ウォロディミル・ゼレンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウォロディミル・ゼレンスキー
Володимир Зеленський
Volodymyr Zelensky Official portrait (cropped).jpg
公式の肖像写真(2019年8月26日)

任期 2019年5月20日[1][2]

出生 (1978-01-25) 1978年1月25日(44歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国クルイヴィーイ・リーフ
(現ドニプロペトローウシク州)
政党 無所属
国民の僕 (2018 - )
出身校 キエフ国立経済大学ウクライナ語版
前職 俳優コメディアン
配偶者 オレーナ・ゼレンシカ
宗教 ユダヤ教
署名 Autograph-VolodymyrZelensky.png

ウォロディミル・オレクサンドロヴィチ・ゼレンスキーウクライナ語: Володимир Олександрович Зеленський 発音 [woloˈdɪmɪr olekˈsɑndrowɪtʃ zeˈlɛnʲsʲkɪj]ロシア語: Влади́мир Алекса́ндрович Зеле́нский英語: Volodymyr Oleksandrovych Zelenskyy1978年1月25日 - )は、ウクライナ政治家、元俳優コメディアン。ウクライナ第6代大統領

略歴[編集]

1978年、ソビエト連邦ウクライナ社会主義共和国(現在のウクライナ)東部の主要都市クルィヴィーイ・リーフに生まれる[3]

キエフ国立経済大学ウクライナ語版法学の学位を取得した[3]後、俳優としてのキャリアを積んだ。

その後、コメディーを追求し、制作会社第95街区ウクライナ語版を設立。ウクライナの大富豪イーホル・コロモイスキーの所有するテレビ局上で、映画漫画テレビ番組を制作した[3]。その一つが、自身がウクライナ大統領を演じたテレビドラマ国民の僕ウクライナ語版』であった。同ドラマは2015年から2019年にかけて放送された。

2018年3月、テレビ番組と同名である実際の政党国民の僕』を第95街区とともに立ち上げた[3]

2018年12月31日夜、1+1 TVチャンネルでペトロ・ポロシェンコ大統領の年頭演説と並行して、2019年ウクライナ大統領選挙への立候補を表明した。この際もコロモイスキーの支援を受けた[3]。政治的アウトサイダーである彼はポピュリストとして人気を誇り、選挙に向けた世論調査ですでにフロントランナーの一人となっていた。経済再生や汚職への取り組みなどを公約に掲げ、第2回投票では73.2%の得票率でポロシェンコを破り当選した[4]

2019年5月20日、第6代ウクライナ大統領に就任した[1][2]

2022年3月23日、日本国会国会議員に対してウクライナ元首として初めて、日本の国会では初めてのオンライン方式で国家元首として演説を行なった[5]

呼称[編集]

ロシア語読みはヴラジーミル・アレクサンドロヴィチ・ゼレンスキー。名はヴォロディーミル[6]ウラジーミル[7]、姓はゼレンシキー[8]などとも書かれる。

日本では「ゼレンスキー大統領」という表記が多い[9][10]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1978年1月25日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国(当時)のクルイヴィーイ・リーフユダヤ系ウクライナ人として生まれた[11][12][13][14][15]。父のオレクサンドル・ゼレンスキーはドネツク・ソヴィエト貿易研究所ウクライナ語版(現・ドネツク国立経済貿易大学)のクルイヴィーイ・リーフ校に勤務する研究者で、母はエンジニアであった[16][17][18][注 1]。父の仕事の関係で、幼少期の4年間をモンゴルエルデネトで過ごした。祖父はソ連軍でナチス・ドイツと戦い、親戚の多くがホロコーストで命を落としたという。

子供時代からゼレンスキーは話芸の才能を示し、旧ソ連時代からの伝統を持つロシアのバラエティー番組『KVNロシア語版』(Клуб весёлых и находчивых、面白い奴らのクラブ)にウクライナ代表のアマチュア芸人として出演している[19]。学業面ではキエフ国立経済大学のクルィヴィーイ・リーフ校で法学を専攻しているが、大学卒業後は法曹ではなくコメディアンへの道を選んだ[11][20]

ウクライナ東部出身のために母語はロシア語。元々ウクライナ語は苦手で俳優業やメディアではこれまでロシア語を使用してきた[21][22]。大統領当選以降はウクライナ語の特訓を受け、会見等ではウクライナ語を使うことが多くなったが、誤解が生じると感じた場合は通訳を通さず英語で話すこともある[9]

芸能活動[編集]

