マッスル北村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マッスルきたむら
マッスル北村
生誕1960年10月6日
死没 (2000-08-03) 2000年8月3日(39歳没)
出身校東京学芸大学教育学部附属高等学校卒業[1]
東京大学理科II類中退[2]
東京医科歯科大学医学部中退[2]
職業ボディビルダー
タレント

マッスル北村(マッスルきたむら、1960年10月6日 - 2000年8月3日)は、ボディビルダータレント。本名、北村克己(きたむら かつみ)[3]

来歴[編集]

生い立ちと教育[編集]

小学校6年生のころから体を鍛え始め、中学校2年時には自宅から河口湖の往復300kmのサイクリング挑戦するも、16時間も自転車をこぎ続けたところで意識を失った[4]。高校生時代も自転車に熱中していた[1]

二浪して東京大学に入学する[4]。東大に入学後、東京大学運動会ボディビル&ウェイトリフティング部の先輩と出会い、薦められるままに関東学生選手権に出場する[1]。しかし、当時の体重は55kg程度で会場にいた他選手との体格の違いを痛感する[4]

ボディービルダーとして[編集]

ボディービルに目覚め、卵を20-30個、牛乳を2-3リットル、さらにの缶詰を3缶、加えてプロテインの粉末300gを毎日摂取した[1]。また、鶏のささみ肉をミキサーにかけ、ペースト状にして摂取していた[1]。消化吸収のために消化剤も大量に摂取していた[1]

大学の授業には全く出席せず、最終的に東京大学を中退している[2]。大学に通わず、ひたすらトレーニングに明け暮れる息子に対して父親が激昂し、ダンベルシャフトで何度も彼の頭を叩きつけた。このときに左目が網膜剥離となり、手術を受けたという[1]

東大中退後、東京医科歯科大医学部に合格、入学するも再び中退する[2]

1985年のアジア選手権でライトヘビー級の称号を獲得したのち、芸能活動も始める[2]

死・その後[編集]

2000年8月3日低血糖からの合併症で心不全を惹き起こして死亡[4][2]

2012年8月31日、現役当時に専門雑誌に掲載されたトレーニング記事を再収録した書籍『マッスル北村 伝説のバルクアップトレーニング』が発売された。

入賞歴[編集]

  • 1985年:IFBB ミスターアジア90kg以下級(ライトヘビー級)優勝
  • 1990年:WABBA 世界選手権3位
  • 1999年:WABBA 太平洋世界選手権 総合優勝
  • 1999年:NPC トーナメント・オブ・チャンピオンズ(ヘビー級)3位

出演作品[編集]

テレビ[編集]

OV[編集]

  • 獣神サンダーライガー 怒りの雷鳴(1995年2月21日)バウンティ・バイパー

CM[編集]

  • ピーポップ(禁煙パイプ)

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g こじへい (2017年2月8日). “減量し過ぎて死去……ストイック過ぎたボディビルダー・マッスル北村の壮絶な生き様”. エキサイトニュース. 2021年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f こじへい (2017年2月8日). “減量し過ぎて死去……ストイック過ぎたボディビルダー・マッスル北村の壮絶な生き様”. エキサイトニュース. 2021年1月21日閲覧。
  3. ^ こじへい (2017年2月8日). “減量し過ぎて死去……ストイック過ぎたボディビルダー・マッスル北村の壮絶な生き様”. エキサイトニュース. 2021年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c d 西川正志 (2020年10月1日). “貫く極限 伝説のボディービルダー 没後20年、マッスル北村さん”. 東京新聞. 2021年1月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]