コンテンツにスキップ

オチビサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オチビサン
漫画
作者 安野モヨコ
出版社 朝日新聞出版
掲載誌 朝日新聞
AERA
発表号 AERA
2014年5月5日・12日合併号 - 2019年12月23日号
発表期間 朝日新聞
2007年4月 - 2014年3月
AERA
2014年4月28日[1] - 2019年12月16日[2]
巻数 全10巻
アニメ
原作 安野モヨコ
監督 鬼塚大輔、釣井省吾
シリーズ構成 スタジオカラー
脚本 スタジオカラー
音楽 神前暁
アニメーション制作 スタジオカラー
製作 NHK、豆粒町内会
放送局 NHK総合
放送期間 2023年10月8日 - 2024年3月31日
話数 全24話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

オチビサン』は、安野モヨコによる漫画作品。『朝日新聞』にて、2007年4月から2014年3月まで連載[3]。その後、『AERA』(朝日新聞出版)に移籍し、2014年5月5日・12日合併号から2019年12月23日号まで連載された[1][2]。単行本は全10巻。

概要

[編集]

主人公・オチビサンを中心に、日本の四季の移ろいと生活を描く、フルカラーの1ページ漫画。ほのぼのしたストーリー、やわらかな色彩(ポショワール[1])で人気を集めた。

『朝日新聞』では毎週月曜の生活面に掲載。単行本第1巻〜第4巻には、リチャード・バーガーによる英訳も収録。

『AERA』版では着色は水彩画風(和紙に線画をコピーし、手作業でマスキングして、版画する)に変更されたが、その後再びポショワール技法へと変更された。

内容

[編集]

明るく元気なオチビサンは、いつも遊びに大忙し。仲良しで読書家の犬・ナゼニ、食いしん坊のパンくいや猫の「落書きジャック」、背筋のぴんと伸びたおじい、ふしぎな友達シロッポイ、迷子のうさぎのアカメちゃん、へびくん……鎌倉のどこかにある豆粒町(まめつぶちょう)には、ゆかいな仲間がいっぱい。春はお花見、夏はアサガオ観察、秋はどんぐり拾い、冬はおしくらまんじゅう。ささやかながら確かな幸せが、そこにはある。

書誌情報

[編集]
  • 安野モヨコ『オチビサン』 朝日新聞出版、全10巻
    1. 2008年8月20日発売[4]ISBN 978-4-02-250464-7
    2. 2009年8月7日発売[5][6]ISBN 978-4-02-250625-2
    3. 2010年8月6日発売[7][8]ISBN 978-4-02-250772-3
    4. 2011年8月19日発売[9]ISBN 978-4-02-250888-1
    5. 2012年12月20日発売[10]ISBN 978-4-02-251005-1
    6. 2014年1月21日発売[11]ISBN 978-4-02-251130-0
    7. 2014年11月20日発売[12]ISBN 978-4-02-251233-8
    8. 2016年9月7日発売[13]ISBN 978-4-02-251385-4
    9. 2019年7月5日発売[14]ISBN 978-4-02-251629-9
    10. 2021年6月18日発売[15]ISBN 978-4-02-251690-9

絵本

[編集]

安野モヨコによる描き下ろしで『オチビサンのひみつのはらっぱ』が講談社から2014年5月28日に発売された[16]。文は松田素子が担当した[16]

  • 原作・絵:安野モヨコ、文:松田素子 『オチビサンの ひみつの はらっぱ』 講談社〈講談社の創作絵本〉、2014年5月28日発売[17]ISBN 978-4-06-132575-3

テレビ

[編集]

てれび絵本

[編集]

NHK Eテレてれび絵本』の題材として2014年5月より季節に合わせて「春編」「夏編」「秋編」「冬編」と1年に渡り全8回(各季節につき前後編の2回シリーズ)、2015年2月には派生絵本作品「オチビサンのひみつのはらっぱ」を前後編2回、年間10回シリーズで放送された。ナレーションは安田成美が、音楽は日下義昭がそれぞれ担当した[18]

テレビアニメ

[編集]

2023年10月8日(7日深夜)から2024年3月31日(30日深夜)まで、NHK総合で5分枠のショートアニメとして、土曜日付けミッドナイトチャンネル枠の長編アニメーション枠(25-30分)に続く5分枠(ただし2023年10月は24時丁度から放送)で放送された[19][20]

キャスト

[編集]

スタッフ

[編集]
  • 原作 - 安野モヨコ[19]
  • 監督 - 鬼塚大輔、釣井省吾[19]
  • 演出 - 吉邉尚希、新子太一、小林彩、どろみず[19]
  • CGアニメーションディレクター - 石川将輝、山内智史、給田洋[19]
  • 3Dキャラクターモデリング - 若月薪太郎、山内研、鈴木貴志、齋藤弘光[19]
  • 美術 - 矢口聖奈[19]
  • 色彩設計 - 平塚のぞみ[19]
  • 撮影監督 - 酒井淳子[19]
  • 編集 - 木村佳史子[19]
  • 映像技術 - 藤森康平
  • 音響監督 - 山田陽[19]
  • 効果 - 野崎博樹[19]
  • 録音 - 鶴巻慶典[19]
  • 音楽 - 神前暁[19]
  • 制作統括 - 坂田淳、土橋圭介、奥田誠治、三上義之、緒方智幸
  • プロデューサー - 寺西史、川島正規
  • アニメーションプロデューサー - 桑原誠
  • シリーズ構成・脚本・アニメーション制作 - スタジオカラー[19]
  • 制作・著作 - NHK、豆粒町内会(NHKエンタープライズ松竹東北新社、スタジオカラー)[19]

