日本システムウエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本システムウエア株式会社
NIPPON SYSTEMWARE CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報
略称 NSW
本社所在地 150-8577
東京都渋谷区桜丘町31-11
設立 1966年8月3日
業種 情報・通信業
法人番号 1011001017717 ウィキデータを編集
事業内容 ITソリューション、 プロダクト、システム機器販売
代表者 代表取締役執行役員社長 多田尚二
資本金 55億円(2020年3月末)
売上高 連結382億73百万円
単独362億55百万円
(2020年3月末)
純資産 連結213億72百万円
単独209億85百万円
(2020年3月末)
総資産 連結305億16百万円
単独297億96百万円
(2020年3月末)
従業員数 連結2,218名
単独1,726名
(2020年3月末)
決算期 3月31日
主要株主 (株)タダ・コーポレーション 33.55%
多田修人 10.31%
(2020年3月末)
関係する人物 多田修人(創業者)
外部リンク https://www.nsw.co.jp/
テンプレートを表示

日本システムウエア株式会社(にっぽんシステムウエア)は、日本のシステムインテグレーター独立系)。企業ブランド名としてNSW(エヌエスダブリュ)を用いる。

概要[編集]

1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供している。

また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛ける。

近年ではこれらの実績を生かし、IoTプラットフォーム「Toami」を軸としたIoTAI分野に注力している。

NECグループとの取引・出資関係が強く、売上の約2割を占めている。

経済産業省(関東経済産業局所管)の、旧・特定システムオペレーション企業等認定制度で認定されていた[1]

沿革[編集]

  • 1966年 - 株式会社事務計算センターとして東京都港区に設立。
  • 1975年 - 自社ビルを現本社所在地に取得。
  • 1982年 - 商号を現社名に変更。
  • 1996年 - 株式を店頭公開。
  • 1999年 - 東京証券取引所市場第二部に上場。
  • 2000年 - 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
  • 2003年 - 渋谷ITコアおよび渋谷データセンターを東京都渋谷区に開設
  • 2009年 - クラウドサービス事業を開始。
  • 2010年 - 京石刻恩信息技術(北京)有限公司を設立。
  • 2013年 - IoT/M2M事業を開始。
  • 2016年 - 香川県高松市に高松データセンターを開設。
  • 2017年 - 北九州事業所を福岡県北九州市に開設。
  • 2018年 - 日本ソフトウェアエンジニアリング株式会社の株式を取得し子会社化。
  • 2018年 - 台湾オフィスを台湾台北市に開設。
  • 2018年 - 南平台開発センターを東京都渋谷区に開設。
  • 2019年 - 道玄坂開発センターを東京都渋谷区に開設。

事業拠点[編集]

その他[編集]

社員による巨額詐欺事件[編集]

社員が2005年度分の帳票を偽造して架空取引をでっち上げ総額4億2800万円を騙し取っていたことが発覚した[2]。このため売上高に3億5300万円の影響を与え、業績予想を修正するに至った[3]

愛社ランキング[編集]

グローバルウェイが運営するビジネス向けソーシャルメディア『キャリコネ』による調査では、愛社されていない企業ワースト10位のうち、5位にランクされており、システムインテグレーター専業では、ワースト1となっている[4]

有給休暇の取得日数が多い100社ランキング[編集]

会社四季報2019年2集春号」では、上場企業約3700社へのアンケートによる回答データを基に「2017年度の有給休暇取得日数の多いトップ100社」のランキングを掲載。そのなかで38位にランクされている[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]