2018年の「第95街区」の公演

1997年、番組内でコメディ劇団「第95街区ウクライナ語版」を結成、台本の制作も手掛けるなど若くして番組の看板芸人に上り詰めた[19]。2003年、「第95街区」をコメディ映画・番組・舞台の制作会社へと再編して、より幅広い活躍をするようになった。KVN視聴者が広がるCIS諸国での巡業やコメディ映画の制作・上映などを手掛け、ウクライナの大手テレビ局「Інтерウクライナ語版」「1+1」などに番組を提供した[11][20]。2006年、イギリスのダンス番組『ストリクトリー・カム・ダンシング英語版』のウクライナ版で本格的なブレイクを果たし、ゼレンスキー出演回は最大瞬間視聴率が87.57%という記録的な数字を達成している[19]。2008年にはロシアのコメディ映画『Любовь в большом городеウクライナ語版』に出演。2012年、ジャン=クロード・ヴァン・ダムが友情出演したことで話題になったウクライナ映画『ルジェフスキー対ナポレオンウクライナ語版』でナポレオン役を演じている。2016年には、バラエティ番組の舞台上で下半身の衣服を脱ぎ、腰を振ることで自身の陰茎を用いてピアノを演奏する芸を披露した[23]

順調にキャリアを重ねる一方、不安定な状態が続くウクライナ社会への問題提起も行っていることで知られている。ゼレンスキーはオレンジ革命マイダン革命などの自由主義革命に肯定的で、ロシア軍の軍事介入後は知名度を持つロシア語圏での反発を恐れず、ウクライナ軍に多額の寄付を行って支援した[24]。一方でウクライナ政府が推進するロシア語文化の弾圧には強く反対し、文化大臣の辞任を求めている[25]

政治風刺ドラマ[編集]

2015年、ウクライナの「1+1」でゼレンスキーが主演する政治風刺ドラマ『国民の僕』(こくみんのしもべ)が全24話で放映された。一介の歴史教師がふとしたことから素人政治家として大統領に当選し、権謀術数が渦巻く政界と対決する姿をユーモアを交えながら描いた同作はウクライナで大流行した[10]。物語は選挙で授業を妨害された主人公が怒りに任せて政府批判を行う様子を隠し撮りした映像が投稿され、インターネットでバズ化したことが導入部になっている。放送後にインターネット上でエピソードの無料公開が行われ、YouTubeに投稿された第1話[26]の再生数は1200万に達している。

第1シーズンでは主人公を取り込もうとするベテラン政治家の手から徐々に離れ、閣僚を刷新して政権を確立するまでの3か月間を描いている。作品中で政治をゲームとして扱うオリガルヒ(新興財閥)、オリガルヒの駒として動く政治家、蔓延する縁故主義、浪費される税金、放置されたインフラ脱税に奔走する資産家などウクライナ社会の腐敗と現状に怒りを覚える国民を描き出している。また歴史教師である主人公に啓示を与える存在として、リンカーンチェ・ゲバラユリウス・カエサルイヴァン雷帝などの人物が登場する。

2016年、映画版として『国民の僕 第2部ウクライナ語版』が放送され、ウクライナ映画賞(金独楽賞)に主演男優賞でノミネートされている。2017年、テレビシリーズの第2シーズン全24話が放映された。IMFによる支援を受ける程に悪化したウクライナ経済を立て直すべく、汚職の一掃を目指す姿が物語の中心になっている。2019年、政敵の仕掛けた冤罪で政権を追われた主人公が大統領に復帰するまでを描いた第3シーズンの放送が開始された。

政治活動[編集]

ドラマから現実の政治へ[編集]

国民の僕
Слуга народу
Слуга народа
党首 イワン・バカノフ
創立者 イワン・バカノフ[27]
創立 2018年3月31日
前身政党 「決定的な変化」( Партія рішучих змін[28][29]
本部所在地 キエフ
政治的思想汚職[30]
ポピュリズム[31][32]
直接民主主義[33]
ヨーロッパ[34]
親ロシア[35]
政治的立場 中道
包括政党
最高議会
254 / 450
地方の首長
0 / 158,399
公式サイト
ze2019.com
ウクライナの政治
ウクライナの政党一覧
ウクライナの選挙

ドラマ『国民の僕』の流行によって、国民の間では作中で描かれた主人公とゼレンスキーを重ね合わせ、現実の大統領選挙への出馬を期待する動きが起きた。2018年、ゼレンスキーは期待に応えて来年の大統領選出馬を声明した。

