西日本フィナンシャルホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社西日本フィナンシャルホールディングス
Nishi-Nippon Financial Holdings, Inc.
Nishi-Nippon Financial Holdings logo.svg
Nishinihon city bank main office.jpg
旧本店(西日本シティ銀行旧本店)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7189
2016年10月3日上場
福証 7189
2016年10月3日上場
本社所在地 日本の旗 日本
812-8687
福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目1番1号
設立 2016年(平成28年)10月3日
業種 銀行業
法人番号 5290001075355 ウィキデータを編集
事業内容 金融持株会社
代表者 代表取締役会長 久保田勇夫
代表取締役社長 谷川浩道
資本金 500億円
(2020年3月31日現在)
純資産 連結5,087億58百万円
(2020年3月31日現在)
総資産 連結10兆8,227億65百万円
(2020年3月31日現在)
従業員数 連結4,068人
(2020年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要子会社 #関連会社参照
外部リンク https://www.nnfh.co.jp/
特記事項:本店ビル再開発にともない、西日本シティ銀行本店別館(旧西日本銀行本店ビル。西日本シティ銀行福岡支店が所在)に本部機能を設置。
テンプレートを表示

株式会社西日本フィナンシャルホールディングス(にしにっぽんフィナンシャルホールディングス)とは、2016年10月3日に設立した金融持株会社[1]

概要[編集]

2016年5月10日福岡県を拠点とする地方銀行西日本シティ銀行は、金融持株会社「西日本フィナンシャルホールディングス」を同年10月3日に設立し、持株会社制に移行すると発表した[2]

2016年10月3日、西日本シティ銀行と、その子会社である長崎銀行及び西日本信用保証との共同株式移転により、共同持株会社である「西日本フィナンシャルホールディングス」が設立された。西日本シティ銀行・長崎銀行・西日本信用保証は西日本フィナンシャルホールディングスの子会社となり、東京証券取引所福岡証券取引所に上場していた西日本シティ銀行に代わり、西日本フィナンシャルホールディングスが東京・福岡の両証券取引所に上場した[3]。本社は西日本シティ銀行と同じ福岡市に置き、会長には久保田勇夫・西日本シティ銀行会長、社長は谷川浩道・西日本シティ銀行頭取がそれぞれ就任した[4]

前述の3社のほか、九州カード西日本シティTT証券・NCBリサーチ&コンサルティング・九州債権回収の4社も直接の子会社としている[5]

また「西日本フィナンシャルホールディングス」の誕生に伴い、新しいロゴマークが公表される。コーポレートカラーのオレンジ色を使い、太陽をモチーフにデザイン。太陽を中心に放射状に10枚の羽が伸びる形で未来を表現した[6]。なお、このロゴマークは西日本シティ銀行のTVCMの冒頭に挿入される。

九州・山口地区の地方銀行が金融持株会社に移行する例は、最大手で福岡銀行親和銀行熊本銀行らを傘下に持つふくおかフィナンシャルグループ、傘下に山口銀行北九州銀行第二地方銀行もみじ銀行を持つ山口フィナンシャルグループ肥後銀行鹿児島銀行の統合により2015年10月に誕生した九州フィナンシャルグループに続き4社目[7]

なお、西日本シティ銀行誕生前の協議段階では、2003年(平成15年)4月に、西日本銀行(当時)と福岡シティ銀行(当時)が持株会社を新設した上での再編を模索したが、経営効率化や環境の変化などを勘案し方針を転換。上記の合併に進んだことで持株会社構想は一度終焉している[8]

2020年以降、本店ビルの再開発にともない、当社の本部機構(西日本シティ銀行本店機能などを含む)を順次、西日本シティ銀行本店別館(旧西日本銀行本店ビル。西日本シティ銀行福岡支店が所在)に移設している(西日本シティ銀行本店営業部は、福岡支店内にブランチインブランチとされる)。本店別館も将来的な再開発が検討されている。

沿革[編集]

  • 2016年(平成28年)
    • 5月10日 - 西日本シティ銀行が持株会社制移行を表明。ならびに、新会社の社名を『西日本フィナンシャルホールディングス』とすることを発表。
    • 6月29日 - 西日本シティ銀行の株主総会が開催され、金融持株会社「西日本フィナンシャルホールディングス」を10月に設立する議案が提案され、賛成多数で可決された[9][10]
    • 9月28日 - 東京証券取引所・福岡証券取引所に上場していた西日本シティ銀行の株式が同日付を以て上場廃止。
    • 9月30日 - 金融庁、「西日本フィナンシャルホールディングス」の設立を認可[11]
    • 10月3日 - 西日本シティ銀行・長崎銀行・西日本信用保証の共同株式移転により、株式会社西日本フィナンシャルホールディングス設立。九州カード・西日本シティTT証券・NCBリサーチ&コンサルティング・九州債権回収の4社の株式を西日本シティ銀行から取得し、直接の子会社とする[12]

関連会社[編集]

長崎銀行・本店

連結子会社[編集]

持分法適用関連会社[編集]

  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データNCB

脚注[編集]

  1. ^ 連結子会社2社(株式会社長崎銀行、西日本信用保証株式会社)との共同株式移転方式による持株会社設立に関するお知らせ西日本シティ銀行
  2. ^ 西日本シティ銀、持ち株会社「西日本FH」設立発表日本経済新聞 2016年5月10日
  3. ^ 西日本FHの上場承認産経新聞 2016年9月2日
  4. ^ 西日本FH10月3日発足 会長に久保田氏、社長は谷川氏産経ニュース 2016年5月11日
  5. ^ 西シ銀:持ち株会社移行へ 10月設立 毎日新聞 2016年5月10日
  6. ^ 西日本FH、10枚羽に込めた思いは…あす持ち株会社化で荒波に船出産経ニュース 2016年10月1日
  7. ^ 西日本FH、10月3日に発足読売新聞 2016年5月11日
  8. ^ 西日本シティ銀行誕生への道のり・29-35p 西日本シティ銀行合併史編纂委員会、2013年刊行。 2017年2月6日閲覧
  9. ^ 株主総会:九州・山口も 西シ銀・FH設立可決/宇部興産・英EU離脱「若干マイナス」/サニックス・赤字「おわび」毎日新聞 2016年6月30日
  10. ^ 経営統合「審査進んでいる」 ふくおかFG、株主総会で報告 産経ニュース 2016年6月30日
  11. ^ 西日本FHの設立を認可 傘下に西日本シティ銀と長崎銀 - 産経ニュース2016年9月30日
  12. ^ グループ内組織再編等に関するお知らせ

外部リンク[編集]