ジャスティン・ビーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャスティン・ビーバー
Justin Bieber
Justin Bieber in 2015.jpg
基本情報
出生名 Justin Drew Bieber
生誕 (1994-03-01) 1994年3月1日(25歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州ストラトフォード
ジャンル ポップR&Bティーンポップ[1][2][3]
職業 シンガーソングライター
ミュージシャン
音楽プロデューサー
俳優
ダンサー
投資家
担当楽器 ボーカル
ギター
ベース
ピアノ
キーボード
ドラム
スキンフルート[4]
活動期間 2008年 -
レーベル アイランド・レコード
ティーンアイランド・レコード
レイモンド・ブラウン・メディア・グループ英語版
スクールボーイ・レコード
Justin Bieber Signature

ジャスティン・ドリュー・ビーバーJustin Drew Bieber1994年3月1日[5][6] - )は、カナダポップミュージシャン俳優シンガーソングライター[1][3]である。

概要[編集]

YouTubeにおいて歌手活動を展開していたが、その活躍を(後にマネージャーとなる)スクーター・ブラウンに見出される[7]。ブラウンはアトランタでR&B歌手アッシャーとの面会を仲立ちした。彼はその面談の後すぐにRBMG[8]、アントニオ"L.A."リードがCEOを務めるアイランド・レコードとの契約を取り付けた[9]

2009年11月、7曲が収録されたデビューEP『My World』がリリースされ、アメリカでプラチナディスクに認定された。Billboard Hot 100においてデビューアルバムの7曲がチャートインしたのは、ジャスティン・ビーバーが初めてである[10]

2010年3月、スタジオ・アルバム『My World 2.0』がリリースされる。このアルバムは複数の国で初登場首位を獲得し、アメリカではプラチナディスクに認定された。デビューアルバムのリリースに引き続き、初めてのツアーであるMy World Tourを敢行した。また、リミックス・アルバム『My Worlds Acoustic』や『Never Say Never』をリリースし、自身の伝記映画となる「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」が公開された。

ジャスティン・ビーバーは世界的に支持されており、彼のファンは"Belieber(ビリーバー)"と呼ばれている。Twitterのフォロワーは1億人を超え、2012年にフォーブス誌が発表した「世界で最もパワフルなセレブ」で3位に選ばれた[11]

2018年11月24日、新聞「Vanguard」はシングルとアルバムの売り上げが1億4000万枚を超え、史上最も売れたアーティストの一人であると記載している[12]

生い立ち[編集]

1994年3月1日、オンタリオ州ロンドンの聖ヨセフ病院で生まれ[13][14]、オンタリオ州ストラトフォードで育った[15]。父ジェレミー・ビーバーと母パティ・マレットの間に生まれた。パティが妊娠したのは17歳の時であった。ジェレミーとパティは結婚しなかったが、息子の私的生活や職業生活について同じ目標があり親交を持ち続けた。パティは、母ダイアンと継父ブルースの助けを借りて息子を育てた[16]2012年9月には、パティの回顧録「Nowhere but Up: The Story of Justin Bieber's Mom」が出版された。この本は彼女が若い時のことや、息子との音楽業界でのキャリアを追ったものである。「トゥデイ」でのインタビューでも語ったように、周囲の人々が妊娠中絶を勧めながらも彼女はそれを拒否したことについて書かれている[17]。パティは、低賃金の事務で働きながら公営住宅に住み、シングルマザーとして息子を身一つで育てた。ジェレミーは、他の女性と再婚し二児をもうけたが、今でもジャスティンと連絡を取り合っている[18][19]

曾祖父はドイツ人であり、父はイギリス人とアイルランド人の血統を受け継いでいる[20][21]。また母はフランス系カナダ人ケベック人)である[22][23]。彼自身もストラトフォードのフレンチイマージョンを実施する小学校であるJeanne Sauvé Catholic Schoolに通った[16]。過去に、自分にはインディアンの血が流れていると発言したことがある[24]

ホッケー、サッカー、チェスに興味を持つ一方、周囲の人には音楽への憧れを明かさないでいた[18]。成長すると独学でピアノ、ドラム、ギター、トランペットを演奏するようになった[15][25]。2007年の初め、12歳のときに地元ストラトフォードのコンテストでNe-Yoの「So Sick」を歌い2位を獲得した[25][26]。パティは親族や友人に見せるためにYouTubeにその動画を投稿した。それからもさまざまなR&Bの歌をカバーした動画を投稿し続け、注目を集めていった[27]

経歴[編集]

2008 - 2009年:初期のキャリア、My World[編集]

並外れた歌唱力を持つ歌手の動画を探し求めていた元So So Defマーケティング担当役員のスクーター・ブラウンは、ほんの偶然に2007年のビーバーの動画をクリックした。それに感動したブラウンはビーバーが歌っていた場所、学校を突き止め、ついにパティとの接触に成功した。しかしブラウンはユダヤ人であったため彼女はあまり気乗りせず、「神様、息子をあなたに捧げます。だから、クリスチャンの人を、クリスチャンのレーベルの人を、遣わしてください!...ユダヤ人にジャスティンを預けることなど、お望みではないでしょう?」と祈った[18]。しかし、教会の長老たちとの祈りのあとに彼らからの激励を受け入れ、デモテープを作成するためにアトランタへ飛ぶことを許可した[18][28]。そのときビーバーは13歳であった[27]。到着してから1週間後には、R&Bシンガーソングライターのアッシャーに歌を披露した。

ビーバーはすぐにアッシャーとブラウンの合弁会社RBMGと契約を結んだ[8]ジャスティン・ティンバーレイクもまたビーバーとの契約を希望したが、アッシャーとの契約争奪戦に負けてしまったと伝えられた[8][29]。アッシャーがレーベルを探すことにおいてマネージャーのクリス・ヒックスに援助を求めたところ、ヒックスはアイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループの会長アントニオ"L.A."リードにオーディションを行うようにコンタクトをとってくれた[30]。2008年10月、リードはビーバーと契約を結び(これがRBMGとアイランド・レコードの合弁事業を生むこととなる)、ヒックスをビーバーのレーベルにおいての仕事を管理するデフ・ジャム・レコードの副社長に任命した[9][8][27][30]。その時点でビーバーとパティはアトランタに仮住まいし、レコーディングやブラウンからの助言を受けるためにアッシャーやブラウンの家に行った[8]。ブラウンはビーバーのマネージャーとなった[27]

ビーバーのファーストシングル「One Time」は、まだ彼がデビューアルバムをレコーディングしている最中にリリースされた[31]。この曲は2009年7月に発売初週でCanadian Hot 100で12位を獲得し[27]Billboard Hot 100においては最高17位を獲得した。2009年秋には世界市場で成功を収めた[32]。またこの曲はカナダとアメリカでプラチナディスクに、オーストラリアとニュージーランドでゴールドディスクに認定された[33][34][35]。2009年11月17日、ファーストEP『My World』がリリースされた。セカンドシングル「One Less Lonely Girl」とプロモシングル「Love Me」、「Favorite Girl」がiTunes Storeでリリースされ、Billboard Hot 100で40位以上を記録した[32]

その後も「One Less Lonely Girl」がラジオで流され、カナダとアメリカでは最高15位を獲得し、後にゴールドディスクに認定された[32]。そしてついに『My World』がアメリカでプラチナディスクに、カナダとイギリスでダブルプラチナディスクに認定された[36][37][38]。アルバムのプロモーションのためmtvUのVMA 09 Tour、ドイツのテレビ番組「The Dome」、YTVの「The Next Star」、「トゥデイ[39][40]、「The Wendy Williams Show」、「Lopez Tonight」、「エレンの部屋」、「It's On with Alexa Chung」、「グッド・モーニング・アメリカ」、「Chelsea Lately」、BETの「106 & Park」に出演し数多くのライヴを行った。「106 & Park」では歌手のリアーナと共演を果たした。2009年後期には、シットコム「True Jackson, VP」にゲスト出演した[41]

「Christmas in Washington」の収録のため、ビーバーはホワイトハウスで米大統領バラク・オバマとファーストレディミシェル・オバマスティービー・ワンダーの「Someday at Christmas」を歌った。これは2009年12月20日にTMTで放送された[42]。また、2009年12月31日に「Dick Clark's New Year's Rockin' Eve with Ryan Seacrest」に出演した。2010年1月31日、ビーバーは第52回グラミー賞のプレゼンターを務め、またハイチ地震による被災者支援のために、25周年となった「We Are The World」のリメイクのレコーディングに参加した。ビーバーはオリジナルではライオネル・リッチーが歌った歌い出しを歌った[43]

