味の素冷凍食品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
味の素 > 味の素グループ > 味の素冷凍食品
味の素冷凍食品株式会社
AJINOMOTO FROZEN FOOD Co., Inc.
Nittochi Ginza bldg.JPG
味の素冷凍食品が本社を置く日土地銀座ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座7丁目14番13号
設立 2000年(平成12年)10月1日(創業:1970年(昭和45年)12月23日
業種 食料品
法人番号 5010001071126 ウィキデータを編集
事業内容 冷凍食品の研究開発、製造販売
代表者 黒崎正吉(代表取締役社長)
資本金 95億3,765万円
従業員数 1,000名
決算期 3月末日
主要株主 味の素(100%)
外部リンク https://www.ffa.ajinomoto.com/
テンプレートを表示

味の素冷凍食品株式会社(あじのもとれいとうしょくひん)は、味の素グループ冷凍食品メーカーである。

主な製品[編集]

ギョーザ
ザ★
2015年8月に600g入りの大容量チャーハン「ザ★チャーハン」を発売。2016年12月に大ぶりタイプの肉焼売「ザ★シュウマイ」が発売され、「ザ★」としてシリーズ化された。
五目炒飯
2017年まで発売されていた「具だくさん五目炒飯」が2019年2月に新たな製品として復活発売されたチャーハン。
味からっ
「やわらか若鶏から揚げ」が2018年8月のリニューアルに伴ってブランド化されたから揚げ。
洋食亭
ハンバーグのブランド。以前は家庭用も「フレック」ブランドで「洋食亭」はサブブランドの扱いだったが、その後、家庭用は「洋食亭」へ独立ブランド化されている。
ごろんと
2016年8月に「ごろんと肉厚ハンバーグ」を発売。2017年8月に「ごろんと肉厚メンチカツ」の発売に伴いシリーズ化。
夜九時のひとり呑み
2018年2月発売。雑誌dancyu」と共同開発されたおつまみのシリーズ。
おにぎり丸
2017年2月発売。凍ったまま握るおにぎりの具。2018年2月に半球型からマカロン状に形状を変え、大きさも小さく(25g→20g)するリニューアルが行われた。
フレック
業務用冷凍食品のブランド。

なお、2017年10月の味の素グループにおけるグローバルブランドロゴ導入に伴い、親会社の味の素やグループ会社の味の素AGF同様、2018年春以降に発売やリニューアルされた製品から順次、家庭用はパッケージ(「おにぎり丸」を除く)の裏面に、業務用は表面に味の素のコーポレートスローガンである「Eat Well, Live Well」付の味の素のコーポレートロゴが新たに表記されている。

事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1970年(昭和45年) - 味の素と伊藤忠商事の共同出資により、味の素レストラン食品設立
  • 1972年3月 - 群馬工場操業開始
  • 1973年 - 「味の素冷凍食品株式会社四国」設立
  • 1974年 - 業務用冷食事業に参入
  • 1978年 - 「味の素冷凍食品株式会社九州」の工場完成
  • 1980年 - 「味の素冷凍食品株式会社中部」の工場完成
  • 1984年 - HOT!1シリーズ発売開始
  • 1993年(平成5年) - 味の素冷凍食品関東と中部が合併
  • 1997年 - 冷食生産子会社3社が合併、味の素フレッシュフーズ発足
  • 2000年 - 味の素株式会社の冷食事業を統合、味の素冷凍食品株式会社発足
  • 2003年 - 株式会社フレック(旧・日本酸素子会社)と合併
  • 2017年7月 - ブランドロゴマークに「FRESH FROZEN AJINOMOTO」の表記で刷新[1]。サウンドロゴは親会社の味の素のものとは異なり、15秒のCMは「FRESH FROZEN」と早口で、30秒のCMは「FRESH FROZEN」と若干ゆっくりとした口調で、「AJINOMOTO」はそれとは別の女性が発する。なお、前述したグローバルブランドロゴの導入に伴い、2018年からは右上に味の素のグローバルブランドロゴも表記されるようになる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]