Niantic, Inc.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナイアンティック
現地語社名
Niantic, Inc.
種類
非公開会社
業種 情報通信業
事業分野 ビデオゲーム
設立 2010年
創業者 ジョン・ハンケ ウィキデータを編集
本社
主要人物
ジョン・ハンケ(CEO)
ウェブサイト https://nianticlabs.com/

Niantic, Inc.(ナイアンティック)は、アメリカ合衆国の企業である。モバイル機器を用いた位置情報アプリや位置情報ゲームを製作している。

2010年に設立された[1][2] 当初は、Google社内スタートアップNiantic Labs」(ナイアンティック・ラボ)であったが、2015年8月にGoogleから独立し[3]、現在の社名となった。

2015年10月16日、Google、任天堂ポケモンより最大3,000万ドル調達[4] し、2016年2月にフジテレビなどから500万ドルの追加資金を調達[5] している。

設立者のジョン・ハンケは、後のGoogle Earthにつながる地理ソフトを開発してGoogleに買収された「Keyhole英語版」(キーホール社)の共同設立者として、また、Google ストリートビュー及びGoogle マップへの参画によって有名である[2]

社名[編集]

ナイアンティックという社名は、カリフォルニア・ゴールドラッシュの際にニューイングランドからサンフランシスコにやってきた捕鯨船「ナイアンティック号」に由来する[2]。ニューイングランドのインディアン部族、ニアンティック族の名に由来するナイアンティック号は、金鉱探しで財を成したい人々を満載しており、サンフランシスコ到着後は乗客も船員も金鉱に行ってしまった。船員のいなくなった船が港に放置され、後から後から押し寄せる船の邪魔になったため、ナイアンティック号など多数の船が浅瀬に引き揚げられて周りを埋め立てられて倉庫やホテルなどに使われた。火災や開発などにより地上の船体は失われたが、船底の残骸はいまでもサンフランシスコの市街地の下に多数埋もれており、ナイアンティック号の船底は1978年に再開発中に地中から発見されている。ナイアンティックという社名はここから発想されたもので、今いる場所についてほとんどの人は知らない興味深い事実を、ネットなどを使って知る手助けを与えたいという理想から来ている[2]

Nianticの作成した拡張現実/位置情報ゲームである『Ingress』内においては、Niantic の名は、ストーリー中の架空の調査計画「Niantic Project」として登場する。

沿革[編集]

予定[編集]

  • 2014年、Niantic は、Endgame: Proving Ground英語版を、書籍や映画とあわせて公開する予定であると発表した。最初の書籍は Endgame: The Calling英語版である。 映画のタイトルは Endgame: Ancient Truthとなる予定である[1][9] が、その後はポケモンやハリー・ポッターとの共同開発が先に進んでおり、Endgame の開発は止まっている。
  • カタンの開拓者たち』を位置情報ゲーム化した『CATAN – World Explorers』を CATAN GmbH社が2019年10月24日に発表した。『カタンの開拓者たち』は世界で最も遊ばれているボードゲームのひとつとされており、Nianticが保有するAR技術を元に開発が進められていた。2020年7月から複数の地域でベータテストサービスを行っていたが、2021年9月になって2021年11月にサービスを停止することが発表された。

日本法人[編集]

株式会社ナイアンティック
Niantic, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0061
東京都港区北青山一丁目2番3号[10]
青山ビルヂング7階[10]
業種 情報・通信業
法人番号 1010401120782
代表者 代表取締役社長 村井説人
資本金 300万円
純利益 7115万5870円
(2020年12月31日時点)[10]
総資産 4億6982万1095円
(2020年12月31日時点)[10]
決算期 12月31日
外部リンク https://nianticlabs.com/ja/
テンプレートを表示

2015年に初の海外法人として日本で株式会社ナイアンティックが設立され、村井説人が初代代表取締役社長に就任した[11]。2018年には初の米国外開発拠点としてTokyo Studioが設立され、野村達雄が代表に就任した[12]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]