ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
Japan Tissue Engineering Co., Ltd. 
本社外観
本社外観
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 7774
2007年12月21日上場
略称 J-TEC
本社所在地 日本の旗 日本
443-0022 
愛知県蒲郡市三谷北通6丁目209番地の1
設立 1999年(平成11年)2月1日
業種 精密機器
法人番号 4180301011063
事業内容 再生医療製品事業,再生医療受託事業,研究開発支援事業
代表者 代表取締役社長執行役員 畠 賢一郎
資本金 49億5,876万3000円
発行済株式総数 4061万200株
売上高 23億985万1000円
(2020年3月末日現在)
経常利益 △2億2977万7000円
(2020年3月末日現在)
純利益 △2億8709万9000円
(2020年3月末日現在)
純資産 76億3102万4000円
(2020年3月末日現在)
総資産 84億5156万3000円
(2020年3月末日現在)
従業員数 186人
(2020年3月末日現在)
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 帝人株式会社(57.72%)
株式会社ニデック(10.41%)
外部リンク https://www.jpte.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング: Japan Tissue Engineering Co., Ltd. )は、愛知県蒲郡市に本社がある。日本で唯一、再生医療製品を商用生産できるQMS適合施設を持ち、研究~製造販売後対応までトータルに行っている企業である。

概要[編集]

同じ愛知県蒲郡市に本社を置くニデックを母体とし富山化学工業(現・富士フイルム富山化学)やINAX(現・LIXIL)、ベンチャーキャピタルのセントラルキャピタル(現・三菱UFJキャピタル)が出資し設立された。

2021年3月より、帝人のグループ会社となっている。

事業内容[編集]

製品等[編集]

  • 再生医療製品事業
  • 再生医療受託事業
    • 自家培養角膜上皮「ネピック」,自家培養口腔粘膜上皮「オキュラル」(角膜上皮幹細胞疲弊症)
  • 研究開発支援事業

研究開発[編集]

沿革[編集]

  • 1999年平成11年)2月1日 - 設立。
  • 2007年平成19年)12月21日 - ジャスダックNEOへ上場。
  • 2009年平成21年)
  • 2010年平成22年)
    • 10月7日 - 富士フイルム株式会社と資本・業務提携契約を締結。
    • 10月28日 - 第三者割当による新株式発行を行い、新株式すべてを富士フイルム株式会社に割り当てたため、同社が筆頭株主となるとともに、同社及び同社の親会社である富士フイルムホールディングス株式会社のその他の関係会社となる[2]
  • 2011年(平成23年)3月18日 - 自家培養表皮「ジェイス」が表皮水疱症治療を目的とした希少疾病用医療機器に指定される[3]
  • 2013年(平成25年)3月13日 - 自家培養軟骨「ジャック」が膝関節における外傷性軟骨欠損症又は離断性骨軟骨炎(変形性関節症を除く)を適応対象とした医療機器に指定される[4]。日本で2番目に承認された再生医療製品である。
  • 2014年(平成26年) - 産学官連携功労者表彰厚生労働大臣賞受賞
  • 2016年(平成28年)
    • 9月16日 - 自家培養表皮「ジェイス」の先天性巨大色素性母斑への適応拡大が、厚生労働省再生医療等製品・生物由来技術部会で了承される。
    • 9月29日 - 先天性巨大色素性母斑の治療を目的とした自家培養表皮「ジェイス」の製造販売承認事項一部変更(適応拡大)について、厚生労働省より承認を取得。
    • 11月13日 - 再生医療等安全性確保法の施行に伴い、コンサルティング事業並びに細胞培養受託事業を開始[6]
  • 2018年(平成30年)9月30日 - 主要株主である富山化学工業株式会社(翌10月1日付の合併に伴い、富士フイルム富山化学株式会社に商号変更)が富士フイルム株式会社の100%子会社となったことに伴い、再び、富士フイルム株式会社が当社の親会社となる[7]
  • 2021年(令和3年)
    • 1月29日 - 帝人株式会社による当社株式の株式公開買付けに賛同の意見を表明するとともに、同社との資本業務提携契約を締結したことを発表(株式公開買付けは同年2月1日から同年3月2日まで行われた)[8]
    • 3月9日 - 前述の株式公開買付けが成立し、決済が開始されたことに伴い、当社の親会社が富士フイルム株式会社から帝人株式会社に変更。併せて、富士フイルム株式会社と締結していた資本業務提携を同日付で解消[9]

歴代社長[編集]

  • 小澤 洋介(~平成28年6月22日)
  • 比留間 愛一郎(平成28年6月23日~平成29年10月31日)
  • 畠 賢一郎(平成29年11月1日~令和元年6月24日、令和2年6月25日~)
  • 秋山 雅孝(令和元年6月25日~令和2年6月24日)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 自家培養表皮ジェイス:保険適用に関する留意事項について
  2. ^ “第三者割当による新株式発行並びに主要株主である筆頭株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング, (2010年8月30日), http://www.jpte.co.jp/ir/library/allocation_20100830.pdf 2018年11月14日閲覧。 
  3. ^ “自家培養表皮ジェイス:表皮水疱症治療を目的とした希少疾病用医療機器に指定” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング, (2011年3月18日), http://www.jpte.co.jp/ir/library/EB_20110318.pdf 2013年3月28日閲覧。 
  4. ^ “自家培養軟骨ジャック:保険収載のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング, (2013年3月13日), http://www.jpte.co.jp/ir/library/JACC_20130313.pdf 2018年11月14日閲覧。 
  5. ^ “親会社の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), (2014年12月18日), http://www.jpte.co.jp/ir/library/Parent_20141218.pdf 2014年12月18日閲覧。 
  6. ^ “再生医療等安全性確保法に対応する新規事業のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), (2016年11月13日), http://www.jpte.co.jp/ir/library/business_20141113.pdf 2018年11月14日閲覧。 
  7. ^ “親会社の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング, (2018年10月10日), https://ssl4.eir-parts.net/doc/7774/tdnet/1634608/00.pdf 2018年11月14日閲覧。 
  8. ^ “帝人株式会社による当社株式に対する公開買付けに関する意見表明及び同社との資本業務提携契約締結に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング, (2021年1月29日), https://ssl4.eir-parts.net/doc/7774/tdnet/1924460/00.pdf 2021年4月17日閲覧。 
  9. ^ “帝人株式会社による当社株式に対する公開買付けの結果、親会社及び主要株主である筆頭株主の異動並びに富士フイルム株式会社との資本業務提携の解消に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング, (2021年3月9日), https://ssl4.eir-parts.net/doc/7774/tdnet/1940903/00.pdf 2021年4月17日閲覧。 

出典[編集]

  • 『再生医療のおはなし』
  • 『再生医療のおはなし2』

外部リンク[編集]