アルトゥル・ショーペンハウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルトゥル・ショーペンハウアー
Arthur Schopenhauer
アルトゥル・ショーペンハウアー
ショーペンハウアーの肖像
生誕 (1788-02-22) 1788年2月22日
Chorągiew królewska króla Zygmunta III Wazy.svg ポーランド・リトアニア共和国グダニスク
死没 (1860-09-21) 1860年9月21日(72歳没)
Flag of the German Confederation (war).svg ドイツ連邦フランクフルト・アム・マイン
時代 19世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 観念論
実存主義
研究分野 自然哲学生理学現象学
形而上学認識論存在論
倫理学道徳
美学色彩論芸術
数学論理学
言語哲学言語学
宗教哲学宗教
魔術
超常現象
主な概念 意志
意志としての世界と表象としての世界
生きんとする意志の肯定と否定
意志と知性
厭世観
署名
テンプレートを表示

アルトゥル・ショーペンハウアーArthur Schopenhauerショーペンハウエルショウペンハウエルとも[1]1788年2月22日 - 1860年9月21日)は、ドイツ哲学者。主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。

仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家[2]であり、その哲学は多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与え、生の哲学実存主義の先駆と見ることもできる。フリードリヒ・ニーチェへの影響は有名であるが、その他にもリヒャルト・ワーグナールートヴィヒ・ウィトゲンシュタインエルヴィン・シュレーディンガーアルベルト・アインシュタインジークムント・フロイトオットー・ランクカール・グスタフ・ユングジョーゼフ・キャンベルレフ・トルストイトーマス・マンホルヘ・ルイス・ボルヘスなど様々な学者、思想家、文筆家に影響を与え、その哲学は現代思想においても受け継がれている。

生涯[編集]

1788年、富裕な商人の父のもとダンツィヒに生まれる。母(ヨハンナ・ショーペンハウアー)は女流作家で、自己顕示的な性格であった[注釈 1]。父に伴われて幼少時からヨーロッパ各国を旅行する。1806年に父が死去して、その父の遺志に従って商人の見習いを始めたが、学問への情熱を捨てきれず1809年、ゲッティンゲン大学医学部に進学する。ゴットロープ・エルンスト・シュルツェのもとで哲学を学び、のち哲学部へ転部する。シュルツェよりカントプラトンを読むようにいわれる[3]。転部後、ベルリン大学に移り、フィヒテの講義を受ける。

1819年、『意志と表象としての世界』を完成、1820年、ベルリン大学講師の地位を得るが、当時ベルリン大学正教授であったヘーゲルの人気に抗することができず、間もなく退職。1831年以降は、フランクフルトに隠棲。同地で余生を過ごす。

誰とも結婚せず、生涯独身のまま、その一生を終えた[4]

思想[編集]

本人は「仏陀エックハルト、そしてこの私は、本質的には同じことを教えている」と述べている[5]

ショーペンハウアーは芸術論・自殺論が有名であるが、むしろ博学で、法律学から自然学まであらゆるジャンルを網羅した総合哲学者としての側面が強い。

影響[編集]

ハルトマンヴァーグナートルストイハーディフロイトプルーストトーマス・マンヘッセユンガーベルクソンユングジッドホルクハイマーウィトゲンシュタインアインシュタインベケットフーコーといった、19世紀後半から20世紀にかけて活躍した多くの哲学者、芸術家、作家に大きな影響を与えた。

日本[編集]

日本でも森鴎外をはじめ、堀辰雄萩原朔太郎筒井康隆[6]など多くの作家に影響を及ぼした。

哲学観

フィヒテ、シュリングの哲学は、この哲学史上およそ例のないみじめな似非哲学のさきがけと批判した。[7]

著作[編集]

  • 充足理由律の四つの根拠について』 Über die vierfache Wurzel des Satzes vom zureichenden Grunde (1813年)
  • 『見ることと色とについて』 Über das Sehen und die Farben (1816年)
  • 意志と表象としての世界Die Welt als Wille und Vorstellung (正編・1819年) (続編・1844年)
  • 『生理学的色彩論』 Theoria colorum physiologica (『見ることと色とについて』をラテン語でまとめたもの、1830年)
  • 『自然のうちなる意志について』 Über den Willen in der Natur (1836年)
  • 『倫理学の二大根本問題』 Die beiden Grundprobleme der Ethik (1841年)
  • 『余録と補遺』 Parerga und Paralipomena (1851年)

日本語訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一家に偉人は一人しか出ないと思い込んでおり、「あなたのご子息はいずれ大成する」と友人のゲーテに言われたとたんに機嫌を悪くしたという。(『笑うショーペンハウアー』より)

出典[編集]

  1. ^ ネイティヴによる「Arthur Schopenhauer」の発音”. Forvo. 2013年12月11日閲覧。
  2. ^ ショーペンハウアーとウスペンスキー
  3. ^ ヴィルヘルム・グヴィナー『身近に接したショーペンハウアー』、「全集 別巻 ショーペンハウアー生涯と思想」(白水社)より。
  4. ^ 岡田尊司 『愛着障害』 p.289、光文社、2011年
  5. ^ 『笑うショーペンハウアー』[要ページ番号]
  6. ^ 筒井康隆『漂流 本から本へ』P74~76(朝日新聞社
  7. ^ ショーペンハウアー; 鈴木芳子 (2013/5/20). 読書について. 光文社. 

参考文献[編集]

  • 『ショーペンハウアー 生涯と思想』 白水社、ショーペンハウアー全集 別巻
  • ラルフ・ヴィーナー編著『笑うショーペンハウアー』(酒田健一訳)白水社、1998 ISBN 4560024006
  • G・ジンメル 『ショーペンハウアーとニーチェ』(吉村博次訳)白水社、2001 ISBN 4560024294

関連項目[編集]

外部リンク[編集]