ドリコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ドリコム
Drecom Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証グロース 3793
2006年2月9日上場
本社所在地 日本の旗 日本
141-6019
東京都品川区大崎 2 丁目1番1号
ThinkPark Tower19階[1]
設立 2001年11月13日
業種 情報・通信業
法人番号 1011101050337 ウィキデータを編集
事業内容 モバイルゲームなどのインターネットサービスの開発・運用
代表者 代表取締役 内藤裕紀
資本金 17億9299万円(2022年3月31日時点)
売上高 105億2850万円(2022年3月期)
営業利益 15億9111万円(2022年3月期)
純利益 8億730万円(2022年3月期)
純資産 45億7407万円(2022年3月期)
総資産 96億5347万円(2022年3月期)
従業員数 384名(2022年3月31日時点)
決算期 3月31日
主要株主 内藤裕紀 34.29%
株式会社バンダイナムコエンターテインメント 19.10%
(2021年3月31日時点)
主要子会社 株式会社スタジオレックス、株式会社BlasTrain
関係する人物 内藤裕紀平尾丈吉田浩一郎宮崎謙介
外部リンク https://drecom.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ドリコムDrecom Co.,Ltd.)は、東京都品川区に本社を置きソーシャルゲームの開発・提供を行うIT企業。以前は京都市下京区に本社を置いていた。2006年2月、東京証券取引所マザーズ上場。

事業内容[編集]

ドリコムグループは「with entertainment」のキャッチフレーズのもとに

  • ゲーム事業
  • メディア事業(Webサービス開発、新規事業開発)

の2つの事業を展開している。

以前はブログ事業、アドソリューション事業、携帯電話向けコンテンツ事業(着メロやきせかえコンテンツなど)、広告代理業務も行っていた。

沿革[編集]

  • 2001年
    • 11月 - 有限会社ドリコム設立
  • 2002年
    • 4月 - 「マイプロフィール」サービス開始
    • 8月 - 大学等発ベンチャー創出支援公募に採択
  • 2003年
    • 3月 - 株式会社へ組織変更
    • 7月 - ブログサービスを開始
    • 12月 - 「マイブログリスト」サービス開始
  • 2004年
    • 3月 - 「マイクリップ」サービス開始
    • 6月 - 「ドリコムブログシステムエンジン」提供開始
    • 9月 - 「ドリコムオフィス」サービス開始
  • 2005年
    • 1月 - 株式会社ドリコムテック設立
    • 5月 - 「ドリコムCMS」サービス開始
    • 12月 - 「ドリコムRSS」サービス開始
  • 2006年
  • 2007年
    • 2月 - 「API ITアウトソーシングアワード2006」ベストテクノロジーを受賞
    • 4月 - 株式会社ジェイケンを子会社化
  • 2008年
    • 4月
      • 楽天株式会社との資本業務提携及び第三者割当増資の実施を発表
      • 「J-KENケータイシーケンサー」サービス開始
    • 6月 - 行動ターゲティング広告技術の提供開始(詳細は楽天ad4Uを参照)
    • 10月 - 「きせかえビルダー」サービス開始
  • 2009年
    • 5月
      • 株式会社ジェイケンを吸収合併
      • モバイル広告向けのバナー投稿サイト「集めてバナ~ナ」サービス開始
    • 7月 - mixiアプリ向けポイント広告サービス「poncan」サービス開始
    • 9月 - 子会社 株式会社ドリコムジェネレーティッドメディアを株式会社じげんに商号変更
    • 10月 - 法人向けブログパッケージ事業、個人向け無料ブログサービスの事業譲渡を発表
    • 12月 - Facebookでソーシャルゲームを提供するCrowdStar社と協業開始
  • 2010年
    • 1月 - モバゲータウン(現:Mobage)へゲームの提供を開始
    • 6月 - GREEへゲームの提供を開始
    • 9月 - 子会社 株式会社じげんの株式をじげんホールディングスに譲渡
    • 10月 - 子会社 株式会社ドリコムマーケティングの株式をアリババマーケティングに譲渡
  • 2011年
    • 4月 - 「poncan」をスマートフォン向けサービスとして提供を開始
  • 2012年
    • 3月
      • ソーシャルラーニングプラットフォーム「スマコロ」を開始
      • 携帯電話向けコンテンツ事業を株式会社シーエー・モバイルに譲渡
    • 4月 - 本社を新宿区から目黒区の目黒雅叙園アルコタワーに移転
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
    • 2月 - スマートフォン向けゲーム『ONE PIECE トレジャークルーズ』をバンダイナムコゲームスと共同で世界配信を開始
    • 4月 - 子会社のグリモアより『ブレイブソード×ブレイズソウル』をスマートフォン向けゲームとして提供を開始
  • 2016年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2020年
  • 2021年
  • 2022年

子会社[編集]

連結子会社[編集]

  • 株式会社スタジオレックス
  • 株式会社BlasTrain
  • 株式会社ハッピーホッピーハッピー
  • 株式会社ドリアップ

他社へ売却[編集]

  • SPICE LAB PTE.LTD.(2019年に株式会社フリークアウト・ホールディングスに売却)
  • 株式会社グリモア(2016年にHappy Elements株式会社に売却)
  • 株式会社BXD(2020年に株式会社バンダイナムコエンターテインメントに売却)

担当タイトル[編集]

