日本事務器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本事務器株式会社
Nippon Jimuki Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NJC
本社所在地 日本の旗 日本
151-0071
東京都渋谷区本町3丁目12番1号
住友不動産西新宿ビル6号館10F
設立 1924年大正13年)2月
業種 情報・通信業
法人番号 6011001058120 ウィキデータを編集
事業内容 トータルソリューションサービス
情報システム開発
情報システムの運用と保守
代表者 代表取締役社長 田中 啓一
資本金 3.6億円
発行済株式総数 7200千株
株主持分 128億4900万円
(2004年11月30日時点)
売上高 290億円(2019年3月期)
純利益 2億2900万円(2021年03月31日時点)[1]
純資産 122億4900万円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 228億0400万円(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 単独:899名
連結:1,149名(2019年3月期)
決算期 3月末日
主要株主 NEC 17.2%
田中信行 8.1%
田中恵三子 6.6%
(2004年11月30日時点)
外部リンク http://www.njc.co.jp/
テンプレートを表示

日本事務器株式会社(にっぽんじむき、英: Nippon Jimuki Co.,Ltd.)は、東京都渋谷区に本社を置く、システムインテグレーター

概要[編集]

創業は1924年で、当時は計算機やタイプライター等の事務機器の販売が主な業務だったが、現在は各種コンサルティングから、システム企画・構築、導入後の運用・保守に至るまでトータルにソリューション&サービスを提供している。 得意分野は医療・福祉、公共・文教・自治体、中堅・中小企業向けの各種ソリューション。 システム環境の変化に合わせた技術活用とサービス提供に注力しており、近年ではクラウドを活用した顧客へのサービス事業を展開している。

沿革[編集]

  • 1924年 - 大正13年2月日本事務器商会として創業。主要取扱事務機器は、計算機、タイプライタ、タイムレコーダ、複写機、貨幣計数器等。
  • 1929年 - 国産初のビジブルレコーダバイデキス開発・発売。
  • 1948年 - 株式会社に改組(資本金150万円)。
  • 1952年 - ニデカタイムレコーダを発売。
  • 1958年 - 自治体および各府県委嘱により地方自治体の事務改善指導を計画・実施。
  • 1961年 - NECと提携、国産初の「NEAC」超小型電子計算機取扱決定。
  • 1972年 - 資本金1億2,000万円に増資。
  • 1974年 - 資本金3億円に増資。
  • 1983年 - NECパーソナルコンピュータ(PC9800)発売。
  • 1985年 - 医療総合情報システムMAPS-V開発・発売。
  • 1992年 - 医療オーダリングシステム発売。
  • 1994年 - NECサーバExpress5800シリーズ発売。
  • 1995年 - 業務パッケージWinPACシリーズ開発・発売。
  • 1996年 - NJCホームページ(URL:http://www.njc.co.jp/) 開設。
医療総合情報システムMAPS21開発・発売。
統合福祉情報システムWelトピアシリーズ開発・発売。
  • 1999年 - 統合ヘルプデスクセンター開設。
技術サービス部門がISO9002認証取得。
  • 2000年 - 国産ERPパッケージCORE Plus開発・発売。
  • 2001年 - 営業・システム部門がISO9001認証取得。
学校事務システムCampus CORE21開発・発売。
行政総合ソリューション21開発・発売。
  • 2003年 - プライバシーマーク認証取得。
  • 2004年 - 環境マネジメントシステムISO14001認証取得。
IPサービス事業の開始。資本金3.6億円に増資。
学生・教職員向けWebポータルシステムCampus@Venue開発・発売。
介護保険統合システムWebウェルトピアシリーズ開発・発売。
  • 2005年 - セキュリティソリューション “Seplus” を開始。
進化型ERP Core Plus qbic発表。医療システム MAPS/ORDER発売。
地域包括支援センターネットワークシステム発売。
IPトータルソリューションrecipe を開始。
  • 2006年 - 通信販売業務支援パッケージCORE Plus qbic DirectOne発売。
大学向けWebサービスパッケージCampusAvenue発表。
オフィス用品ショップのWebサイトあっとゆ~ま!開設。
中小・中堅企業向けサービス Seplusクラブ を開始。
食品製造・卸業向けERP CORE Plus qbic food 発表。
  • 2007年 - 電子カルテシステムMI・RA・Is/Ex発売。
NEC基幹業務パッケージEXPLANNER/Ai取扱開始。
  • 2008年 - ヘルスプラン作成支援システムHealthcare Master発売。
食品安全マネジメントシステム構築ソリューションHazard Master取扱開始。
  • 2009年 - 医療事務システムMAPSIBARS発売。
新総合健康管理システムCARNAS発売。
入出荷検品システムCORE Plus qbic ePick発売。
クラウドサービスGoogle Apps 取り扱いを開始。
  • 2010年 - 介護保険業務支援システムEHRLINKほのぼのNEXT発表。
共用データベースサービスPHRMAKER発表。
SaaS型ウイルス対策サービスウイルスバスタービジネスセキュリティサービスあんしんプラス発表。
  • 2011年 - クラウド型CRMアプリケーションSalesforce CRM取扱開始。
小規模病院向けSaaS型電子カルテサービスMegaOakSR For SaaS発売。
  • 2012年 - クラウド型大学図書館情報システム「ネオシリウス・クラウド」販売開始。
中堅・中小企業向け統合業務システム「CORE Plus NEO(コアプラスネオ)」を販売開始。
SaaS型サーバ脆弱性対策サービス 「ServerVirtualPatchあんしんプラス」の販売開始。
クラウド型運用支援サービス「Ezharness」を販売開始。
SaaS型URLフィルタリングサービス 「WebFilteringあんしんプラス」を販売開始。

グループ会社[編集]

  • 日本事務器シェアードサービス株式会社
  • NJCネットコミュニケーションズ株式会社
  • NJCソフトウェア株式会社
  • 株式会社メディカル情報サービス

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]