2019年の大統領選には過去最大となる44名もの候補者が乱立しており、有力候補はオリガルヒ出身のペトロ・ポロシェンコ現大統領とユーリヤ・ティモシェンコ元首相という現在のウクライナ政界の混沌を現した状態となった。そうした中、ゼレンスキーは「第95街区」のメンバーらとドラマのタイトルを冠した政党「国民の僕」を立ち上げ、「作品の続き」をイメージした宣伝を開始した。選挙活動面では政治集会や討論会などは挑まず、原作の展開と同じくインターネット上での呼びかけを集中的に行っている。主人公が作中で国民に呼びかける際に口にする「親愛なるウクライナ国民へ」も多用されている。

ゼレンスキーの政治運動は全体として公正で自由主義的な社会を目指すことにあるといえる。内政面では最優先に「反汚職」を掲げ、税金の浪費を止めることを公約している。具体的には議員の免責特権廃止、選挙制度や裁判制度の改革、国民投票による直接民主主義の導入などを掲げている。経済政策でも企業の脱税や賄賂を取り締まり、社会正義を回復させることが経済成長や国外からの投資に繋がると主張している[36]。税制面ではフラット・タックスの導入を検討している。軍に関しては給与体系をNATOに準じた金額に改定する意向を示している[37]

外交面では東部分離主義勢力(ドネツク人民共和国ルガンスク人民共和国)との戦闘について、軍事力での解決は非現実的であり、国内を疲弊させているとしている。既に占領されたクリミア問題については「現実的に考えればロシア側での政権交代などを待つしかない」としている。こうした観点から分離主義勢力を支援するロシア連邦と協議し、戦争を終結させたいとしている[35]。同時に欧州を席巻するポピュリズム運動が選択する欧州懐疑主義の立場には立たず、マイダン革命以降の親欧米派としてEUやNATOとの交流を深める親欧米外交を志向している[38]

オリガルヒの専横に関しては自身が出演するテレビ局を保有し、選挙活動の支援を行なったという報道のある[39][40]オリガルヒのイーホル・コロモイスキーとの関係をBBCに問われた際、「自分は誰かの傀儡ではない」とした上で「貴方は4000万名のウクライナ人が全て信念が無いと言いたいのですか?」と答えている[41]

大統領選挙[編集]

ウクライナ大統領選挙の決選投票の勢力図。緑がゼレンスキー勝利地域、赤がポロシェンコ勝利地域。ゼレンスキーは東部と南部で得票率が高い。

2018年の年末に行われた調査ではティモシェンコに次ぐ第2位候補として9%の支持を獲得して現職のポロシェンコを上回った[20]。選挙戦本番でポロシェンコが巻き返しを図ったが、それを上回る勢いで草の根での支持が広がって最有力候補に躍り出た。2019年4月1日、第一回投票でポロシェンコ(17.8%)、ティモシェンコ(14.2%)の両名を大きく引き離してゼレンスキーが30.4%の得票を得た[42][43][44]。単独過半数には届かなかった事から、決選投票で2位のポロシェンコと争う形となる(ティモシェンコは不正選挙を主張しつつも敗北宣言)。

決選投票では「国民の僕 第三部」(Слуга народу3)と題して、支持者に投票を呼び掛けるキャンペーンを行っている。決選投票を前にしてもゼレンスキー支持の勢いは留まらず、むしろ勢いを増して日を追うごとに現職のポロシェンコとの差を付け、世論調査での支持率は50%以上に達すると見られている。4月16日、焦りを深めるポロシェンコがゼレンスキーが拒否してきた討論会を挑むと、スタジオや会議場ではなく興行用のスタジアムでの開催という挑発的な条件を突き付けている[45]

4月20日、投票日前日にスタジアムでの討論会が行われた。ゼレンスキーは政治経験の不足を批判するポロシェンコの政治経歴を「失敗」と切り捨て、ポロシェンコが愛国心をアピールすると紛争で戦死した兵士達に祈りを捧げる仕草を見せた[46]。堅実な政策論で支持を取り戻そうとするポロシェンコを得意のパフォーマンス合戦や口論に持ち込む事で終始翻弄し、ペースを握り続けた。

4月21日、出口調査の段階でゼレンスキーが決選投票で70%以上を得票し、圧倒的な大差を付けて大統領に選出される事が確実となり、現職ポロシェンコが敗北を宣言した。ガリツィア地方の中心であるリヴィウ州のみでポロシェンコ氏に敗北したがそれ以外のすべての州で勝利。

大統領就任[編集]