2010年3月12日、Young Artists For Haitiとして知られているカナダのアーティストたちがK'Naanの「Wavin' Flag」をリメイクした。ビーバーも参加し、歌い終わりを歌った[44]

2010 - 2011年:My World 2.0Never Say NeverUnder the Mistletoe[編集]

2010年1月、リュダクリスをフィーチャーしたデビューアルバム『My World 2.0』のリードシングル「Baby」がリリースされ、世界中で大ヒットした。Billboard Hot 100では5位を獲得し、いくつかの国で10位以上を記録した[32]。また、プロモシングル「Never Let You Go」、「U Smile」は30位以上を記録し、カナダでは20位以上を記録した[32]。レビュー集約サイトMetacriticによるこのアルバムの評価は、「Generally favorable reviews」であった[45]Billboard 200では初登場首位を獲得し、男性ソロシンガーが同チャートで首位を記録するのは1963年のスティービー・ワンダー以来の快挙であった[46]。また、このアルバムはCanadian Albums Chart、Irish Albums Chart、ARIAチャートNew Zealand Albums Chartで初登場首位を獲得し[32]、その他に15ヶ国で10位以上を記録した[47][48]

アルバムのプロモーションのため、ビーバーは「ザ・ビュー」、第23回キッズ・チョイス・アワード、「ナイトライン」、「レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」、「The Dome」、「106 & Park」を含む生放送番組に出演した[49]。ビーバーはシングル「Eenie Meenie」でショーン・キングストンとコラボレーションしデビューアルバムに収録された。この楽曲はイギリスとオーストラリアで10位以上を記録し、その他の国々で20位以上を記録した。2010年4月10日、ビーバーはサタデー・ナイト・ライブに音楽ゲストとして出演した[50]。2010年7月4日には、ニューヨークで行われたMacy's Fourth of July Fireworks Spectacularでパフォーマンスをした[51]。2010年4月、『My World 2.0』のセカンドシングル「Somebody to Love」がリリースされ、2010年6月23日にはメンターであるアッシャーをフィーチャーしたリミックスがリリースされた。ビーバーはアルバム『My World』、『My World 2.0』のプロモーションのため、コネチカット州ハートフォードでスタートされた初めての公式ツアーMy World Tourを行った[52]。2010年7月、ビーバーは最もネット検索されたセレブであると発表された[53]。同月ミュージックビデオ「Baby」がレディー・ガガバッド・ロマンスの記録を破り最も再生された動画となったと同時に、最も低評価が多い動画となった[54]。2012年11月までこの記録が破られることはなかった。2010年9月、ソーシャルネットワーキングサイトの社員によると、Twitter上でのトラフィックの3パーセントがビーバーへのツイートを占めていると報じられた[55]

デビュー当時の象徴的なモップヘアーのジャスティン(2010年)

2010年7月、ビーバーはニューヨークでセカンドアルバムのレコーディングを始めた[56]。このとき変声期のためにファーストアルバムをレコーディングしたときよりも声が低くなっていた。2010年4月、ビーバーは「誰もが声変わりするものだよ。変声期は自然なもので、今は僕の声に必要なことをやっているし、世界で一番のヴォーカルコーチがついているんだ。(中略)「Baby」で出していた高音のいくつかはもう出せない。生歌のときにはキーを下げなくちゃいけないんだ。」と語った[57]。ビーバーは2010年9月23日に放送されたCBSの犯罪ドラマ「CSI:科学捜査班」のシーズンプレミアにゲスト出演し、「兄弟に関連した難しい決断を迫られる問題を抱えたティーンエイジャー」を演じた。また、彼の役は連続爆破事件を起こす問題児でもある。2011年2月17日に放送されたその後のエピソードでは、そのキャラクターが殺されてしまう[58]。2010年9月12日、2010 MTV Video Music Awardsで「U Smile」、「Baby」、「Somebody to Love」のメドレーを披露し、少しだけドラムを演奏した[59]。2010年10月、アコースティックアルバム『My Worlds Acoustic』をリリースすることを発表した[60]。このアルバムはアメリカのブラックフライデーにリリースされ、前作のアルバムの楽曲のアコースティックバージョンと新曲の「Pray」が収録された[61]

2011年2月11日、青春映画「ステップ・アップ3」の監督ジョン・M・チュウによる3D上映の伝記映画「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」が公開された。3105の映画館での公開初日の推定興行収入は1240万ドルであった[62]。この映画は1週間で3030万ドルの総収益を上げ、3100万ドルの総収益を上げたロマンティックコメディ「ウソツキは結婚のはじまり」とは僅差であった[63]。また、音楽ドキュメンタリーとして歴代記録を保持していたマイリー・サイラスの2008年の3D映画「ハンナ・モンタナ ザ・コンサート 3D」が上げた総収益3110万ドルとほぼ一致して、映画産業においての期待を上回った[64]。この映画の総合興行収入は世界中で98,441,954ドルであった[65]。2011年2月14日にはセカンドリミックスアルバム「Never Say Never: The Remixes」がリリースされ、マイリー・サイラスクリス・ブラウンカニエ・ウェストなどをフィーチャーしたデビューアルバムの楽曲のリミックスが収録された[66]

2011年6月、フォーブス誌による「30歳未満で最も稼いでいるセレブ」のリストで2位に輝いた。彼はリスト上の9人の歌手のうちで最も若く、1年間で5300万ドルを稼いだ[67]。2011年11月1日、セカンドスタジオアルバム『Under the Mistletoe』をリリースした。このアルバムはBillboard 200で初登場首位を獲得し、発売初週に21万枚を売り上げた[68]

2012 - 2013年:Believe[編集]

2011年末、ビーバーはサードスタジオアルバム『Believe』のレコーディングを始めた。このアルバムに先駆け、ニューシングルが2012年3月にリリースされることを2012年2月22日にTwitterで発表した[69]。翌週には「エレンの部屋」に出演し、ニューシングルの曲名が「Boyfriend」であること、またそれが2012年3月26日にリリースされることを発表した[70]。この曲はMike Posnerと共に作られた[71]。また、Billboard Hot 100では初登場2位を獲得。デジタル配信では累計521,000ダウンロードを達成し、発売初週で史上2番目に多いダウンロード数となった[72]。ビルボードのBill Werdeは、ビーバーが初登場首位を獲得できなかったことについて、楽曲がiTunes Storeでしか入手できずApple Storeを利用しない者への購入手段を制限したからであると言及した[73]。「Boyfriend」はビーバーにとって初めてCanadian Hot 100で首位を獲得した曲となり、そのまま1週間首位をキープした[72]

「Believe Tour」でのJB (2012年)

2012年6月19日、アイランド・レコードからサードスタジオアルバム「Believe」がリリースされた。このアルバムは前作のティーン・ポップからの逸脱を示し、ダンス・ポップR&Bを取り入れたものである。より成熟したサウンドを磨き上げることを決心し、ビーバーは長年の共同制作者だけでなく、ロドニー・ジャーキンスHit-Boyディプロマックス・マーティンを含む幅広い都会派プロデューサーと共にアルバム制作を行った。エンターテインメント・ウィークリー誌はビーバーの進化を称賛し、このアルバムを「改革と復帰」と呼んだ[74]ローリング・ストーン誌はアルバムに基づき、より低い声と激しいビートについて言及したが、それは彼の見違えるほどの性成熟を婉曲に表現した皮肉であった[75]。このアルバムはBillboard 200で初登場首位を獲得し、彼の4枚目の首位を獲得したアルバムとなった[76][77][78]。また、カナダでは発売初週で57,000枚を売上げ、Canadian Albums Chartで首位を獲得した[79]

2012年9月、アルバムのプロモーションのためにアリゾナ州グレンデールでBelieve Tourが始まった[80][81]。2012年12月14日、ビーバーは「エレンの部屋」に出演し、アコースティックアルバム『Believe Acoustic』を発売予定であるということを発表し[82]、2013年1月29日にリリースされた。彼はTwitterで、2013年のいつかにホスト、音楽ゲストとして「サタデー・ナイト・ライブ」に出演するであろうと述べ[83]、2013年2月9日に出演した。2013年3月7日、ビーバーはO2アリーナでのコンサート中に呼吸困難に陥った後ステージ裏で卒倒し、病院へ運ばれた[84][85]。ビーバーは、2013年3月12日にポルトガルはリスボンのアトランティコ・パビリオンで開催予定であった2日目のコンサートをチケット販売不振のためキャンセルした。1日目の11日の公演は予定通り開催された[86]。2013年8月中旬、マイケル・ジャクソンの未発表曲「Slave the Rhythm」にビーバーのボーカルを加えた音源がネット上にリークされた[87]。その後、ラッパーのリル・トゥイストがビーバーとマイリー・サイラスをフィーチャーした「Twerk」の音源もリークされた[88]

