chemicals are meant to control the climate, to harm humans or to kill them. The fact sheet from the EPA and other federal agencies like the Federal Aviation Administration and the National Oceanic and Atmospheric Administration was first published in 2000, when the chemtrails conspiracy became popular on the Web. An EPA spokeswoman said the agency frequently receives questions about chemtrails.”
  10. ^ a b c Smith, Oliver (2013年9月24日). “'Chemtrails' and other aviation conspiracy theories”. The Telegraph. 2016年12月11日閲覧。 “So persistent is the chemtrail theory that US government agencies regularly receive calls from irate citizens demanding an explanation...The conspiracy theory took root in the Nineties, with the publication of a US Air Force research paper about weather modification...Governments and scientific institutions have of course dismissed the theories, and claim those vapour trails which persist for longer than usual, or disperse to cover a wide area, are just normal contrails.”
  11. ^ "chemtrail". Oxford English Dictionary (Third ed.). Oxford University Press. December 2011.(Paid subscription required要購読契約)
  12. ^ a b c Paul Simons (2013年9月27日). “Weather Eye: contrail conspiracy”. The Times. http://www.thetimes.co.uk/tto/weather/article3879866.ece. "This conspiracy idea took hold in 1996 when the US Government was accused of trying to modify the weather for military means" (Paid subscription required要購読契約)
  13. ^ Those Mysterious Lines in the Sky”. Veritas (1999年3月1日). 2000年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月19日閲覧。, cited in USAF Contrails page.
  14. ^ Aircraft Contrails Factsheet”. United States Environmental Protection Agency (2000年9月). 2021年3月19日閲覧。
  15. ^ Knickerbocker, Brad (2015年3月14日). “EPA debunks 'chemtrails,' further fueling conspiracy theories (+video)”. Christian Science Monitor. http://www.csmonitor.com/USA/2015/0314/EPA-debunks-chemtrails-further-fueling-conspiracy-theories-video 
  16. ^ Cama, Timothy (2015年3月13日). “EPA confronts 'chemtrails' conspiracy talk”. TheHill. http://thehill.com/policy/energy-environment/235632-epa-confronts-chemtrails-conspiracy-theory 
  17. ^ The "Chemtrail" Hoax”. Air Force. 2002年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月7日閲覧。
  18. ^ a b Weather as a Force Multiplier: Owning the Weather in 2025”. Fas.org (1996年). 2009年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月19日閲覧。
  19. ^ a b “Aircraft Contrails Factsheet”. United States Environmental Protection Agency. http://www.faa.gov/regulations_policies/policy_guidance/envir_policy/media/contrails.pdf 2008年8月30日閲覧。 
  20. ^ Poladian, Charles (2013年7月22日). “CIA Exploring Geoengineering, Ways To Control Weather, To Reverse Globing Warming: Report”. International Business Times. http://www.ibtimes.com/cia-exploring-geoengineering-ways-control-weather-reverse-globing-warming-report-1356093 
  21. ^ a b c Thomas, William (Summer 2002). “Stolen Skies: The Chemtrail Mystery”. Earth Island Journal. http://www.earthisland.org/journal/index.php/eij/article/stolen_skies_the_chemtrail_mystery/ 2008年8月30日閲覧。 
  22. ^ Hamilton, Dan (2009年4月7日). “Contrails vs. Chemtrails”. Fox12 news at nine (Fox12 Idaho KTRV-TV). オリジナルの2009年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090412203719/http://www.fox12news.com/Global/story.asp?S=10147467 2009年4月11日閲覧。 
  23. ^ Ferrell, Jeff (2007年12月21日). “Chemtrails: Is U.S. Gov't. Secretly Testing Americans 'Again'?”. 2011年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月28日閲覧。
  24. ^ Haenggi, Michael (2003). Boeing Widebodies. Zenith Press. p. 15. ISBN 978-1610607070. https://books.google.com/books?id=OEniu9ff-_sC&pg=PA15 
  25. ^ Edward Snowden searched the CIA's networks for proof that aliens exist. Here's what he found”. CNN (2019年10月23日). 2020年10月23日閲覧。
  26. ^ starting minute 30:40 on https://www.youtube.com/watch?v=efs3QRr8LWw
  27. ^ a b Benjamin Radford for Discovery. 1 May 2014. Viral Video Claims to Prove 'Chemtrails' Conspiracy
  28. ^ The Man Who Tricked Chemtrails Conspiracy Theorists” (英語). Vice (2014年10月13日). 2017年2月6日閲覧。
  29. ^ Chris Bovey – What are they spraying?”. 2021年3月19日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h Cairns, Rose (March 2016). “Climates of suspicion: 'chemtrail' conspiracy narratives and the international politics of geoengineering”. The Geographical Journal 182 (1): 70–84. doi:10.1111/geoj.12116. http://sro.sussex.ac.uk/id/eprint/49709/3/GJ_SUBMISSION_Chemtrails__REVISED_DRAFT.pdf.  Preprint available here
  31. ^ Fountain, Henry (2016年8月15日). “Scientists Just Say No to 'Chemtrails' Conspiracy Theory”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2016/08/16/science/scientists-just-say-no-to-chemtrails-conspiracy-theory.html?_r=0 2016年8月26日閲覧。 
  32. ^ a b Chemtrails Conspiracy Theory”. David Keith Lab, Harvard. 2016年12月16日閲覧。
  33. ^ CIA Exploring Geoengineering, Ways To Control Weather, To Reverse Globing Warming: Report”. International Business Times (2013年7月22日). 2014年3月15日閲覧。
  34. ^ Conspiracy Theories & Secret Societies for Dummies” (2008年). 2011年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。
  35. ^ Mercer, A. M.; Keith, D. W. & Sharp, J. D. (2011). “Public understanding of solar radiation management”. Environmental Research Letters 6 (4): 044006. Bibcode2011ERL.....6d4006M. doi:10.1088/1748-9326/6/4/044006. 