ウクライナ最高議会選挙。ゼレンスキーと妻のオレーナ・ゼレンシカ(2019年7月21日)。

2019年5月20日、大統領就任[1][2]。同年7月21日に行われた最高議会選挙では、自身の新党「国民の僕党」は、424議席中240議席以上を占める圧勝をした[47]。ウクライナの議会選史上、初めて単独過半数を大きく上回る勝利で、現有議席ゼロから一気に第1党になった[48]

しかし、ウクライナが抱える経済、汚職、紛争といった難問を解決できず、当初7割台だった支持率は下落した[49][50]。自身もまた、選挙から支援を受けていた存在ウクライナのオリガルヒイーホル・コロモイスキーである為、検事総長や国立銀行総裁らを排除したと指摘されていた[51][52]。また、「ミンスク合意」で取り決められた親ロシア派の分離独立を認めずに「主戦論」を唱える民族派の猛反発に直面。この状況に対処するため、自らも失地回復を唱えるように方針転換をした[49]。そのため、ロシアとの関係正常化はなくなった。その後はミンスク合意の反故やNATO加入に対する西側諸国の支持取り付けに動いたが、2021年9月の訪米でも法律主義や経済の未熟さを理由に回答は得られなかった[53]。こちらでも成果をあげることはできず、2021年10月には支持率25%まで後退した[54]

2021年3月5日、アメリカ合衆国国務省はゼレンスキーの政治支援を行っていたイーホル・コロモイスキーとその家族を知事時代の不正蓄財容疑で入国禁止処分とした[55]

同年10月26日、東部の紛争地域で親ロシア派武装勢力への攻撃にトルコ製ドローン「バイラクタル TB2」を初めて使用。親ロ派の後ろ盾のロシアは27日、紛争をエスカレートさせる恐れがあると警告していたが、攻撃動画を公開し、欧米がウクライナに苦言を呈する中、ゼレンスキーは29日、「領土と主権を守っている」と強気の声明を出した[56][57]。年内に50機の購入計画に加え、翌年2022年2月3日にトルコ企業が開発した攻撃ドローンに関して、ウクライナでの生産を進めることでトルコ側と合意。記者会見でゼレンスキーは「新たな(ドローン)技術は、ウクライナの防衛能力強化を意味する」と述べた[58]

2022年のロシアのウクライナ侵攻以後[編集]

キエフにて(2022年3月16日)

内外政の失敗による支持率の低さに苦しむ中[59]、2022年2月にロシア軍ベラルーシとの合同軍事演習のためウクライナ国境付近に10万人規模の部隊を集結。これに対し、米軍の増派部隊が東欧に到着し始めたことで、緊張が一層高まった[60]。ミンスク合意を取り付けたフランスの仲介も虚しく、ロシアは2月21日にウクライナ親ロシア派実効支配地域の独立を承認。24日にはウクライナへの侵攻を開始した[61][62]。同日、ゼレンスキーは「国民総動員令」に署名[63]。18~60歳の男性の出国を禁止した[64]

2月25日、ゼレンスキーは6分あまりのビデオ演説を公開。自身が家族とともにキエフにとどまっていると述べ、キエフを逃れているとの観測を打ち消した[65]。26日には大統領府の外で撮影したビデオ演説を公開。「われわれはここにいる。国を守る」と述べ、あくまで首都にとどまり、ロシア軍と戦い続けると強調した[66][67]。その後ウクライナの調査会社が18歳以上の2000人を対象に26日と27日に実施した調査により、70%がロシアを撃退できると信じていて、91%が大統領の行動を支持すると回答したとして、「ウクライナ国民の91%がゼレンスキー大統領の行動を支持している」と報道された[68]。一方で、ウクライナでは出国する自由や「前線に立たない自由」を求める市民達が、「国民総動員令」に対して「自由や民主主義の原則に反する」と訴えたが、これに対して「故郷守ろうとしてない」と不快感を示し、国外出国を可能とする2万5千人の請願書について反対した[69][70][71]

SNSによる情報発信のほか、3月1日以降、各国議会や国際機関でのオンライン演説にも力を入れている。

「国民総動員令」への署名問題[編集]

2022年、ゼレンスキー大統領は、ロシアによるウクライナ侵攻直後の2月24日に「国民総動員令」に署名し、18~60歳の男性の出国を禁止した[72][63]

ウクライナの調査会社が18歳以上の2000人を対象に26日と27日に実施した調査により、70%がロシアを撃退できると信じていて、91%が大統領の行動を支持すると回答したとして、「ウクライナ国民の91%がゼレンスキー大統領の行動を支持している」と報道された[68]

一方で、ウクライナでは出国する自由や「前線に立たない自由」を求める市民達が、「国民総動員令」に対して「自由や民主主義の原則に反する」と訴えている[69][73][70]