2013年 - 2014年:Music Mondays、Believe 3D、2枚目のコンピレーション・アルバム[編集]

2013年10月3日、クリスマスに公開される伝記映画「Believe 3D」に先駆け、「Music Mondays」と題し10週間にわたって毎週月曜日に2012年に書き留めた新曲をリリースする企画を行うことを発表した。2013年10月7日、Music Mondays第1弾となるシングル「Heartbreaker」がリリースされた。第2弾の「All That Matters」は10月14日、第3弾の「Hold Tight」は10月21日、第4弾の「Recovery」は10月28日、第5弾の「Bad Day」は11月4日、第6弾の「All Bad」は11月11日、第7弾の「PYD (feat. R. Kelly)」は11月18日、第8弾の「Roller Coaster」は11月25日、第9弾の「Change Me」は12月2日、Music Mondays最後となる第10弾シングル「Confident (feat. Chance The Rapper)」は、12月9日にリリースされた。「Believe 3D」の監督は「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」に続きジョン・M・チュウが担当した。2013年12月23日にはMusic Mondaysでリリースされた全てを含む楽曲に新たな5曲を追加したアルバム『Journals』をデジタルダウンロードのみで発売した。2014年11月にオーストラリアの歌手コーディ・シンプソンをフィーチャーした「Home to Mama」をリリースした。

2015年 : Purpose[編集]

2015年2月、ジャックÜと共に「Where Are Ü Now」をリリースした。 この曲は、第58回グラミー賞でベストダンスレコーディングを受賞し[89]、自身初のグラミー賞受賞となった[90]。 また2015年3月には、カーリー・レイジェプセンのシングル「I Really Like You」のミュージックビデオに出演した。

2015年8月28日に、4枚目のスタジオアルバム『Purpose』からの1stシングルとして「What Do You Mean ?」というタイトルの新しいシングルをリリースした。この曲はティーンポップ、エレクトロニックダンスミュージック、そしてアコースティックR&Bの融合で、Billboard Hot 100で自身初の1位を記録したシングルとなった。また、同チャートで初登場1位を記録した最年少の男性アーティストとなり、ギネス世界記録を獲得した[91]。10月23日にはアルバムの2ndシングル「Sorry」をインスタントダウンロードとしてリリースし、Billboard Hot 100で初登場2位だった。 2016年1月23日付のチャートで1位に上がり、同チャートで1位になった2番目のシングルとなった。3rdシングル「Love Yourself」も米国で1位を記録し、ジャスティン・ティンバーレイクのアルバム「FutureSex / LoveSounds」(2006年/2007年)以来、アルバムから3曲で1位を手にした。2月12日には最初の4枚のアルバムが初めてレコードでリリースされた。

『Purpose』は2015年11月13日にリリースされ、Billboard Hot 200で初登場1位を記録し、そのチャートで初登場1位を記録した自身6番目のアルバムになった[92]。 このアルバムは2015年の4番目に売れたアルバムで、全世界の売上は310万枚だった[93]。 2017年6月時点で全米で450万枚以上、世界では1,300万枚以上のセールスを記録している[94]。その他にも様々な記録を残し、ギネス世界記録で8タイトル獲得した[95]。グラミー賞の「ベストダンスレコーディング」を受賞[96]。2015年11月11日に「Purpose World Tour」発表した。 ツアーは、2016年3月9日にワシントン州シアトルで開始されたが、2017年7月24日に「不測の事情」によりツアーの残りの日程をキャンセルした[97]。その後、自身のインスタグラムで精神的な問題が原因だと述べている[98]

2016年 - : DespacitoI don't care、Bad guy様々なコラボレーション[編集]

2016年・2017年は多くのアーティストとコラボレーションして曲を出した。2016年7月22日にメジャー・レイザーとMØと共に「Cold Water」をリリースした。この曲はBillboard Hot 100で初登場2位を記録した。8月にはDJ Snakeと「Let Me Love You」をリリースした。この曲はBillboard Hot 100で4位に達した。9月にはポスト・マローンと彼のデビューアルバム『Stoney』からの第4弾シングルとして「Deja Vu」をリリースした。2017年1月には、グラミーへの不信感から4部門にノミネートされていた第59回グラミー賞を欠席した[99]。4月16日、ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーは、ビーバーをフィーチャーした彼らの曲「Despacito」のリミックスをリリースした。この曲はビーバーがスペイン語で歌う初めての曲だった。 このリミックスはオリジナル版をBillboard Hot 100のトップ10にまで押し上げ、1996年の「恋のマカレナ」以来のほとんどスペイン語の曲でBillboard Hot 100のトップ10を獲得した曲となった[100]。7月18には全てのストリーミングサービスで計460億再生回数を記録し、史上最多の再生回数になった[101]。その他にも様々な記録を打ち立てた[102][103]

2017年4月28日にリリースされたDJキャレドのシングル「I'm the One」に、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパーリル・ウェインと共に参加した。この曲はBillboard Hot 100で1位になった。翌週には「Despacito」が1位になり、異なる楽曲で全米シングルチャート1位を2週連続で獲得した全米ビルボード史上初のアーティストとなった[104][105]。6月9日、デヴィッド・ゲッタとシングル「2U」をリリースした。8月17日にはブラッドポップとシングル「Friends」をリリースした。2018年1月には次のアルバムが完成するまで公の場には姿を現さないとして、3部門でノミネートされていた第60回グラミー賞に出席しなかった[106]。7月にリリースされたDJキャレドのシングル「No Brainer」に、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパーと共に参加した。

11月24日、新聞「Vanguard」より既に既婚であると報じられた[107]

2019年2月27日にはデビュー10周年企画として日本独自企画としてベスト盤「ザ・ベスト」が発売[108]

3月16日に自身の精神的な健康や妻・ヘイリーとの結婚生活を優先するため、音楽活動の休止を自身のインスタグラムで発表した[109]。復帰時期は未定だが、メッセージの後半で「可能な限り早く、最高のアルバムとともに戻ってくる」と述べている[110]

4月21日に行われたコーチェラ・フェスティバルアリアナ・グランデのステージにゲスト出演し、「Sorry」を披露した[111]

5月10日、エド・シーランとのコラボ・シングル「I Don't Care」がリリースされた[112]。以前にもエド・シーランが作詞した曲をジャスティンがリリースしたことはあったが、正式なコラボレーションは初めてのことだった。この曲は様々なストリーミングサービスで、多くの地域で1位を獲得し、Spotifyでは1日での最多ストリーミング数の新記録を樹立した[113]。7月11日にはビリー・アイリッシュにフューチャーされた「Bad Guy」がリリースされた。

スタイル、イメージ、ファン[編集]

ニューヨーク・タイムズ誌のJan Hoffmanによると、ビーバーの魅力の一部は自身のYouTubeチャンネルによるものであるという。11月中旬にEP『My World』をリリースするずっと前から、YouTubeに投稿した動画は何百万人もの視聴者を引きつけた[18]。ブラウンはその魅力を認めている。アトランタへ飛ぶ前、スクーター・ブラウンは"まずは彼をもっとYouTubeで有名"にしたいと思っており、そのチャンネルにもっとホームビデオを投稿するようにビーバーに言った。「俺はこう言ったんだ。「ジャスティン、部屋には誰もいないかのように歌え。でも高価なカメラは使わないでおこう。」って。子どもたちにそれを見てもらって、仕事をしてもらう、そうすればジャスティンは自分たちのものだと感じる。」と振り返った[18]。ビーバーは今もそのチャンネルに動画を投稿し続けている。また、Twitterを始め、定期的にファンとの交流を図っており[27]、2010年11月には600万人のフォロワーがいると伝えられた[114]。それから一貫して一日あたり約24000人のフォロワーを得ている[115]。また、このアカウントは市場においても成功している。例としては、「One Time」のミュージックビデオがYouTubeに投稿されてから急速に売上が伸びたことがあげられる[116]

