Snap Inc.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スナップ
Snap Inc.
Snap Inc. logo.svg
種類 公開会社
市場情報
略称 Snap
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルスヴェニス
63 Market Street
設立 2011年9月16日(8年前) (2011-09-16
事業内容 SnapchatSpectacles英語版
代表者 エヴァン・シュピーゲル(CEO)
売上高 4億448万ドル(約454億円)[1]
営業利益 ネガティブな増加 -5億1464万ドル(約577億円)[1]
総資産 320億ドル(約3兆6730億円)[2]
従業員数 3069人(2017年)[3]
支店舗数 1店舗(2017年3月時点)[4]
決算期 12月末日
主要子会社 アメリカ合衆国の旗 Snap LLC
イギリスの旗 Snap Group Limited
イギリスの旗 Snap International I Limited
イギリスの旗 Snap International II Limited
アメリカ合衆国の旗 Snap Intermediate Inc.
フランスの旗 Snap Group SAS
オーストラリアの旗 Snap Aus Pty Ltd
関係する人物 エヴァン・シュピーゲル(創業者)
ボビー・マーフィー(創業者)
レギー・ブラウン(創業者)
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

スナップ: Snap Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、写真共有アプリのSnapchatスマートグラスSpectacles英語版などを開発・販売する多国籍企業である。2016年9月24日に、スナップチャット: Snapchat Inc.)から改称した。

歴史[編集]

2011年スタンフォード大学の学生だったエヴァン・シュピーゲルと寮の友人だったレギー・ブラウンの会話からアイデアが生まれた[5]。その後、ボビー・マーフィーがエンジニアとしてチームに加わり、2011年7月8日iOSアプリとして後にスナップチャットと名前を変える『Picaboo』がリリースされた[5]

2011年後半、サービスの方向性をめぐり意見が対立しシュピーゲルとマーフィーがブラウンを追放した[5]。その後、ブラウンは2人を相手取り提訴、2014年にブラウンに対して現金1億5750万円(約180億円)を支払うことで和解した[5]

2017年3月1日、ニューヨーク証券取引所に株式公開。ティッカーシンボルは「SNAP」。

2017年5月、株式公開後初めての四半期決算を発表し売上高1億4960万ドル、純損失22億1000万ドルを計上、多くの数字でアナリストの予想を下回り株価は25%の大幅下落した[6]

製品[編集]

  • Snapchat
  • Spectacles
    Spectaclesは同社が初めて手掛けたハードウェア製品で、サングラス型の動画撮影デバイス、いわゆるスマートグラスである[4]。Spectaclesの新店舗が、本社のあるカリフォルニア州ヴェニスにオープンすると2017年3月にOnebox Newsが報じた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Snapchatの上場申請書から見える5つのこと - Onebox News”. Onebox News (2017年2月8日). 2017年4月8日閲覧。
  2. ^ Rob Berger (2017年3月7日). “Snapchat IPO--Don't Confuse Popular With Profitable”. フォーブス. 2017年4月8日閲覧。
  3. ^ Snap Inc.: Private Company Information - Bloomberg』 2017年5月15日 Bloomberg
  4. ^ a b c Snapchat、ロサンゼルスに2つ目の新店舗をオープン - Onebox News”. Onebox News (2017年3月10日). 2017年4月8日閲覧。
  5. ^ a b c d Snapchat、追放されたもう一人の創業者の物語 - Onebox News”. Onebox News (2017年2月5日). 2017年4月8日閲覧。
  6. ^ スナップチャットの初の決算は失敗に終わる』 2017年5月12日 Onebox News

外部リンク[編集]