ニューヨーク・タイムズによると、夫をウクライナに残し、がんを患う3歳の息子を連れてポーランドの国境の町メディカに到着した女性は「国が戦うために男性が必要なのは分かる。でも私の方がもっと彼(夫)を必要としている」と語った[69]。ラトビアの家具製造会社に勤めて3年の男性は、首都キーウ(キエフ)で、2歳の息子がラトビアに住み続けるための行政手続きをする必要があったが、「国民総動員令」により25日のラトビア行きの便はキャンセルされた[64]

ニュースサイト「ウクライナ・プラウダ」は22日、ゼレンスキー大統領が18~60歳の男性の出国を可能にすることを求める2万5千人の請願書について「故郷守ろうとしてない」として反対したと伝えた[74]

マネーロンダリングへの指摘[編集]

2021年3月5日、アメリカ合衆国国務省は大統領選挙前よりゼレンスキーの政治支援を行っているウクライナ・オリガルヒユダヤ人イーホル・コロモイスキーとその家族を知事時代の不正蓄財容疑で入国禁止処分とした[75]。米国務長官アントニー・ブリンケンは、「今回の指定は在任中の行為に基づくものだが、コロモイスキーが現在行っているウクライナの民主的プロセスと制度を弱体化させる取り組みについても、その将来に深刻な脅威を与えるものとして懸念を表明する。」とした[76]

2019年の大統領就任前よりゼレンスキーは「汚職撲滅」をスローガンとしていたが、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は2021年10月に「パンドラ文書」を公開、「ゼレンスキー大統領は英国領バージン諸島ペーパーカンパニーを設立し、就任後2年間で8億5000万ドルの蓄財をなした」ことを公表した[77][78]

オランダの民間団体が作成した「組織犯罪汚職報告書」によれば、ゼレンスキー大統領の資産は2022年ロシアのウクライナ侵攻後も毎月1億ドルのペースで増加しているとされている[78]

「極右民族主義・ネオナチ組織」との関与問題[編集]

外交関係[編集]

アメリカ合衆国との関係[編集]

ロシアの軍事的脅威にさらされる中、アメリカ合衆国からの軍事支援を仰いでいる。この背景の中、2019年7月25日に当時の大統領だったドナルド・トランプとの間で電話会談が行われたが、後にアメリカ合衆国側でトランプがウクライナに圧力をかけたとして政治問題化する余波も見られた(ドナルド・トランプとウクライナ論争を参照のこと)[79]。トランプと大統領を交代したジョー・バイデンは2021年4月2日、国境で軍隊を集結させているロシアの侵略行為に対するウクライナへの支援をゼレンスキーとの会談で確約した[80]

なお、アメリカ合衆国でのリモート会見において、真珠湾攻撃の話を出した。

日本との関係[編集]

2019年10月、迎賓館赤坂離宮にて

2019年10月21日に迎賓館赤坂離宮で当時の内閣総理大臣だった安倍晋三と会談を行い、翌22日の即位礼正殿の儀に参列した[81]

中国との関係[編集]

貿易額は急速に増大しており、2020年において、輸出入とも中国が最大の相手国となっている。国交樹立30周年の節目に当たる2022年1月には、習近平国家主席と祝電を交換した[82]

2021年3月、中国企業に買収されていた航空エンジン大手のモトール・シーチ社を「戦略的重要性」などを理由に再国有化した[83]

ロシアとの関係[編集]

2019年12月9日フランスドイツの仲介によりロシア連邦大統領のプーチンと会談。ウクライナ東部紛争の停戦を内容とする共同声明を出した[84]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 後に同校はキエフ国立経済大学の管轄に移動され、2011年にクルイヴィーイ・リーフ市立大学付属経済学研究所ウクライナ語版として独立機関となった。

出典[編集]