2011年4月 スイスはチューリッヒで「Favorite Girl」をパフォーマンス中のビーバー

ビーバーはアッシャーと同じ14歳のときに契約したが、アッシャーは「俺は成功力を高めるチャンスを得られた。これが突然にビーバーにも起こったってわけなんだ。」とコメントしている。ビーバーは常にアッシャーやブラウン、ビーバーのボディーガードであるケニーといった大人たちに囲まれており、名声やパブリックイメージの扱い方の指導を受けている[18]。ビーバーとの契約後、アッシャーは元アシスタントの一人であるライアン・グッドをビーバーの地方公演マネージャーかつスタイリストに任命した。ビーバーの「swagger coach(スタイルの師匠)」と愛称をつけられたグッドは、ビーバーのために野球帽とトレーナーとドッグタグと派手なスニーカーを合わせたスタイル「streetwise look(世慣れたルック)」を創りだした。ロサンゼルス・タイムズ誌のAmy Kaufmanは「ビーバーはオンタリオ州ストラトフォード郊外で中流階級の家庭の元育ったが、服装や話し方(「Wassup man, how you doin'?(おっす、元気?)」や「It's like(って感じ)」、「you know(えっと)」、「whateva'(whateverのスラング)」)からお気に入りのラッパーの真似をしているのがわかる。」とコメントしている[117]

ビーバーはしばしばTiger Beat誌などのティーン誌に取り上げられ[18]、「ティーンのアイドル」と言われている[118]。ニューヨーク、アムステルダム、ロンドンのマダム・タッソー館ではビーバーの蝋人形が展示された[119]。2010年に髪型を変えたことにより、ビーバーのグッズを変更しなければならない事態となった。あるメーカーは、2011年のクリスマスシーズン用の人形の髪型を変えるのに10万ドルの出費に見舞われたため[120]、「今までで最も高価なミュージシャンのヘアカット」となった[121]。その他ビーバーになりたいという願望からビーバー顔美容整形をする男性まで現れるほどの人気ぶり。

左利きで主にギターも左で弾く。また、ジャスティンは小柄で実年齢よりも若く見えること、声の高さ(女の子のように声が高いことから)、ティーン・ポップ、イメージ、頻繁にメディアで取り上げられることを非難され続けてきた[122]。彼はたびたびブログや掲示板で批判の的とされており、そのほとんどがYouTubeや4chanの利用者によるものである[123]デイリー・テレグラフ紙のNick Collinsは「ビーバーの評判もまた特にネット批評家を不愉快な気分にさせているようだ。彼の若々しい容貌、ティーン・ポップの歌、若い10代の女の子たちのアイドルであること、スピーチの態度はたくさんの注目を浴びている。」と考えている[122]

ビーバーの中性的な外見も頻繁にメディアに取り上げられており、2011年には中性的な人物についてを扱ったLOVE誌の表紙を飾った[124]

ファン層のいくつかは「Belieber(ビリーバー)」として知られており、2010年の流行語になった[125]。初期のビーバーのファン層はYouTubeで増え、ファーストアルバムの発売を早めた[126][127]。ビーバーの人気はインターネットの結果である。というのも、大きなファンのコミュニティがファンとのコミュニケーションをはかるために積極的にインターネットを利用し続けたからである[126][128]。ビーバーのマネジメントチームはファンを動員し、ビーバーと関係のある行動を起こすように調整しようと努力をしている[129]

私生活[編集]

ビーバーは敬虔なキリスト教徒であり、イエスとのつながりや彼と対話できるということを信じており、「僕がここにいるのも彼がいるからこそ。」と述べた[130][131]

2012年9月、ビーバーはアリゾナ州でのコンサート中にステージで嘔吐した。この出来事はビデオで撮影され、インターネットを中心に急速に広まった。彼はこの出来事が起こったのは牛乳を飲んだせいだとし「牛乳なんて飲むんじゃなかった!」とTwitterで述べた[132]。メンターのアッシャーはビーバーの健康のためにアッシャーが行っているヴィーガンダイエットをするように促した。彼はツアー中の若いアーティスト達にはもっと体力を持っていてほしいと述べた[133]

2011年2月、ビーバーはローリング・ストーン誌で意見を述べた[134]禁欲について質問されると、「もし相手を愛していないならセックスはすべきでないと思う。」と答えた。また、「人工妊娠中絶をよくない」と思っており、「赤ちゃんを殺すようなもの」であると述べた[135]。性的指向については「みんな自身の決定」だと述べた[136]。ビーバーはSuicide among LGBT youth(LGBTの若年層における自殺)を予防することを目指すIt Gets Better Projectに寄付した[137][138]

ビーバーはアメリカ合衆国の市民権を取得することには興味がないと言っており、アメリカの医療制度を批判した。カナダを「世界でいちばん素晴らしい国」として賞賛し、見習うべき例として自国の医療制度を挙げた[135]

ビーバーはどの公演前にもイスラエルよ、聞けやほかのユダヤのお祈りを言っている[139][140][141]

2013年8月30日、トロントのナイトクラブで男性がビーバーに向かって突進し、絞め技の状態にした。そのクラブの用心棒はビーバーが意識を失う前に介入し、男を引き離して床に投げ倒した。さらに続けて男が床で横になっている間、ビーバーが何回か男の肋骨や頭を蹴った。セキュリティは彼が殺されてしまうのではないかと恐れ、怒り心頭のビーバーを男から引き離さなければならなかった[142]。 2014年1月14日、ロサンゼルスの自宅から違法薬物が見つかり、ビーバーの知人を逮捕したことを明らかにした。ビーバーらが隣家に卵を投げ込む騒ぎを9日に起こし、通報を受けた警察が家宅捜索を行っていた。

2017年7月に協会から車で出る際に入り口付近で待ち構えていたパパラッチの1人を轢く事故を起こした。事故発生後、ジャスティンはすぐにを片側に寄せ、パパラッチに駆け寄り、警察が到着するまでその場所に待機した。取り調べ後に警察は刑罰を科さず、カメラのフラッシュによりジャスティンの視界が奪われたことやパパラッチが近づきすぎてきたことなどから事故と片付けていた。しかし、2019年4月にそのパパラッチから訴訟を起こされた[143]

13歳という若さで一躍ブレイクし、最初は突然手に入れた名声に酔いしれていた時期もあるものの、エンタメ業界の裏側を目の当たりにし、周囲の人や自分自身ですら信じることができなくなり、辛い気持ちから逃れるために、抗不安薬である"ザナックス"などに依存し、手当たり次第に女性たちと一夜を共にしていた時期もあったとジャスティンは告白している。そんな生活から脱却しようと誓い、リハビリ施設での治療やプロからの手助け無しに、自力で薬物依存を克服。同時に”禁欲生活”を送ることを心に決めた。禁欲生活突入から1年以上が経った頃に妻・ヘイリーと再会し、やがて結婚したが、結婚まで禁欲生活は続いたという[144]

交際関係[編集]

2010年12月、女優兼歌手のセレーナ・ゴメスとの交際をスタートさせた。2011年2月、ヴァニティ・フェア誌主催のオスカーパーティーにカップルで出席し、二人は関係を認めた形になった[145][146][147]。2012年11月初め、ビーバーとゴメスは約2年の交際を経て破局に至ったと報道された[148][149]。彼らは同月の後に仲直りをした[150]。しかし、2013年1月に再び破局が報道された[151]。その後、何度も復縁と破局の噂が立った[152]

2018年6月にモデルのヘイリー・ボールドウィン英語版との交際が噂され、7月には婚約したことが報じられた[153]。7月7日にバハマでデートを楽しんでいた際、ジャスティンがヘイリーにプロポーズしたという[154]。9月にニューヨークの裁判所で正式に結婚したが、ジャスティンの精神的な問題もあり、結婚式は挙げていない[155]

交友関係[編集]

2016年6月10日に親しい友人の1人であり、ジャスティンと同じくYouTubeから有名になった、歌手のクリスティーナ・グリミーが、コンサート終了後に射殺された事件について、翌11日、カナダウィニペグで行なわれたコンサートにて、「Purpose」をステージ上で仰向けになって熱唱していた時に、涙で声を詰まらせつつ「グリミー、僕の声が聞こえるかい?」と、囁いた[156]。またエド・シーランとも仲が良くともにカラオケにもいく。

論争と法的問題[編集]

2011年5月、自身の17歳の誕生日パーティ中にパパラッチに向かってファックサインを写真に撮られたが、後にTwitterで公に謝罪した[157]。2011年11月と2012年11月にも同じジェスチャーをした写真を撮られた[158][159]。2012年7月、サンフェルナンド・バレーの高速道路ベンチュラ・フリーウェイを走行していた際に、カリフォルニア・ハイウェイ・パトロールが車を路肩に寄せるよう命じた。伝えられるところによると、彼は時速65マイル(時速105キロ)で走る地区を時速100マイル(時速160キロ)で運転していた。ビーバーは追いかけてくるパパラッチから逃げようとしていたと主張した。ロサンゼルス市議会議員のデニス・ザインはこの出来事について「非常に危険で混沌とした状況」であったと述べ、ビーバーの運転は「不注意で無謀」なものであったとした。この出来事によりビーバーは違反切符を切られた。伝えられるところによると、一人のパパラッチが4つの微罪の容疑を受けたが、そのうち2つが後に取り下げられた[160][161]。2013年1月1日、パパラッチのChris Guerraがビーバーの愛車を撮影しようと道路を横断したときに車にひかれ死亡した。このときビーバー自身は同乗していなかった[162]

