ブラックロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラックロック
BlackRock Inc.
BlackRock wordmark.svg
Black-rock-hq.jpg
ニューヨークのブラックロック本社
種類 公開会社
市場情報
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
10055
ニューヨーク州ニューヨーク, 55 E 52nd St
設立 1988年(1992年から現社名)
事業内容 資産運用業務・アセットマネジメントリスクマネジメント
代表者 Larry Fink(Chaiaman & CEO)
資本金 米国:$6.6 billion(66億ドル)
日本:4億8千5百万円
売上高 増加 US$22 billion (2021)[1](220億ドル)
営業利益 増加 US$8 billion (2021)[1]
純資産 増加 US$5 billion (2020)[1]
総資産 増加 US$165 billion (Q3 2020)[2](1,650億ドル)
従業員数 日本:約370名
グローバル:約18,000 名
主要子会社
テンプレートを表示

ブラックロックBlackRock Inc.NYSEBLK)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く、世界最大の資産運用会社である[4]。2021年末における同社の運用資産残高(AUM)は10兆ドル(約1,153兆円)と日本のGDPの2倍に相当する[5][6]。世界30ヶ国・70のオフィスに合計18,000名超の従業員が在籍している[7]。ファンドを通じて主要な上場企業の大株主となっており、S&P500種株価指数を構成する企業の80%以上において、持ち株比率の上位3位までに入っている[8]。日本ではブラックロック・ジャパン株式会社としてビジネスを展開しており、365名の社員が在籍している(2020年3月末時点)[9]

概要[編集]

ブラックロックは債券運用のブティック会社として1988年に設立された。その後、合併や買収を繰り返し、債券運用のみならず株式やオルタナティブ、アドバイザリー戦略など、幅広い金融サービスを提供する総合資産運用会社に成長した。特に2006年のメリルリンチ・インベストメント・マネジャーズとの経営統合により、株式やマルチアセット、オルタナティブのラインナップを拡充した。さらに、2009年のバークレイズ・グローバル・インベスターズとの経営統合により、アクティブ運用を強化するとともに、インデックス運用、iシェアーズ®ETF(上場投資信託)ビジネスを獲得した[10]。株式や債券運用など伝統的な資産クラスではゴールドマン・サックス・アセットマネジメント、JPモルガン・チェース・アセットマネジメント、フィデリティ・インベスメンツ上場投資信託(ETF)ではバンガード・グループステート・ストリート、オルタナティブ運用ではブラックストーン・グループコールバーグ・クラビス・ロバーツカーライルなどの運用会社と競合している[11][12]

また、ブラックロック・グループ内の独立した事業部門であるブラックロック・ソリューションズ®を通じて、資産管理テクノロジーであるアラディン (Aladdin®)とオルタナティブ運用プラットフォームであるeFrontを金融機関及び機関投資家に提供している[13]。ブラックロックのアラディンはシティグループBNPパリバなど海外の資産管理銀行のほか、日本では日本マスタートラスト信託銀行とも接続しており、運用会社のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進している[14]

ブラックロックは、ゴールドマン・サックスJPモルガン・チェースモルガン・スタンレーなど米ウォール街の投資銀行にとって最大のトレーディング・パートナーであり、米国金融業界に大きな影響力を有する[15]。また、ジョー・バイデン政権では、ブラックロック出身者であるブライアン・ディーズアデワレ・アデエモがそれぞれ国家経済会議委員長と財務副長官に就任するなど、政財界への影響力を強化していることが指摘されている[16][17]

アメリカの資産運用業界、特にインデックス運用においては寡占化が進んでおり、上位3社であるブラックロック、バンガード・グループステート・ストリートは「ビッグ・スリー」と呼ばる[18]。ビッグスリーはアップルマイクロソフトコカ・コーラゼネラル・エレクトリックなど米大企業のほとんどを所有し、S&P500にいたってはその90%近くにおいて、最大の株主となっている[18]。議決権を通じた社会への影響力が高まっているとの指摘をうけ、近年では投資先企業への議決権行使を委譲するなどの施策が行われている[19][20]

同社は1999年にニューヨーク証券取引所に上場している。S&P100S&P500ダウ・ジョーンズ USなどの株価指数において、構成銘柄の一つとして採用されている[21]

歴史[編集]

オービス2007まで[編集]

バークレイズの世界決済[編集]

  • 2009年12月 バークレイズPLCより100%子会社のバークレイズ・グローバル・インベスターズ(当時の業界1位)を現金(借入を含む)と自社株式(19.9%)の合計135億ドルにて買収した[22]。バークレイズ・グローバル・インベスターズが提供していた指数連動型上場投資信託(ETF/Exchange Traded Funds)の、全世界におけるトップブランドである「Iシェアーズ(iShares)」を、ブラックロック証券が承継した。さらに、ブラックロック・ジャパンとバークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社が経営統合した(ブラックロック・ジャパン株式会社)[注釈 2]
  • 2010年11月 バンク・オブ・アメリカによる株式売却を受け、みずほフィナンシャルグループが2%相当のブラックロック・ジャパン株式を取得した。2010年PNCもかなりの規模でブラックロック株を売却している(支配率21%に低下)[22]
  • 2011年 バンク・オブ・アメリカが、自社で保有するブラックロック株を全て売却した[22]
  • 2012年 バークレイズによる株式売却を受け、ブラックロックが自社株を買い戻したり、ブラックロックの資金を融通した者が買収したりしたが、その結果翌年にかけて、40人いたファンド・マネージャーの半分以上がリストラされた[22]
  • 2015年11月12日 ユーロクリアおよびクリアストリームと共同で20のIシェアーズを国際決済網へ移管することになった[注釈 3]。上場投資信託市場は先のリストラがなされてから世界規模で一層めざましく発展していた。