  1. ^ a b c Inauguration Of Ukraine's President-Elect Zelenskiy Set For May 20” (英語). Radio Free Europe/Radio Liberty (2019年5月16日). 2019年5月17日閲覧。
  2. ^ a b c コメディー俳優のゼレンスキー氏、ウクライナ大統領に就任”. AFP通信 (2019年5月20日). 2019年5月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e Stephen Mulvey, Kateryna Khinkulova (2022年2月26日). “Ukraine's Volodymyr Zelensky: The comedian president who is rising to the moment”. BBC. https://www.bbc.com/news/world-europe-59667938 
  4. ^ 紛争、汚職、コロナ…正念場のウクライナ大統領 就任から1年”. 産経ニュース (2020年5月21日). 2022年2月26日閲覧。
  5. ^ ゼレンスキー・ウクライナ大統領による国会演説(オンライン)”. 衆議院インターネット審議中継. 2022年3月23日閲覧。
  6. ^ ウクライナ大統領就任式への遠山総理特使派遣(結果)”. 外務省 (2019年5月22日). 2019年6月2日閲覧。
  7. ^ ウクライナ新大統領、ゼレンスキー氏就任 内政と対ロシアで課題多く”. 毎日新聞 (2019年5月20日). 2019年6月2日閲覧。
  8. ^ https://twitter.com/ukrinjpn/status/1506068179600429057” (日本語). Twitter. 2022年5月25日閲覧。
  9. ^ a b 日本放送協会. “ゼレンスキー大統領「まずは領土を侵攻以前の状態に」 NHK単独 | NHK”. NHKニュース. 2022年5月25日閲覧。
  10. ^ a b ゼレンスキー大統領ドラマ 米ネフリで再配信”. 産経ニュース (2022年3月23日). 2022年3月23日閲覧。
  11. ^ a b c (ロシア語)/(website has automatic Google Translate option) Short bio, LIGA
  12. ^ Itamar Eichner. Jewish comedian who plays Ukrainian president on TV runs for the job article by Ynetnews, 8 January 2019
  13. ^ Zelensky called Yanukovich history and asked him to leave at Television Service of News, Channel 1+1, 2 March 2014 (in Russian)
  14. ^ Artur Verba. How Ukrainian Jews are doing article from Korrespondent №26, 4 July 2014 (in Russian)
  15. ^ Jewish comic who plays Ukraine president on TV leads Ukraine’s presidential race, The Times of Israel (13 March 2019)
  16. ^ Vladimir Zelensky told about his relationship with his parents by Television Service of News, Channel 1+1, 28 September 2017 (in Ukrainian)
  17. ^ Zelensky Oleksandr Semenovich at the Kryvyi Rih Institute of Economics official website (in Ukrainian)
  18. ^ Volodymyr Zelensky interview by Dmitry Gordon at the official website, 26 December 2018 (in Russian)
  19. ^ a b c Vladimir Zelenskiy at the official Kvartal 95 website
  20. ^ a b c (ウクライナ語) Zelensky announced his decision to go to the presidency (video), UNIAN (1 January 2019)
  21. ^ Jewish comedian who plays Ukrainian president on TV runs for the job” (英語). Ynetnews (2019年8月1日). 2019年4月4日閲覧。
  22. ^ “ウクライナ大統領選、コメディー俳優が第1位 21日に決選投票へ” (英語). (2019年4月1日). https://www.bbc.com/japanese/47769702 2019年4月4日閲覧。 
  23. ^ 「週刊文春」編集部 (2022年3月9日). “ゼレンスキー“局部でピアノ芸人”「大統領への道」総力特集 ウクライナで何が起きるのか”. 週刊文春. https://bunshun.jp/denshiban/articles/b2600 
  24. ^ (ロシア語) Actor Zelensky criticized the SBU because of the ban on the series "Matchmakers", RIA Novosti (24 November 2017)
    (ロシア語) SC will check whether Zelensky financed the Ukrainian army, Komsomolskaya Pravda (02/05/15)
  25. ^ (ロシア語) Zelensky intended to demand the resignation of the Ministry of Culture, sevas.com (9 August 2014)
  26. ^ Сериал Слуга народа - 1 и 2 серии | Премьера комедии 2015, Youtube (17 November 2015)
  27. ^ (ウクライナ語) Lawyer Zelensky has registered a new political party "Servant of the people", UNIAN (3 December 2017)
  28. ^ (ウクライナ語) The boundary of a joke. As Zelensky prepares for the election, Ukrayinska Pravda (25 October 2018)
  29. ^ (ウクライナ語) "Party of Decisive Change" changed its name to "Servant of the people", LB.ua (2 December 2017)
