GMOフィナンシャルホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMO Financial Holdings, Inc.
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社コーポレートロゴ.gif
Tokyu Plaza Shibuya 2020.jpg
本社の入居する渋谷フクラス
種類 株式会社
機関設計 指名委員会等設置会社
市場情報
東証JQ 7177
2015年4月1日上場
略称 GMO-FH[1]
本社所在地 日本の旗 日本
150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
設立 2012年1月4日
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 9011001072077 ウィキデータを編集
事業内容 持株会社
代表者 高島秀行代表執行役会長
鬼頭弘泰(代表執行役社長
資本金 705,580,700円(2020年9月30日現在)
発行済株式総数 117,909,153株(2021年3月10日現在)
純資産 連結394億74百万円
(2020年12月期第3四半期)
総資産 連結6688億15百万円
(2020年12月期第3四半期)
従業員数 143人
決算期 毎年12月31日
主要株主 GMOインターネット 62.94%
大和証券グループ本社 9.41%
(2020年9月30日現在)
主要子会社 GMOクリック証券
FXプライムbyGMO
外部リンク https://www.gmofh.com/
テンプレートを表示

GMOフィナンシャルホールディングス株式会社(ジーエムオーフィナンシャルホールディングス、GMO Financial Holdings, Inc.)は、GMOインターネットグループの金融持株会社である。

概要[編集]

事業会社として傘下にGMOクリック証券FXプライムbyGMOなどを有する。

2016年6月、親会社であるGMOインターネットは、ネット銀行事業進出に際して、従来あおぞら銀行の完全子会社であったあおぞら信託銀行(現・GMOあおぞらネット銀行)の第三者割当増資を引き受け、議決権割合で14.9%の株式を取得した。同年7月には、GMOインターネットの取得した株式の半数が当社に譲渡され、GMOインターネットと当社がともに議決権割合7.45%の株式を保有することとなった。2018年7月に予定されているGMOあおぞらネット銀行によるネット銀行事業開始の5年後までには、現在あおぞら銀行に割り当てられているGMOあおぞらネット銀行の種類株が、GMOインターネットまたは当社に譲渡される予定である。さらに関係当局の認可が得られれば、種類株を普通株に転換することにより、GMOあおぞらネット銀行はあおぞら銀行とGMOインターネットグループ(当社含む)の折半出資となる見込みである[2][3]

当社の参画は、既存の子会社であるGMOクリック証券など、グループ既存の金融事業との連携も視野に入れたものとされている。

沿革[編集]

  • 2012年1月4日 - GMOクリック証券株式会社が株式移転により、持株会社GMOクリックホールディングス株式会社を設立。GMOクリック証券はGMOクリックホールディングスの100%子会社となる。
  • 2012年1月 - GMOクリック証券の子会社であった株式会社シェアーズ及びGMOクリック・インベストメント株式会社を直接の子会社とする。
  • 2012年8月 - シェアーズを吸収合併。
  • 2012年8月 - GMOクリック証券の子会社であったGMO CLICK HONG KONG LIMITED(現・GMO-Z.com Forex HK Limited)を直接の子会社とする。
  • 2012年9月 - FXプライム株式会社(現・株式会社FXプライムbyGMO)に対し株式公開買付けを実施し、同社の77.92%の株式を取得し子会社化。
  • 2012年10月 - 英国に子会社GMO CLICK UK LIMITED(現・GMO-Z.com Trade UK Limited)を設立。
  • 2014年1月 - 香港に子会社GMO CLICK Bullion Limited(現・GMO-Z.com Bullion HK Limited)を設立。
  • 2015年3月 - GMOクリック・インベストメントの全株式を、マンション販売・旅館運営を手がける不動産会社FJネクストに譲渡[4]
  • 2015年4月 - 株式交換により、FXプライムbyGMOを完全子会社化。FXプライムbyGMOに代わりジャスダックテクニカル上場
  • 2015年10月 - 業務提携を視野に大和証券グループ本社が株式の9.6%をGMOインターネットから譲受[5]
  • 2016年7月 - あおぞら信託銀行(現・GMOあおぞらネット銀行)の株式の7.45%(議決権割合)をGMOインターネットから譲受[2]
  • 2017年10月 - GMOフィナンシャルホールディングス株式会社に商号変更[6]
  • 2021年5月25日 - ヤフー株式会社の完全子会社であるワイジェイFX株式会社の全株式をヤフーから譲受、株式譲渡価格は約288億円。これに伴い、ワイジェイFXは2021年9月27日に商号を「外貨ex byGMO株式会社」に変更する予定[7]

関連会社[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 基本情報 2021年3月10日閲覧
  2. ^ a b あおぞら信託銀行株式会社とのインターネット銀行の共同運営に関する資本提携のお知らせ
  3. ^ 社名変更ならびにインターネット銀行事業開始時期についてのお知らせ
  4. ^ GMOクリック・インベストメント株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ (PDF) - エフ・ジェー・ネクスト、IRニュース (2015年1月27日配信、2015年9月4日閲覧)
  5. ^ 株式会社大和証券グループ本社による当社株式の一部取得並びに 株式会社大和証券グループ本社及び大和証券株式会社との業務提携を検討する旨の覚書締結のお知らせ
  6. ^ 商号の変更に関するお知らせ (PDF) - GMOクリックホールディングス (2017年5月23日配信、2017年10月1日閲覧)
  7. ^ ワイジェイFX株式会社の株主変更に関するお知らせ - ワイジェイFX株式会社(2021年5月25日配信、2021年8月25日閲覧)

参考資料[編集]

  • GMOクリックホールディングス株式会社コーポレート・ガバナンス報告書(2015年7月)(東京取引所 - 閲覧)

外部リンク[編集]