ESG活動[編集]

2008年のリーマン・ショック以降、欧米では投資家の関心が短期的経営指標から長期的経営指標に変化し、「環境・社会・企業統治英語版」重視の投資への関心が高まったことから、国連責任投資原則を提唱して国連環境計画国連グローバル・コンパクトがこれを推進しているが、2022年、欧州において武力紛争が勃発したことにより、ブラックロックの運営するESG重視の上場投資信託(ETF)で世界最大の「iシェアーズ ESG アウェア MSCI 米国」が軍需企業レイセオン・テクノロジーズや大手石油企業エクソンモービルなどの株式を保有していることが指摘された[25]

主要な上場企業の株主であるブラックロックは毎年投資先企業の経営者に対して書簡を送付している。2021年はステークホールダー資本主義やサステナブル投資などをテーマにしており、「サステナブル(持続可能)なビジネス慣行を重視しない企業は取り残される」と警告した[26]

関連団体[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2004年に郵便貯金簡易生命保険投資顧問会社となっている。
  2. ^ 資産運用業務を展開している他、傘下のブラックロック証券も展開している。
  3. ^ ユーロクリアがホームページ上で発表。

出典[編集]

  1. ^ a b c BlackRock Reports Full Year 2020 Diluted EPS of $31.85, or $33.82 as adjusted: Fourth Quarter 2020 Diluted EPS of $10.02, or $10.18 aJanuary 2021”. United States Security and Exchange Commission. 2022年1月1日閲覧。
  2. ^ BlackRock Total Assets 2006-2021: BLK”. Macrotrends LLC. 2022年1月1日閲覧。
  3. ^ BlackRock Inc. - EX-21.1 - Subsidiaries of Registrant. - February 28, 2020: Exhibit 21.1”. Fintel. 2022年1月1日閲覧。
  4. ^ Top 500 managers see assets hit record $119.5 trillion” (英語). Willis Towers Watson. 2022年4月25日閲覧。
  5. ^ ブラックロックのご紹介 | 会社情報 | ブラックロック・ジャパン株式会社” (日本語). BlackRock. 2022年4月25日閲覧。
  6. ^ Japan | Data”. data.worldbank.org. 2022年4月25日閲覧。
  7. ^ About BlackRock” (英語). BlackRock. 2022年4月25日閲覧。
  8. ^ Lim, Dawn. “ブラックロックCEO、強大な力で世界を救えるか” (日本語). WSJ Japan. 2022年4月25日閲覧。
  9. ^ ブラックロック・ジャパン 会社概要 | 会社情報 | ブラックロック・ジャパン株式会社” (日本語). BlackRock. 2022年4月25日閲覧。
  10. ^ ブラックロックの歴史 | 会社情報 | ブラックロック・ジャパン株式会社” (日本語). BlackRock. 2022年4月25日閲覧。
  11. ^ Top 500 managers see assets hit record $119.5 trillion” (英語). Willis Towers Watson. 2022年4月25日閲覧。
  12. ^ Asset Managers: If You Are Not Growing - You Are Dying | Seeking Alpha” (英語). seekingalpha.com. 2022年4月25日閲覧。
  13. ^ Aladdin アラディン | ブラックロック・ジャパン株式会社” (日本語). BlackRock. 2022年4月25日閲覧。
  14. ^ 運用会社「ファクスさらば」マスタートラストとブラックロック連携(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年12月1日). 2022年4月25日閲覧。
  15. ^ 全能の神ブラックロックは「軽蔑も称賛も受けない」ゴールドマン” (日本語). Bloomberg.com. 2022年4月25日閲覧。
  16. ^ ブラックロックの影響力浮き彫り-バイデン次期大統領が出身者起用” (日本語). Bloomberg.com. 2022年4月25日閲覧。
  17. ^ ブラックロック、運用資産10兆ドル超 続く規模拡大(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2022年1月15日). 2022年4月25日閲覧。
  18. ^ a b これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・スリー”. Newsweek. 2022年4月26日閲覧。
  19. ^ 資産運用3巨人、GAFA株価も左右 世界市場の1割” (日本語). 日本経済新聞 (2018年10月24日). 2022年4月26日閲覧。
  20. ^ 米ブラックロック、議決権行使を委譲 顧客の年金などに(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年10月8日). 2022年4月26日閲覧。
  21. ^ Blackrockの構成銘柄-Investing.comコウセイメイガラ” (日本語). Investing.com 日本. 2022年4月25日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h i j International Directory of Company Histories, Vol.159.
  23. ^ ブラックストーン会長:ブラックロック売却は「甚だしい」誤り、ブルームバーグ。2013年
  24. ^ International Directory of Company Histories, Vol.79.
  25. ^ ウクライナ侵攻で露呈したESGの矛盾、ロシア国営企業に資金流入。ブルームバーグ。2022年3月8日。
  26. ^ ブラックロック、ステークホールダー資本主義を擁護-CEO年次書簡” (日本語). Bloomberg.com. 2022年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]