主題歌

[編集]
「ロマンティーク」[21]
森山直太朗の作曲・歌唱による主題歌。作詞は内田也哉子

各話リスト

[編集]
話数画コンテ演出初放送日
第1話新垣れいみ吉邉尚希2023年
10月8日
第2話どろみず10月22日
第3話松井祐亮10月29日
第4話岩本晶11月5日
第5話吉邉尚希11月12日
第6話梅津朋美11月19日
第7話新垣れいみ11月26日
第8話赤羽祐香12月10日
第9話岩本晶12月17日
第10話梅津朋美12月24日
第11話鬼塚大輔2024年
1月7日
第12話吉邉尚希1月14日
第13話釣井省吾小林彩1月21日
第14話どろみず1月28日
第15話2月4日
第16話らっパル2月11日
第17話どろみず2月18日
第18話2月25日
第19話新垣れいみ新子太一3月3日
第20話どろみず3月10日
第21話らっパル3月17日
第22話岩本晶3月24日
第23話梅津朋美3月31日
第24話吉邉尚希

放送局

[編集]

NHK総合にて2023年10月8日(7日深夜)午前0:00 - 0:05より初回放送を開始し、以降土曜深夜のミッドナイトチャンネルの長編アニメ枠(25-30分)に続く形で2024年3月31日(30日深夜)まで随時放送された[20]

日本国内 インターネット / 配信期間および配信時間[20]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2023年10月11日 水曜 12:00 更新
2023年10月17日 火曜 0:00 更新
火曜 12:00 更新
  • HAPPY☆動画
火曜 18:00 更新
2023年10月19日 木曜 12:00 更新
  • ふらっと動画

BD

[編集]
発売日[22] 収録話 規格品番
2024年5月29日 第1話 - 第24話 SHBR-0729

日本アニメ(ーター)見本市

[編集]

日本アニメ(ーター)見本市の第18話として2015年4月17日に公開された[23]。監督・脚本は川村真司[23]、作画アニメーションはスタジオカラー、ストップモーションはドワーフ、音楽はインビジブルデザインズラボ、制作は太陽企画

コラボレーション

[編集]

日本全国の松竹マルチプレックスシアターズ(SMT)系映画館では、2023年12月8日から2024年3月28日までの期間限定で、スタジオカラー制作の3DCGアニメによる『オチビサン』の劇場マナーCMが上映される[24]

脚注

[編集]
  1. ^ a b c 安野モヨコ「オチビサン」AERAで始動、新たな着彩方法で”. コミックナタリー. ナターシャ (2014年4月28日). 2023年9月9日閲覧。
  2. ^ a b AERA [@AERAnetjp] (2019年12月16日). "2014年5月5日-12日合併号から、5年半以上、281回を数えた連載「オチビサン」が本日発売のAERA2019年12月23日号で最終回となりました。オチビサンを読むときだけは、時間の流れが少しゆっくりになりました。 安野モヨコ先生、ご愛読いただいたみなさま、長い間、ありがとうございました。". X(旧Twitter)より2023年9月9日閲覧
  3. ^ 安野モヨコ(インタビュアー:坂本真子)「オチビサンと歩んだ7年 安野モヨコさんインタビュー」『朝日新聞デジタル』、朝日新聞社、2014年3月30日https://www.asahi.com/sp/articles/ASG3W6DKFG3WUCLV00R.html2023年9月9日閲覧 
  4. ^ オチビサン 1巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  5. ^ 安野モヨコ、現在唯一の連載作品「オチビサン」2巻発売”. コミックナタリー. ナターシャ (2009年8月7日). 2023年9月9日閲覧。
  6. ^ オチビサン 2巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  7. ^ 安野モヨコ「オチビサン」グッズ続々、3巻は本日発売”. コミックナタリー. ナターシャ (2010年8月6日). 2023年9月9日閲覧。
  8. ^ オチビサン 3巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  9. ^ オチビサン 4巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  10. ^ オチビサン 5巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  11. ^ オチビサン 6巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  12. ^ オチビサン 7巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  13. ^ オチビサン 8巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  14. ^ オチビサン 9巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  15. ^ オチビサン 10巻”. 朝日新聞出版. 2023年9月9日閲覧。
  16. ^ a b 安野モヨコ「オチビサン」の絵本、全ページ試し読み公開中”. コミックナタリー. ナターシャ (2014年5月27日). 2023年9月9日閲覧。
  17. ^ 『オチビサンの ひみつの はらっぱ』(安野 モヨコ,松田 素子)”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2023年9月9日閲覧。
  18. ^ オチビサンがEテレ「てれび絵本」に、読み手は安田成美”. コミックナタリー. ナターシャ (2014年4月2日). 2023年9月9日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 安野モヨコ先生の漫画『オチビサン』が、スタジオカラー制作でTVアニメ化|塙真奈美さん、岡本信彦さん、井澤詩織さんら出演声優が解禁”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2023年9月8日). 2023年9月9日閲覧。
  20. ^ a b c 放送・配信情報”. オチビサン. 2023年10月18日閲覧。
  21. ^ 森山直太朗×内田也哉子がアニメ「オチビサン」の主題歌担当”. 音楽ナタリー. ナタリー (2023年9月27日). 2023年9月27日閲覧。
  22. ^ ブルーレイ”. オチビサン. 2024年2月10日閲覧。
  23. ^ a b 高橋克則 (2015年4月18日). “安野モヨコ「オチビサン」はコマ撮りアニメ 日本アニメ(ーター)見本市第18弾”. アニメ!アニメ!. イード. 2023年9月9日閲覧。
  24. ^ 野澤佳悟「スタジオカラー制作「オチビサン」がSMTの映画館マナーCMに登場」『AV Watchインプレス、2023年12月8日。2023年12月11日閲覧。

外部リンク

[編集]