フランスのカンヌで行われたNRJミュージック・アワード2012セレモニーでのビーバー

2013年3月、ツアーのためドイツに入国する際にビーバーのペットであるオマキザルのマリーが税関に没収された。同年5月、マリーはドイツの所有物となり、動物園に引き取られた[163]

2013年11月、ビーバーは訪問先のアルゼンチンブエノスアイレスにて、自らのボディーガードに命じてカメラマン携帯電話カメラを奪ったとされる。アルゼンチンの裁判所は、2014年11月にビーバーに対して出頭命令を下したが、ビーバーはこれを無視した。アルゼンチンは、国際刑事警察機構国際逮捕手配書の発行を要請した[164]

資産[編集]

2011年5月、米経済誌フォーブス誌が毎年発表している世界のセレブ100人番付で17歳の若さにして3位で番付デビューを果たした。コンサートや映画「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」などを通して得た収入は5300万ドル(日本円で約42億2,000万円)で17歳での番付入りは最年少である。[165][166]

2011年6月、米経済誌フォーブス誌が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」を発表し、昨年の収入が5,300万ドル(日本円で約42億2,000万円)で2位にランクインした。さらにピープル誌が発表した「ハリウッドのリッチなティーン・リスト」では1位にランクインした。[167][168]

2012年に、ロサンゼルス郊外のカラバサス[169]に約650万ドルのアシエンダ(南米大農園主邸)風の豪邸を購入した[170]。カラバサスには有名人の豪邸が多数あり、ジャスティンが購入した家はエディ・マーフィの元妻が住んでいた[171]。その家は2014年コートニー・カーダシアンに売却されている。その後はロサンゼルスではホテルや賃貸物件に滞在していたが、2019年にビバリーヒルズに850万ドルの豪邸を購入。5つの寝室と7つのバスルームがあり、バーやホームシアターも兼ね備えた1930年代モンテレイ・コロニアル調の物件で、ハリウッドのデザイナーによってリフォームされた。 [172]

2014年11月、フォーブス発表の30歳以下のセレブの年収でトップになった[173]

チャリティ活動[編集]

ジャスティンのチャームポイントでもあったモップヘアーを短く切った時ののごく一部がオークションで4万668ドル(約330万円)の値がつき、落札された。 エレン・デジェネレスが司会をする、アメリカのトーク番組「The Ellen DeGeneres Show」に出演したときに司会者にそれをプレゼントし、デジェネレスは、収益が児童虐待動物虐待の被害者を支援する団体「The Gentle Barn Foundation」へ寄付され、さらに次回の番組出演時に本人に会えるという条件でeBayに出品した[174]

2011年5月18日、ワールド・ツアー(My World Tour)で来日中のジャスティンが、東京都内のアメリカ大使の公邸で東日本大震災で被災した子どもたちと交流をした。 さらに今回の来日公演の収益を被災者救済のために寄付することも約束。 また、「僕もこれからはいいことしか起こらないと信じたいです。今回の震災で被害を受けた人に僕の祈りを届けたいです」とコメントした。

ディスコグラフィ[編集]

  • My World 2.0 (2010)
  • Under the Mistletoe (2011)
  • Believe (2012)
  • Purpose (2015)

世界ツアー[編集]

  • Urban Behavior Tour (2009)
  • My World Tour (2010–11)
  • Believe Tour (2012–13)
  • Purpose World Tour (2016-17)

出演作品[編集]

映画[編集]

ズーランダー NO.2 - 本人役

ドラマ[編集]

  • CSI:科学捜査班 - シーズン11 エピソード1 “Shock Waves” - ジェイソン・マッキャン役
  • CSI:科学捜査班 - シーズン11 エピソード15 “Targets of Obsession” - ジェイソン・マッキャン役

ドキュメンタリー映画[編集]

著作[編集]

