スカパーJSATホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社スカパーJSATホールディングス
SKY Perfect JSAT Holdings Inc.
赤坂インターシティAIR.jpg
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
東証1部 9412
2007年4月2日上場
略称 スカパJH、SJHD
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂一丁目8番1号
赤坂インターシティAIR
北緯35度40分12.2秒 東経139度44分33.7秒 / 北緯35.670056度 東経139.742694度 / 35.670056; 139.742694座標: 北緯35度40分12.2秒 東経139度44分33.7秒 / 北緯35.670056度 東経139.742694度 / 35.670056; 139.742694
設立 2007年4月2日
業種 情報・通信業
法人番号 5010401077210 ウィキデータを編集
事業内容 電気通信・放送等企業グループの管理運営
代表者 代表取締役会長 高田真治
代表取締役社長 米倉英一
資本金 100億円
(2020年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 2億9700万7848株
(2020年3月31日現在)[1]
売上高 連結: 1395億4100万円
単独: 59億4800万円
(2020年3月期)[1]
営業利益 連結: 152億6300万円
単独: 51億1500万円
(2020年3月期)[1]
経常利益 連結: 160億8800万円
単独: 51億4400万円
(2020年3月期)[1]
純利益 連結: 120億0900万円
単独: 53億3400万円
(2020年3月期)[1]
純資産 連結: 2289億4300万円
単独: 1604億7800万円
(2020年3月31日現在)[1]
総資産 連結: 3783億6700万円
単独: 1819億9200万円
(2020年3月31日現在)[1]
従業員数 連結: 884人
単独: 27人
(2020年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ[1]
主要株主 伊藤忠・フジ・パートナーズ[2] 25.78%
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ 8.77%
日本テレビ放送網 7.03%
東京放送ホールディングス 6.21%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 4.59%
日本トラスティ・サービス信託銀行三井住友信託銀行再委託分・三井物産退職給付信託口) 4.51%
住友商事 3.75%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 3.18%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口9) 1.99%
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT 1.64%
(2020年5月31日現在)[1]
主要子会社 スカパーJSAT 100%
スカパー・エンターテイメント 100%
スカパー・ブロードキャスティング 100%
外部リンク https://www.skyperfectjsat.space/
特記事項:設立時の商号はスカパーJSAT株式会社(初代)、2008年6月27日より現商号
テンプレートを表示

株式会社スカパーJSATホールディングス(スカパージェイサットホールディングス、: SKY Perfect JSAT Holdings Inc.[3])は、放送・通信企業の集合体「スカパーJSATグループ」を統括する持株会社(純粋持株会社)。伊藤忠商事、および同社とフジ・メディア・ホールディングスが出資する伊藤忠・フジ・パートナーズの持分法適用関連会社である。

沿革[編集]

  • 2006年10月26日 - 株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(以下「スカパー」)及びJSAT株式会社、持株会社の設立による経営統合の基本合意を発表。
  • 2007年
    • 2月9日 - スカパー、JSAT個々に臨時株主総会を開催し経営統合を決議。
    • 3月27日 - スカパー及びJSAT、ともに東証1部上場を廃止。
    • 4月2日 - スカパー及びJSAT、株式移転によりスカパーJSAT株式会社(初代)を設立、両社はその完全子会社となり、スカパーJSATは東証1部へ上場。
    • 9月18日 - 本社を東京都千代田区丸の内から港区赤坂一丁目(第35興和ビル)へ移転、同月25日までにグループ内の多くの企業を本社ビルに集約。
  • 2008年
    • 3月31日 - JSATと競合関係にあった、宇宙通信株式会社の発行済株式97%を取得、同社を連結子会社とする。
    • 6月27日 - 商号をスカパーJSAT株式会社から株式会社スカパーJSATホールディングスへ、本店を東京都千代田区有楽町から現本社所在地へそれぞれ変更。
    • 10月1日 -
      • スカパーの衛星放送子会社であった株式会社スカパー・ブロードキャスティング、マルチチャンネルエンターテイメント株式会社(現・株式会社スカパー・エンターテイメント)、株式会社eTENを、 吸収分割によりスカパーJSATホールディングスの直接子会社とする。
      • 宇宙通信の発行済株式を3%を三菱商事から取得により完全子会社化。
      • 基幹事業子会社の宇宙通信、JSAT、スカパーが合併、その存続法人となったスカパーは商号変更しスカパーJSAT株式会社に。持株会社の本企業が設立時に使用したものと同名であり、合併後の基幹事業子会社は、2代目のスカパーJSAT株式会社となった。
  • 2010年4月1日 - 子会社のスカパー・ブロードキャスティングとeTENが合併し、スカパー・ブロードキャスティングが存続会社となる。
  • 2014年
    • 8月6日 - 筆頭株主が伊藤忠商事退職給付信託口から伊藤忠商事が設立した完全子会社のITCパートナーズ株式会社へ異動。
    • 8月27日 - ITCパートナーズにフジ・メディア・ホールディングスが現物出資し、社名を伊藤忠・フジ・パートナーズ株式会社に変更。同社の出資比率が22.2%となり、同社および同社の親会社である伊藤忠商事がその他の関連会社となる。
  • 2017年12月25日 - 本社並びに同居するグループ企業を港区赤坂一丁目の第35興和ビルから近隣の赤坂インターシティAIRへ移転。

企業グループ[編集]

スカパーJSATホールディングスを頂点とするスカパーJSATグループは、おもに日本を重点としたアジア太平洋地域、及び北米大陸カリブ海周辺をカバーする合計十数機の通信衛星を保有し、売上ベースで世界第5位(アジア首位)の衛星系電気通信事業をベースとして、日本国内の放送分野において、唯一となる有料放送管理事業者のほか、衛星系及び有線系の放送事業者、コンテンツ管理・制作事業者などを擁している。

主な子会社[編集]

主要サービス等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 株式会社スカパーJSATホールディングス (2020-07-30). 第13期(2019年4月1日 - 2020年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 伊藤忠・フジ・パートナーズは伊藤忠商事が63%、フジ・メディア・ホールディングスが37%を出資。
  3. ^ 株式会社スカパーJSATホールディングス 定款 第1章第1条

関連項目[編集]

外部リンク[編集]