  30. ^ (英語) "Zelensky names fighting corruption, raising investment as priorities", Kyiv Post (25 January 2019)
  31. ^ Bershidsky, Leonid (2019年1月10日). “This Comedy Star Wants to Be Ukraine’s Donald Trump”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/opinion/articles/2019-01-10/volodymyr-zelensky-comedy-star-and-ukraine-s-donald-trump-wannabe 2019年3月28日閲覧。 
  32. ^ Karmanau, Yuras (2019年2月7日). “Comedian who plays Ukraine's president on TV leads real race”. ABC News. https://abcnews.go.com/international/wirestory/comedian-plays-ukraines-president-tv-leads-real-race-60906207 2019年3月28日閲覧。 
  33. ^ Minich, Ruslan (2019年). “How Ukraine’s Leading Comedian Pulled Ahead in Polls”. Atlantic Council. 2019年4月22日閲覧。
  34. ^ (英語)"Comedian who plays Ukraine's president on TV leads real race", The Lowell Sun (7 February 2019)
  35. ^ a b (ウクライナ語) Zelensky about the war in the Donbass: Though we are ready to agree with the devil, Ukrayinska Pravda (26 December 2018)
  36. ^ (ウクライナ語) Zelensky plans to attract investment in Ukraine through a resumption of the judicial system, Ukrayinska Pravda (23 March 2019)
  37. ^ (ウクライナ語) Comfortable topics for candidates: how they understand reforms, The Ukrainian Week (6 March 2019)
  38. ^ Genin, Aaron (2019年3月28日). “UPCOMING ELECTIONS AND UKRAINIAN ‘ULTRA-NATIONALISM’” (英語). The California Review. 2019年3月31日閲覧。 Template:Reliable source?
  39. ^ “The comedian and the oligarch”. POLITICO. (2019年4月17日). https://www.politico.eu/article/volodomyr-zelenskiy-ihor-kolomoisky-the-comedian-and-the-oligarch-ukraine-presidential-election/ 2022年3月26日閲覧。 
  40. ^ “Zelenskiy's Oligarch Connection”. RFE/RL. (2019年4月18日). https://www.rferl.org/a/ukraine-zelenskiy-kolomoyskiy/29888017.html 
  41. ^ ウクライナ大統領選、第1位のコメディー俳優ゼレンスキー氏とは?BBC
  42. ^ ウクライナ大統領選、タレント候補が現職引き離す …(写真=AP)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年4月4日閲覧。
  43. ^ ウクライナ大統領選、コメディアンが現職破り首位 決選投票へ” (日本語). www.afpbb.com. 2019年4月4日閲覧。
  44. ^ ウクライナ大統領選、決選投票へ コメディアン候補が首位” (日本語). CNN.co.jp. 2019年4月4日閲覧。
  45. ^ タレント候補、大統領選を翻弄 討論は「スタジアムで」” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年4月22日閲覧。
  46. ^ 最初で最後の討論会、非難の応酬に ウクライナ大統領選” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年4月22日閲覧。
  47. ^ 「政治的素人」が圧勝したウクライナ議会選挙”. WEDGE Infinity. 2022年2月28日閲覧。
  48. ^ ウクライナ議会選、大統領新党が過半数を大幅超え”. 日本経済新聞. 2022年2月28日閲覧。
  49. ^ a b 【地球コラム】ロシア軍演習で一触即発”. 時事ドットコム. 2022年2月28日閲覧。
  50. ^ 公約実現遠く支持率陰り 元喜劇俳優のウクライナ大統領就任半年”. 産経ニュース. 2022年2月28日閲覧。
  51. ^ Will Zelenskyy target all Ukrainian oligarchs equally?”. Atlantic Council. 2022年6月17日閲覧。
  52. ^ The comedian and the oligarch”. POLITICO. 2022年6月17日閲覧。
  53. ^ 米露関係の焦点となるウクライナ”. WEDGE Infinity (2021年9月20日). 2022年2月28日閲覧。
  54. ^ “'I promise, I will never let you down': How has electing a comedian as president worked out for Ukraine?”. ABC News. (2022年2月11日). https://www.abc.net.au/news/2022-02-12/ukraine-president-volodymyr-zelenskyy-facing-down-vladimir-putin/100801520 2022年2月28日閲覧。 
  55. ^ Public Designation of Oligarch and Former Ukrainian Public Official Ihor Kolomoyskyy Due to Involvement in Significant Corruption” (英語). United States Department of State. 2022年6月18日閲覧。
  56. ^ “ウクライナが初ドローン攻撃 親ロ派に大統領強気、欧米は苦言”. 時事通信. (2021年10月31日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2021103100694 2022年3月1日閲覧。 