  • 自伝「Justin Bieber: First Step 2 Forever」

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Justin Bieber Biography & Awards”. Billboard. 2010年6月15日閲覧。
  2. ^ Farber, Jim (2010年3月23日). “Justin Bieber, 'My World 2.0'”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/entertainment/music/2010/03/23/2010-03-23_rbpop_mix_on_my_world_20_cant_beef_up_justin_biebers_young_tone.html 2010年6月14日閲覧。 
  3. ^ a b Justin Bieber: Overview”. All music. Macrovision Corporation. 2009年10月21日閲覧。
  4. ^ Justin Bieber artist profile”. MTV. 2012年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月22日閲覧。
  5. ^ Justin Bieber Biography”. The Biography Channel. A+E Networks. 2013年7月6日閲覧。
  6. ^ Inogolo”. 2009年11月21日閲覧。
  7. ^ Konjicanin, Anja (2010年12月24日). “Justin Bieber makes them proud. But why?”. Vancouver Observer. http://www.vancouverobserver.com/politics/news/2010/12/24/justin-bieber-makes-them-proud-why 2011年1月11日閲覧。 
  8. ^ a b c d e Herrera, Monica (2010年3月19日). “Justin Bieber – The Billboard Cover Story”. Billboard. e5 Global Media. 2010年5月7日閲覧。
  9. ^ a b Mitchell, Gail (2009年4月28日). “Usher Introduces Teen Singer Justin Bieber”. ビルボード. 2009年7月23日閲覧。
  10. ^ “Justin Bieber Fever Hits Miami”. CBS News (CBS Interactive). (2010年2月5日). http://www.cbsnews.com/stories/2010/02/05/earlyshow/leisure/music/main6177327.shtml 2010年3月27日閲覧。 
  11. ^ The World's Most Powerful Celebrities”. Forbes (2012年). 2013年7月27日閲覧。
  12. ^ adekunle (2018年11月24日). “Justin Bieber confirms he is a ‘married man’” (英語). Vanguard News Nigeria. 2019年3月31日閲覧。
  13. ^ Justin Bieber's Mom Joins Fight to Keep Canadian Pregnant Teen Shelter Open”. The Hollywood Reporter (2012年2月28日). 2012年3月28日閲覧。
  14. ^ Bieber – Birth Certificate (PDF)”. TMZ (2010年). 2010年8月21日閲覧。
  15. ^ a b Parvis, Sarah E (2010). McMeel, Andrews. ed. Kansas City, MO. London: Simon & Schuster. pp. 13–17. ISBN 978-1-4494-0181-8. http://books.google.com/?id=XQ8YQQv45GkC&pg=PA13#v=onepage&q&f=true 2010年8月4日閲覧。. 
  16. ^ a b Infantry, Ashante (2010年5月14日). “Justin Bieber guide added to hometown of Stratford's tourism website”. Toronto Star (Toronto). http://www.thestar.com/entertainment/music/article/809366--justin-bieber-guide-added-to-hometown-of-stratford-s-tourism-website 2011年12月16日閲覧。 
  17. ^ Pavlich, Katherine ‘Katie’ (2012‐9‐21). “Mother of World’s biggest pop star was urged to have an abortion”. Tip sheet. Town hall. http://townhall.com/tipsheet/katiepavlich/2012/09/21/mother_of_worlds_biggest_pop_star_was_urged_to_have_an_abortion 
  18. ^ a b c d e f g h Hoffman, Jan (2009年12月31日). “Justin Bieber is Living the Tween Idol Dream”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/01/03/fashion/03bieber.html 
  19. ^ Bartolomeo, Joey (2010年6月20日). “Meet Justin Bieber's Rockin' Dad”. People (Time). http://www.people.com/people/article/0,,20395400,00.html 
  20. ^ Robertson, Lindsay (2010年5月5日). “Justin Bieber Ridiculed for ‘German’ Mistake | Stop The Presses!”. Music. Yahoo!. 2012年4月24日閲覧。
  21. ^ http://www.imdb.com/name/nm3595501/bio
  22. ^ The French-Canadian ancestry of Justin Bieber”. 2013年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。
  23. ^ Bieber 2010, pp. 22, 23.
  24. ^ “Justin Bieber gets offer of help tracing native ancestry after free gas comment”. Toronto Star. (2012年8月3日). http://www.thestar.com/news/canada/article/1236961--justin-bieber-gets-offer-of-help-tracing-native-ancestry-after-free-gas-comment 
  25. ^ a b Colurso, Mary (2010年12月17日). “Temperature's rising as Justin brings Bieber fever to Birmingham”. http://blog.al.com/mcolurso/2010/12/temperatures_rising_as_justin.html 2011年1月11日閲覧。 
  26. ^ Mitchell, Gail (2009年4月28日). “Usher Introduces Teen Singer Justin Bieber”. Billboard. 2009年7月23日閲覧。
  27. ^ a b c d e f Herrera, Monica (2009年7月13日). “'Time' is right for teen singer Justin Bieber”. Reuters. Thomson Reuters. http://www.reuters.com/article/musicNews/idUSTRE56I2BM20090719 2009年7月22日閲覧。 
  28. ^ TJ (2009年8月11日). “Neon Limelight Interviews: Usher Protegé Justin Bieber: Accidental Star”. Neon Limelight. 2009年8月11日閲覧。
  29. ^ Usher and Justin Timberlake Battled It Out For Justin Bieber”. MTV (2009年9月12日). 2011年1月11日閲覧。
  30. ^ a b Interview with Chris Hicks”. HitQuarters (2011年8月23日). 2011年8月25日閲覧。
  31. ^ Mitchell, Gail (2009年4月28日). “Usher Introduces Teen Singer Justin Bieber”. Billboard (e5 Global Media). http://www.billboard.com/articles/news/268791/usher-introduces-teen-singer-justin-bieber 
  32. ^ a b c d e f Justin Bieber Chart History”. Billboard. e5 Global Media. 2010年3月11日閲覧。
  33. ^ Justin Bieber AIRA Singles Certification”. ARIA Charts. Australian Recording Industry Association. 2010年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月30日閲覧。
  34. ^ The Official New Zealand Music Chart”. Recording Industry Association of New Zealand. 2010年3月31日閲覧。 “Note: Week commence on Monday, March 29, 2010”
  35. ^ RIAA – Gold and Platinum – June 15, 2010”. Recording Industry Association of America. 2010年1月10日閲覧。
  36. ^ Justin Bieber RIAA album certifications”. RIAA. 2010年1月11日閲覧。
  37. ^ Certified Awards Search”. BPI. 2011年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月20日閲覧。 “Note: Search for Justin Bieber.”
  38. ^ “November 2010 – Gold & Platinum Certifications”. Canadian Recording Industry Association. http://www.cria.ca/goldplat.php#album 2010年12月15日閲覧。 
  39. ^ “The Today Show + Justin Bieber=Awesome”. Island Def Jam (Universal Music Group). (2009年9月11日). http://www.islanddefjam.com/artist/news_single.aspx?nid=5118&artistID=7342 2009年9月22日閲覧。 
  40. ^ MTVU VMA Tour live performances”. MTV (2009年9月9日). 2009年9月28日閲覧。
  41. ^ Cheung, Nadine (2009年10月2日). “Justin Bieber to Guest Star on True Jackson VP!”. JSYK (AOL). http://www.jsyk.com/2009/10/02/justin-bieber-to-guest-star-on-true-jackson-vp 
  42. ^ Ram, Archana (2009年12月2日). “Justin Bieber joins Mary J Blige and others for 'Christmas In Washington'”. Entertainment Weekly. 2009年12月5日閲覧。
  43. ^ Kaufman, Gil (2010年2月2日). “'We Are The World' Remake Brings Lil Wayne, Kanye West, Pink, Usher, More Together For Haiti”. MTV News. 2010年2月2日閲覧。
  44. ^ Shapiro 2010, p. 136.
  45. ^ Justin Bieber – My World 2.0”. Metacritic. CBS Interactive. 2010年3月23日閲覧。
  46. ^ Justin Bieber Tops Billboard 200 With 'My World 2.0'”. Billboard. e5 Global Media (2010年3月31日). 2013年3月24日閲覧。
  47. ^ Justin Bieber – My World – Music Charts”. αCharts. 2010年4月14日閲覧。
  48. ^ Justin Bieber – My World 2.0 – Music Charts”. αCharts. 2010年4月14日閲覧。
  49. ^ Cheung, Nadine (2010年3月23日). “Justin Bieber Makes Millions Happy With the Release of 'My World 2.0'”. JSYK. AOL. 2010年3月23日閲覧。
  50. ^ “Justin Bieber Coming Back To NY For Saturday Night Live”. Long Island Press. (2010年2月21日). オリジナルの2011年7月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110713232318/http://www.longislandpress.com/2010/02/21/justin-bieber-coming-back-to-ny-for-saturday-night-live/ 2010年4月10日閲覧。 
  51. ^ Beja, Marc (2010年7月4日). “Fireworks follow sun-scorched July 4 festivals”. The Associated Press. Hosted by Google News. オリジナルの2010年7月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100708220110/http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5ikBY9CwvRqvB7M_GA8M9NJbrK35wD9GOJFEG0 2010年7月4日閲覧。 