ここでは主にスマートフォンゲーム事業における開発および運営タイトルを列記する。

配信元:バンダイナムコエンターテインメント

以下の作品はかつての子会社BXDによる開発

配信元:スクウェア・エニックス
配信元:アニプレックス
配信元:フォワードワークス
  • みんゴル
  • 魔界戦記ディスガイアRPG(開発協力)
配信元:サイバーコネクトツー
  • フルボッコヒーローズ / フルボッコヒーローズX (2019年5月27日サービス終了)
自社配信タイトル

連結業績推移[編集]

連結業績推移[12] (単位:百万円)
決算期(期間) 売上高 営業利益 経常利益 純利益
第21期(2021年4月1日〜2022年3月31日) 10,528 1,591 1,541 807
第20期(2020年4月1日〜2021年3月31日) 11,840 2,052 2,019 1,624
第19期(2019年4月1日〜2020年3月31日) 10,150 617 635 711
第18期(平成30年4月1日~平成31年3月31日) 10,720 ▲577 ▲1,349 ▲1,712
第17期(平成29年4月1日~平成30年3月31日) 13,192 190 ▲29 ▲204
第16期(平成28年4月1日~平成29年3月31日) 8,388 932 844 814
第15期(平成27年4月1日~平成28年3月31日) 6,534 ▲206 ▲217 ▲537
第14期(平成26年4月1日~平成27年3月31日) 7,298 301 278 17
第13期(平成25年4月1日~平成26年3月31日) 6,989 ▲503 ▲522 ▲508
第12期(平成24年4月1日~平成25年3月31日) 8,490 474 465 127
第11期(平成23年4月1日~平成24年3月31日) 7,187 1,353 1,348 804
第10期(平成22年4月1日~平成23年3月31日) 2,632 97 96 2
第9期(平成21年4月1日~平成22年3月31日) 2,366 210 205 101
第8期(平成20年4月1日~平成21年3月31日) 2,121 85 61 ▲492
第7期(平成19年4月1日~平成20年3月31日) 2,115 ▲4 ▲18 ▲642
第6期(平成18年4月1日~平成19年3月31日) 843 ▲249 ▲181 ▲114
第5期(平成17年4月1日~平成18年3月31日) 703 256 225 124
第4期(平成16年4月1日~平成17年3月31日) 238 89 91 54
第3期(平成15年4月1日~平成16年3月31日) 111 ▲0.8 ▲3
第2期(平成14年4月1日~平成15年3月31日) 71 ▲14 ▲14
第1期(平成13年4月1日~平成14年3月31日) 0.003 ▲5 ▲5

株価[編集]

ドリコムは2006年2月9日に東証マザーズに上場し、Web2.0関連銘柄として話題となり、初値は公開価格の4.6倍となる347万円となった。また、その後も株価が上昇し続けたため、2月17日には637万円の最高値を付けている。しかし、その後の経営悪化に伴い株価は下落を続け、2008年10月時点では株価は最高値の1/60以下の10万円にまで下落した。

その後、ソーシャルゲームブームなどにより業績が回復、これに伴い株価も回復している。

なお、2019年4月1日時点の株価は、下記の3回の株式分割により上場当初の1000分の1となっている。

  • 2011年10月1日に1:5の割合で株式分割を実施[13]
  • 2014年4月1日に1:100の割合で株式分割を実施[14]
  • 2017年4月1日に1:2の割合で株式分割を実施[15]

出身の著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 有価証券報告書(株式会社ドリコム 第11期)
  2. ^ 楽天株式会社との資本業務提携の解消に関するお知らせ”. 2018年9月20日閲覧。
  3. ^ ドリコムとイグニス、『ぼくとドラゴン』と『猫とドラゴン』の譲渡契約を本日付で正式締結…価格は5億2000万円 譲渡日は3月2日の予定に | gamebiz” (日本語). gamebiz【ゲームビズ】. 2022年5月26日閲覧。
  4. ^ 【速報2】ドリコム内藤社長、BXD株式売却の経緯を明かす 「enza」にはパートナーとして引き続き「深く関与」”. Social Game Info (2020年1月31日). 2020年2月5日閲覧。
  5. ^ ドリコム、ノックノートのゲーム開発部門の一部買収で合意 共同運用中のチームと新作開発チームの合計110名が下期に加わる見通し | gamebiz” (日本語). gamebiz【ゲームビズ】. 2022年5月26日閲覧。
  6. ^ バンナム、『レイヤードストーリーズ ゼロ』のサービスを2019年1月8日をもって終了…サービス開始から約1年1ヶ月で Social Game Info 2018年10月31日
  7. ^ スクエニ、『ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ』のサービスを2018年12月13日をもって終了 Social Game Info 2018年9月13日
  8. ^ 重要なお知らせ ドリコム 2019年3月29日
  9. ^ ドリコム、iOS/Androidアプリ版『ちょこっとファーム』のサービスを11月26日をもって終了 Social Game Info 2019年11月27日
  10. ^ ドリコム、『ファンタジスタドール ガールズロワイヤル』を6月30日にサービスを終了 Social Game Info 2015年5月19日
  11. ^ ドリコム、『ミコノート』のサービスを2022年7月で終了 最後のコンテンツ「渋谷区」は6月下旬に追加”. gamebiz (2022年5月24日). 2022年5月24日閲覧。
  12. ^ 資料室 | 株式会社ドリコム”. 2019年5月13日閲覧。
  13. ^ https://drecom.co.jp/ir/pdf/20110915.pdf
  14. ^ https://drecom.co.jp/ir/pdf/20140212.pdf
  15. ^ https://drecom.co.jp/ir/pdf/20170316_1.pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]