  57. ^ “ウクライナ軍、トルコ製ドローンで親ロシア派武装集団を初めて攻撃”. 読売新聞. (2021年10月27日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20211027-OYT1T50203/amp/ 2022年3月1日閲覧。 
  58. ^ “トルコ開発のドローン生産推進 ウクライナ大統領が表明”. 時事通信. (2022年2月4日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2022020400261 2022年3月1日閲覧。 
  59. ^ Ukraine president's ratings fall as crisis with Russia brews”. AP NEWS. 2022年2月28日閲覧。
  60. ^ 各国の思惑入り乱れるウクライナ 緊張緩和へ仲介に乗り出した仏独”. 毎日新聞. 2022年2月28日閲覧。
  61. ^ 【解説】 プーチン氏はなぜウクライナに侵攻したのか、何を求めているのか”. BBCニュース. 2022年2月28日閲覧。
  62. ^ “プーチン大統領 軍事作戦実施表明 “ウクライナ東部住民保護””. NHK. (2022年2月24日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220224/k10013498841000.html 2022年2月27日閲覧。 
  63. ^ a b 戦争したくないと表明…浴びせられた「恥を知れ」 消える個人の自由:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年6月9日閲覧。
  64. ^ a b 戦争したくないと表明…浴びせられた「恥を知れ」 消える個人の自由:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年6月9日閲覧。
  65. ^ “ウクライナ大統領、標的は「私と家族」 首都にとどまる”. 日本経済新聞. (2022年2月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2578C0V20C22A2000000/ 2022年5月11日閲覧。 
  66. ^ “「われわれはここにいる」 ゼレンスキー氏、首都離れず”. 共同通信. (2022年2月26日). https://nordot.app/870200229449138176 2022年5月11日閲覧。 
  67. ^ 高野遼 (2022年2月26日). “ウクライナ大統領「難しい夜になる」 ロシアの首都攻撃前に呼びかけ”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASQ2V346KQ2VUHBI014.html 2022年3月3日閲覧。 
  68. ^ a b ウクライナ人「91%」がゼレンスキー大統領“支持””. テレ朝news. 2022年2月28日閲覧。
  69. ^ a b c ウクライナ、国外退避加速 女性や子供多数、家族離散:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年6月1日閲覧。
  70. ^ a b 戦争したくないと表明…浴びせられた「恥を知れ」 消える個人の自由:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年6月9日閲覧。
  71. ^ ゼレンスキー氏、男性の出国求める請願書に「故郷守ろうとしてない」”. 朝日新聞デジタル. 2022年6月17日閲覧。
  72. ^ ウクライナ、国外退避加速 女性や子供多数、家族離散:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年6月1日閲覧。
  73. ^ ウクライナから逃げる家族「私が守る」 気丈に語る女性たち…夫は出国禁止、必死の避難:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2022年6月8日閲覧。
  74. ^ ゼレンスキー氏、男性の出国求める請願書に「故郷守ろうとしてない」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年6月11日閲覧。
  75. ^ Public Designation of Oligarch and Former Ukrainian Public Official Ihor Kolomoyskyy Due to Involvement in Significant Corruption” (英語). United States Department of State. 2022年6月18日閲覧。
  76. ^ Public Designation of Oligarch and Former Ukrainian Public Official Ihor Kolomoyskyy Due to Involvement in Significant Corruption” (英語). United States Department of State. 2022年6月18日閲覧。
  77. ^ ヨルダン国王やウクライナ大統領も租税回避 「パンドラ文書」で判明” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2021年10月5日). 2022年6月22日閲覧。
  78. ^ a b 藤和彦 (2022年6月15日). “ゼレンスキーをどこまで無条件に支援すべきか 強硬路線一辺倒に内外から出始めた異論”. デイリー新潮. https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06151100/?all=1 2022年6月20日閲覧。 
  79. ^ 米民主党、トランプ大統領への弾劾調査を正式開始 ウクライナとの関係めぐり”. BBC (2015年9月25日). 2019年9月26日閲覧。 アーカイブ
  80. ^ バイデン氏、ウクライナに「揺るぎない支援」約束 ロシアの軍備増強受け”. AFPBB (2021年4月3日). 2021年4月9日閲覧。
  81. ^ 令和元年10月21日 即位礼正殿の儀参列者との二国間会談等(2) | 令和元年 | 総理の一日 | ニュース” (日本語). 首相官邸ホームページ. 2022年5月25日閲覧。
  82. ^ 中国、ウクライナとの経済関係が緊密化、貿易は大きく増加(中国、ウクライナ)”. ジェトロ. 2022年2月26日閲覧。
  83. ^ ウクライナ、航空エンジン大手を国有化 中国の買収阻止 対米関係強化狙う”. 産経ニュース (2021年3月31日). 2021年4月9日閲覧。
  84. ^ ロシアとウクライナが首脳会談、ウクライナ東部の停戦で合意”. CNN (2019年12月10日). 2019年12月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
ペトロ・ポロシェンコ
 ウクライナ
大統領

第6代:2019 -
現職