  52. ^ “Justin Bieber's 2010 North American summer tour dates: 'My World' to hit New York in August”. New York Daily News. (2010年3月17日) 
  53. ^ “Bieber the king of the Internet”. Toronto Sun. (2010年7月7日). http://www.torontosun.com/entertainment/music/2010/07/07/14633631-wenn-story.html 
  54. ^ “Justin Bieber is Officially King of YouTube” (staff blog). The Wall Street Journal. (2010年7月15日). http://blogs.wsj.com/speakeasy/2010/07/15/justin-bieber-is-officially-king-of-youtube/ 2010年7月16日閲覧。 
  55. ^ Justin Bieber Accounts for 3 Percent of All Twitter Traffic”. TVGuide. 2010年9月8日閲覧。
  56. ^ Reth, Jerry (2010年5月8日). “Justin Bieber New Album To Be Recorded In New York”. Newsopi. http://www.newsopi.com/showbiz/justin-bieber-new-album-to-be-recorded-in-new-york/1598  [信頼性要検証]
  57. ^ Justin Bieber's Voice Breaking”. Contact music (2010年4月27日). 2010年10月31日閲覧。
  58. ^ Justin Bieber on 'CSI': Bombs away! (blog)”. Zap 2 it (2010年9月23日). 2010年11月22日閲覧。
  59. ^ MTV VMA Recap: Stage Rewind with Eminem, Rihanna, Taylor, Kanye and Bieber. Singersroom.com (September 13, 2010). Retrieved October 21, 2010.
  60. ^ Vena, Jocelyn (2010年10月18日). “Justin Bieber To Release Acoustic Album – Music, Celebrity, Artist News”. MTV. 2010年11月14日閲覧。
  61. ^ How Will Justin Bieber's My Worlds Acoustic Rank Against Great Unplugged Albums?”. Newsroom.mtv.com (2010年11月10日). 2010年11月14日閲覧。
  62. ^ Justin Bieber: Never Say Never. Box Office Mojo. Retrieved February 12, 2011.
  63. ^ Kaufman, Amy; Fritz, Ben (2011年2月14日). “Company Town: Justin Bieber's 'Never Say Never' opens big at No. 2”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/news/la-et-box-office-20110214,0,5326914.story 2011年2月17日閲覧。 
  64. ^ “'Just', 'Justin', 'Juliet' Jumpin'”. Box Office Mojo. (2011年2月14日). http://boxofficemojo.com/news/?id=3080&p=.htm 2011年2月14日閲覧。 
  65. ^ Justin Bieber: Never Say Never (2011)”. Box Office Mojo. 2012年8月16日閲覧。
  66. ^ Dinh, James (2011年1月31日). “Justin Bieber's Never Say Never – The Remixes Due Valentine's Day”. MTV News (Viacom). 2011年1月31日閲覧。
  67. ^ Pomerantz, Dorothy. “Full List: The Best-Paid Celebrities Under 30”. Forbes. http://www.forbes.com/2011/06/09/top-earning-celebrities-under-30_slide_3.html 2011年6月13日閲覧。 
  68. ^ Caulfield, Keith (2011年11月9日). “Justin Bieber's 'Mistletoe' Brightens Billboard 200 with No. 1 Debut”. Billboard. Prometheus Global Media. 2011年11月9日閲覧。
  69. ^ Bieber, Justin. Status. Twitter. https://twitter.com/justinbieber/status/172478593983709184 
  70. ^ Justin Bieber's Big Announcement”. YouTube. Google (2012年2月29日). 2012年3月28日閲覧。
  71. ^ Vena, Jocelyn (2012年3月1日). “Justin Bieber Announces New Single, 'Boyfriend' – Music, Celebrity, Artist News”. MTV. 2012年3月28日閲覧。
  72. ^ a b Trust, Gary (2012年4月4日). “Justin Bieber's 'Boyfriend' Debuts at No. 2 on Hot 100”. Billboard. Prometheus Global Media. 2016年1月12日閲覧。
  73. ^ Werde, Bill (2012年4月4日). “Editor's Note: What Role Did Bundling and Exclusives Play in Madonna and Justin Bieber's Big Debuts?”. Billboard. Prometheus Global Media. 2012年4月4日閲覧。
  74. ^ Anderson, Kyle (2012年6月13日). “Believe (2012)”. Entertainment Weekly. Time Inc.. 2012年6月17日閲覧。
  75. ^ Dolan, Jon (2012年6月15日). “Believe”. Rolling Stone. Jann Wenner. 2012年6月17日閲覧。
  76. ^ “Mumford & sons' 'Babel' fastest seller of 2012”. The Guardian (UK). (2012年10月3日). http://www.guardian.co.uk/music/2012/oct/03/mumford-sons-babel-fastest-seller-2012 
  77. ^ Billboard”. 2013年3月24日閲覧。
  78. ^ Caulfield, Keith (2012年6月26日). “Official: Justin Bieber's 'Believe' Is Year's Biggest Debut, Bows at No. 1”. Billboard. Prometheus Global Media. 2012年6月27日閲覧。
  79. ^ Dowling, Marianne (2012年6月27日). “Bieber's 'Believe' debuts at Nº 1”. Jam! Canadian Online Explorer. 2012年6月27日閲覧。
  80. ^ Justin Bieber announces 2012 headlining North American tour”. Justin Bieber (2012年5月23日). 2012年5月30日閲覧。
  81. ^ NBC Presents 'Justin Bieber: All Around the World' Thursday, June 21”. TV By the Numbers (2012年5月30日). 2012年5月30日閲覧。
  82. ^ Justin's Big Announcement”. YouTube (2012年12月14日). 2013年1月3日閲覧。
  83. ^ Twitter / justinbieber: maybe im hosting and performing”. Twitter.com. 2013年1月9日閲覧。
  84. ^ “BIEBER RECOVERING AFTER FAINTING AT LONDON CONCERT”. Associated Press. http://bigstory.ap.org/article/bieber-recovering-after-fainting-london-concert 2013年3月8日閲覧。 
  85. ^ Justin Bieber Hospitalized After Collapsing On Stage”. People. 2013年3月8日閲覧。
  86. ^ JUSTIN BIEBER CANCELS Concert in Portugal”. TMZ. 2013年3月12日閲覧。
  87. ^ Justin Bieber-Michael Jackson "Slave To The Rhythm" Collaboration”. The Hollywood Gossip.com. 2013年8月18日閲覧。
  88. ^ Miley Cyrus & Justin Bieber’s Sexy New Song ‘Twerk’ Leaks”. hollywoodlife.com. 2013年8月29日閲覧。
  89. ^ Jack Uがグラミー賞で二冠を獲得し、Justin Bieberとのステージを披露!”. FNMNL. 2019年1月27日閲覧。
  90. ^ 【第58回グラミー賞】ジャスティン・ビーバー、自身初となるグラミー賞受賞&授賞式にて初パフォーマンス”. SPICE. 2019年2月12日閲覧。
  91. ^ In-Depth. “The Complete Guide to Justin Bieber's 'Purpose' Album”. Fuse. 2019年1月27日閲覧。
  92. ^ Justin Bieber Scores Sixth No. 1 Album on Billboard 200 Chart With 'Purpose'”. Billboard. 2019年1月27日閲覧。
  93. ^ (https://www.ifpi.org/downloads/GMR2016.pdf)GLOBAL MUSIC REPORT. (2016). 
  94. ^ ジャスティンを“大ヒット請負人”にまで上り詰めさせた『パーパス』の凄さ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2017年6月30日). 2019年1月27日閲覧。
  95. ^ ジャスティン・ビーバー、ギネス世界記録で8タイトル獲得”. Billboard JAPAN. 2019年1月27日閲覧。
  96. ^ Justin Bieber” (英語). GRAMMY.com (2019年2月15日). 2019年3月31日閲覧。
  97. ^ ジャスティン・ビーバー世界ツアー中止!最大規模の東京公演も”. シネマトゥデイ. 2019年1月27日閲覧。
  98. ^ ジャスティン・ビーバー、ツアー中止の理由を語る。「苦痛や嫉妬、恐れが僕の人生を動かしていた」。”. VOGUE JAPAN (2017年8月4日). 2019年1月27日閲覧。
  99. ^ ジャスティン・ビーバー、カニエ・ウェスト、ドレイクらがグラミー授賞式をボイコット?! 一体ナゼ…?”. www.tvgroove.com. 2019年1月28日閲覧。
  100. ^ Justin Bieber Remix Boosts Luis Fonsi & Daddy Yankee's 'Despacito' to Hot 100's Top 10”. Billboard. 2019年1月28日閲覧。
  101. ^ 「Despacito」全世界ストリーミング再生回数・歴代1位に、ジャスティン・ビーバー「Sorry」抜く”. VOICE. 2019年1月29日閲覧。
  102. ^ “Despacito”、ビデオの再生回数がYouTubeで50億回を突破して6つのギネス記録を達成”. nme-jp.com. 2019年1月28日閲覧。
  103. ^ 「デスパシート」全米ビルボードチャート16週連続第1位・歴代1位タイ記録、次週テイラー第1位へ”. VOICE. 2019年1月29日閲覧。
  104. ^ “Despacito ft. Justin Bieber”、全米14週連続1位で歴代2位の快挙”. rockin'on.com. 2019年1月29日閲覧。
  105. ^ Luis Fonsi & Daddy Yankee's 'Despacito,' Featuring Justin Bieber, Hits No. 1 on Billboard Hot 100”. Billboard. 2019年1月28日閲覧。
  106. ^ ジャスティン・ビーバー、第60回グラミー賞授賞式を欠席か”. nme-jp.com. 2019年1月28日閲覧。
  107. ^ adekunle (2018年11月24日). “Justin Bieber confirms he is a ‘married man’” (英語). Vanguard News Nigeria. 2019年3月31日閲覧。
  108. ^ ジャスティン・ビーバー、デビュー10周年記念の初ベスト盤” (日本語). BARKS. 2019年2月20日閲覧。
  109. ^ ジャスティン・ビーバー、活動休止を発表”. www.mtvjapan.com. 2019年4月24日閲覧。
  110. ^ Justin Bieber:「So I read a lot of messages saying you want an album ..」”. Instagram. 2019年4月24日閲覧。
  111. ^ コーチェラのアリアナのステージにジャスティン・ビーバーがサプライズ登場”. Rolling Stone Japan. 2019年4月23日閲覧。
  112. ^ ジャスティン・ビーバーとエド・シーランのコラボ曲「I Don't Care」がついに解禁”. front-row.jp. 2019年5月11日閲覧。
  113. ^ エド・シーラン&ジャスティン・ビーバーの新曲「I Don’t Care」、日本を含む各国チャートで1位を記録! Spotifyでは1日のストリーミング再生数で新記録樹立”. tvgroove. 2019年5月16日閲覧。
  114. ^ Vena, Jocelyn (2010年11月9日). “Justin Bieber Hits 6 Million Twitter Followers – Music, Celebrity, Artist News”. MTV. 2010年12月31日閲覧。