  36. ^ Cooperative Election Study” (英語). cces.gov.harvard.edu. 2021年3月7日閲覧。
  37. ^ Tingley, Dustin; Wagner, Gernot (31 October 2017). “Solar geoengineering and the chemtrails conspiracy on social media”. Palgrave Communications 7. doi:10.1057/s41599-017-0014-3. 
  38. ^ a b Space Preservation Act of 2001 (2001 – H.R. 2977)”. 2021年3月19日閲覧。
  39. ^ Many Kucinich backers are out there – way out”. Cleveland.com (2001年3月13日). 2007年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月26日閲覧。
  40. ^ Bethel, Brian (2008年7月1日). “Abilene man wants to warn you about the dangers of 'chemtrails'”. Abilene Reporter-News. オリジナルの2014年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140326093924/http://www.reporternews.com/news/2008/jul/01/do-you-believe/ 2008年10月20日閲覧。 
  41. ^ a b A Petition to the Canadian House of Commons: The Government's Response”. Response. Holmestead.ca. 2009年4月13日閲覧。
  42. ^ 37th Parliament, 2nd Sessions Edited Hansard; Number 110 Contents”. Publications: Debates: Committees of the House: Petitions: The Environment 1030. Parliament of Canada (2003年6月3日). 2009年4月13日閲覧。 “Mr. John Herron (Fundy–Royal, PC): Mr. Speaker, I am presenting a petition on behalf of Mr. Brian Holmes of Ontario regarding aerial spraying. Mr. Holmes has collected signatures from across the country from concerned Canadians who believe that chemicals used in aerial sprayings are adversely affecting the health of Canadians. The petitioners call upon Parliament to stop this type of high altitude spraying. The petition has been duly certified by the clerk and I present it at this time.”
  43. ^ Points to Ponder: Access to Information Act”. Chemtrails – spraying in our sky. Holmestead.ca/. 2009年4月13日閲覧。
  44. ^ A Petition to the Canadian House of Commons”. Chemtrails – spraying in our sky. Holmestead.ca/. 2009年4月13日閲覧。
  45. ^ Elliot Morley, former MP, Scunthorpe” (英語). TheyWorkForYou. 2017年4月16日閲覧。
  46. ^ House of Commons Hansard – 8 November 2005: Column 314W–315W”. United Kingdom Parliament (2005年11月8日). 2009年3月12日閲覧。 “Mr. Morley: The Department is not researching into chemtrails from aircraft as they are not scientifically recognised phenomena.”
  47. ^ Fleming JR (2010). Fixing the Sky: The Checkered History of Weather and Climate Control. Columbia Studies in International and Global History. Columbia University Press. p. 103. ISBN 9780231144131. https://books.google.com/books?id=zmdBon09PY0C&pg=PA103 
  48. ^ Bowerman, Mary (2016年8月16日). “Scientists disprove airplane 'chemtrail' theory”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/news/nation-now/2016/08/16/scientists-say-chemtrail-conspiracy-theory-isnt-real/88821176/ 
  49. ^ Kuhn, P. M. (September 1970). “Airborne Observations of Contrail Effects on the Thermal Radiation Budget”. Journal of the Atmospheric Sciences 27 (6): 937–942. Bibcode1970JAtS...27..937K. doi:10.1175/1520-0469(1970)027<0937:AOOCEO>2.0.CO;2. 
  50. ^ R.G. Knollenberg (October 1972). “Measurements of the Growth of the Ice Budget in a Persisting Contrail”. Journal of the Atmospheric Sciences 29 (7): 1367–1374. Bibcode1972JAtS...29.1367K. doi:10.1175/1520-0469(1972)029<1367:MOTGOT>2.0.CO;2. http://cires.colorado.edu/science/groups/pielke/classes/atoc7500/knollenberg72.pdf. 
  51. ^ Laakso, A.; Partanen, A. I.; Kokkola, H.; Laaksonen, A.; Lehtinen, K. E. J.; Korhonen, H. (2012). “Stratospheric passenger flights are likely an inefficient geoengineering strategy”. Environmental Research Letters 7 (3): 034021. Bibcode2012ERL.....7c4021L. doi:10.1088/1748-9326/7/3/034021. 
  52. ^ Berman, Bob (2009). “Applying Occam's razor: problem solving isn't always a clean shave”. Astronomy 37 (9): 14. オリジナルの2014-04-13時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140413143925/http://business.highbeam.com/136942/article-1G1-206342261/applying-occam-razor-problem-solving-isnt-always-clean.  (Paid subscription required要購読契約)
  53. ^ Shearer, Christine; West, Mick; Caldeira, Ken; Davis, Steven J. (1 January 2016). “Quantifying expert consensus against the existence of a secret, large-scale atmospheric spraying program”. Environ. Res. Lett. 11 (8): 084011. Bibcode2016ERL....11h4011S. doi:10.1088/1748-9326/11/8/084011. 
  54. ^ Fritz, Angela (2016年8月16日). “Scientists tell the world: 'Chemtrails' are not real”. The Washington Post. 2021年3月19日閲覧。

関連項目

外部リンク