  115. ^ Justin Bieber Twitter Statistics”. Twitter Counter (2011年3月15日). 2011年3月15日閲覧。
  116. ^ Justin Bieber: A phenom on the verge of superstardom”. Billboard. Azcentral.com (2010年3月19日). 2010年10月31日閲覧。
  117. ^ Kaufman, Amy (2010年4月13日). “Adults work hard to manage Justin Bieber's image”. Azcentral.com. 2010年10月31日閲覧。
  118. ^ Rizzo, Monica (2010年2月24日). “Hot Ticket: Justin Bieber & Rihanna to Perform at Kids' Choice Awards – TV News, Justin Bieber, Rihanna”. People. 2010年6月21日閲覧。
  119. ^ Vena, Jocelyn (2011年3月15日). “Justin Bieber Wax Figures Unveiled”. MTV. 2011年4月8日閲覧。
  120. ^ Tyler, Lewis (2011年10月13日). “Bieber haircut costs US toy-maker $100,000”. ToyNews. http://www.toynews-online.biz/news/34607/Bieber-haircut-costs-US-toy-maker-100000 2011年10月14日閲覧。 
  121. ^ Most expensive musical haircut of all time”. Arts journal (2011年10月11日). 2011年12月16日閲覧。
  122. ^ a b Collins, Nick (2010年7月6日). “Why is Justin Bieber so loved and hated?”. London: The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/technology/internet/7873834/Why-is-Justin-Bieber-so-loved-and-hated.html 2010年7月27日閲覧。 
  123. ^ Justin Bieber's Youtube Fight”. Buzz feed. 2010年12月13日閲覧。
  124. ^ Justin Bieber Graces Cover Of Love's 'Androgyny Issue'”. MTV.com (2011年1月26日). 2015年1月23日閲覧。
  125. ^ Top buzzwords of 2010 - Chicago Tribune”. Articles.chicagotribune.com (2010年12月29日). 2012年4月29日閲覧。
  126. ^ a b Matson on Music | The essential unseriousness of Bieber Fever | Seattle Times Newspaper”. Seattle Times (2010年7月7日). 2012年6月1日閲覧。
  127. ^ Breeanna Hare (2010年4月1日). “Justin Bieber fever: Careful, it's catching — CNN”. CNN. 2012年5月31日閲覧。
  128. ^ O consumidor como produtor — Caderno 3 - Diário do Nordeste”. Diariodonordeste.globo.com (2012年2月26日). 2012年6月1日閲覧。
  129. ^ Richard Godwin (2012年4月24日). “One night with Justin Bieber and I'm a Belieber — Celebrity News — Showbiz — Evening Standard”. Thisislondon.co.uk. 2012年4月29日閲覧。
  130. ^ Ronson, Jon (2010年11月13日). “Justin Bieber: One day with the most Googled name on the planet”. The Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/music/2010/nov/13/justin-bieber-interview 2011年1月25日閲覧。 
  131. ^ Kaufman, Donna (2010年11月2日). “Justin Bieber Talks Jesus & Marriage”. Ivillage Entertainment. 2011年6月6日閲覧。
  132. ^ Justin Bieber throws up onstage at Arizona concert, blames illness on drinking too much milk”. 2013年6月16日閲覧。
  133. ^ Usher embraces vegan diet”. 2013年6月16日閲覧。
  134. ^ Saxberg, Lynn (2011年2月17日). “Baby Baby —better be born in Canada; Bieber disses American health care —and says no to abortion”. The Ottawa Citizen: p. A.4 
  135. ^ a b Justin Bieber Talks Sex, Politics, Music and Puberty In New 'Rolling Stone' Cover Story”. Rolling Stone (2011年2月16日). 2011年2月24日閲覧。
  136. ^ Bieber, Justin. “Being gay is a decision & abortion is wrong even as a result of rape”. Rolling Stone. United Kingdom: Pink. http://www.pinknews.co.uk/2011/02/17/justin-bieber-being-gay-is-a-decision-and-abortion-is-wrong-even-as-a-result-of-rape/ 2011年3月15日閲覧。 
  137. ^ Justin Bieber Posts 'It Gets Better' Video. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1653033/justin-bieber-posts-it-gets-better-video.jhtml 2011年3月15日閲覧。 
  138. ^ It Gets Better”. 2011年3月15日閲覧。
  139. ^ Scooter Braun Confirms That Justin Bieber Says the Shema Before Every Show” (2012年1月17日). 2013年8月30日閲覧。
  140. ^ Scotter Braun Says That Justin Bieber Says the Shema” (2012年1月17日). 2013年8月30日閲覧。
  141. ^ Justin Bieber says Shma Israel (Hberew)”. YouTube. 2013年8月30日閲覧。
  142. ^ Justin Bieber attacked at Toronto nightclub and reportedly loses $40,000 gold chain”. dailymail.co.uk (2013年2月9日). 2013年9月2日閲覧。
  143. ^ ジャスティン・ビーバー、2年前の事故でパパラッチに訴えられる”. www.msn.com. 2019年5月11日閲覧。
  144. ^ ジャスティン・ビーバー、妻ヘイリーと結婚するまで「禁欲生活」送っていた”. front-row.jp. 2019年5月11日閲覧。
  145. ^ Hogan, Kate (2011年2月28日). “Justin Bieber and Selena Gomez Step Out Together on Oscar Night”. People. 2012年1月6日閲覧。
  146. ^ Greer, Carlos (2010年12月13日). “Selena Gomez: Justin Bieber and I Are Just Friends”. People. 2012年1月6日閲覧。
  147. ^ Bikini-clad Selena Gomez kisses Justin Bieber”. USA Today (2011年1月3日). 2012年1月6日閲覧。
  148. ^ Dobuzinskis, Alex (2012年11月10日). “Justin Bieber and Selena Gomez have broken up, reports say”. Reuters. 2012年11月10日閲覧。
  149. ^ Justin Bieber and Selena Gomez Break Up”. Rolling Stone. 2013年6月30日閲覧。
  150. ^ Justin Bieber & Selena Gomez Reunite at American Music Awards Afterparty”. People (2012年11月19日). 2013年1月24日閲覧。
  151. ^ Justin Bieber, Selena Gomez Break Up for Good”. Us Weekly (2013年1月9日). 2013年1月24日閲覧。
  152. ^ ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスの関係を2009年から総まとめ”. front-row.jp. 2019年4月24日閲覧。
  153. ^ Lisa Respers France, Chloe Melas (2018年7月8日). “Justin Bieber and Hailey Baldwin are engaged”. CNN. 2018年7月9日閲覧。
  154. ^ ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ボールドウィンが婚約!”. Harper's BAZAAR. 2018年7月9日閲覧。
  155. ^ ジャスティン・ビーバーとヘイリー・ビーバー、結婚式を再び延期”. ELLE. 2019年1月24日閲覧。
  156. ^ ジャスティン・ビーバー、コンサートで泣きながらクリスティーナ・グリミーさんを追悼”. ハリウッドニュース (2016年6月14日). 2016年6月14日閲覧。
  157. ^ Justin Bieber 'Sorry' for Giving Middle Finger to Paparazzi”. Billboard. 2013年1月9日閲覧。
  158. ^ Firstpost. “Justin Bieber Sticking Middle Finger to Paparazzi ! - Justin Bieber Videos : Firstpost Topic - Page 1”. Firstpost.com. 2013年1月9日閲覧。
  159. ^ Justin Bieber Gives Middle Finger To Paparazzi In London”. Capital FM (2011年11月16日). 2013年1月9日閲覧。
  160. ^ Justin Bieber Busted in Dangerous, Chaotic Speeding Incident | E! Online”. Ca.eonline.com (2012年7月6日). 2013年1月9日閲覧。
  161. ^ Justin Bieber's Paparazzi Run-Ins: A History of Scuffles, Car Chases, Chucked Water Bottles | E! Online”. Ca.eonline.com (2013年1月2日). 2013年1月9日閲覧。
  162. ^ Justin Bieber-chasing paparazzi struck and killed by SUV told friends he was trying to photograph star smoking weed”. NY Daily News (2013年1月3日). 2013年1月9日閲覧。
  163. ^ Justin Bieber's monkey Mally becomes a German | News | DW.DE | 21.05.2013”. DW.DE. 2013年7月6日閲覧。
  164. ^ “「J・ビーバーに国際手配書を」アルゼンチンがICPOに要請”. AFPBB News. (2015年4月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3045125 2015年4月11日閲覧。 
  165. ^ “レディー・ガガ、フォーブス誌の世界セレブ番付で1位に”. MovieWalker. (2011年5月19日). http://www.news-gate.jp/2011/0519/10/ 2011年6月19日閲覧。 
  166. ^ “レディー・ガガ、フォーブス有名人番付で初の首位”. ロイター. (2011年5月19日). http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-21186320110519 2011年6月19日閲覧。 
  167. ^ “レディー・ガガ「30歳未満で最も稼いでいるセレブ」のトップに!25歳で年収約72億円-米フォーブス誌”. シネマトゥデイ. (2011年6月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0033058 2011年6月19日閲覧。 
  168. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0034616
  169. ^ http://goo.gl/maps/FgVQZ
  170. ^ http://articles.latimes.com/2012/may/27/business/la-fi-hotprop-20120527
  171. ^ http://www.hollywoodreporter.com/news/calabasas-hidden-hills-real-estate-331035
  172. ^ https://www.elle.com/culture/celebrities/a26892979/justin-bieber-hailey-baldwin-beverly-hills-house//
  173. ^ Pomerantz, Dorothy. “Justin Bieber Tops Forbes' List Of The Highest-Earning Celebrities Under 30” (英語). Forbes. 2019年1月27日閲覧。
  174. ^ Justin Bieber : ジャスティン・ビーバーの髪の毛、330万円で落札 / BARKS ニュース (2011.3.3)

外部リンク[編集]