アフォンソ2世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AfonsoII-P.jpg

アフォンソ2世Afonso II1185年4月23日 - 1223年3月25日)は第3代ポルトガル(在位:1211年 - 1223年)。サンシュ1世と王妃ドゥルセ・ベレンゲル・デ・バルセロナの子。「肥満王」(Gordo)と仇名される[1]。歴代ポルトガル王の中で初めて国内の高位聖職者・貴族の弱体化を図った人物である[2]

生涯[編集]

1211年に父サンショの跡を継いでポルトガル王位に就いた。

レオン王国との戦争のため、1212年ナバス・デ・トロサの戦いにアフォンソ2世自身は参戦しなかったが、臣下の多くがカスティーリャ王国アルフォンソ8世の元に集まった[3]

1217年9月にホラント伯ウィレム1世英語版が指揮する第5回十字軍の分派の助けを得て、アルカセル・ド・サルを獲得した[4]

国内の聖職者との対立のためにアフォンソはローマ教皇ホノリウス3世から破門を宣告され、教会への補償を約束した[1]。しかし、1223年に約束を果たす前に没し[1]、存命中に破門は解除されなかった[5]

政策[編集]

アフォンソ2世の在位中にポルトガル最初の一般法が成立した[6]。側近、役人、王族から構成される国王の諮問機関であるクリアが結成され、重要な事項についての議論を行う時には聖職者、有力貴族、騎士団の総長が招集された(コルテス)。この集まりは、後のポルトガルの国王議会の起源となる[6]

また、レコンキスタで領土が拡大し、労働力不足が生じて下層農民階級の流動性が促進された結果、農奴が消滅した[7]

検地[編集]

アフォンソは聖職者の権力を削ぎ、彼らが得る莫大な収入の一部を徴収しようと試みた[1]。土地から多くの収入を得ている教会に対し、宗教団体による土地の購入を禁止した。しかし、個人の聖職者による土地の購入は認められており、政策は成功とは言えなかった[8]

土地を所有する貴族に対して、土地の登記尚書と王から与えられた特権を示し、国璽尚書院で確認を行うように命じた[8]1220年に王領検察制(インキリサン)を実施、土地を巡る紛争の多いミーニョ地方における国王特権を調査した。加えて1216年以降に相続領地の安堵を王に申請させる制度(コンフィルマサン)も行われており[2]、アフォンソの治世ではインキリサンと合わせた国内の検地が行われた[9]。しかし、アフォンソの死と若いサンショの即位によってインキリサンは中断される[8]

家族[編集]

1208年にカスティーリャ王女ウラカと結婚し、4男1女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Alphonso(1911 Encyclopædia Britannica)
  2. ^ a b 合田昌史「ポルトガルの誕生」『スペイン・ポルトガル史』収録(立石博高編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2000年6月)、365頁
  3. ^ ローマックス『レコンキスタ 中世スペインの国土回復運動』、171頁
  4. ^ ローマックス『レコンキスタ 中世スペインの国土回復運動』、181頁
  5. ^ マルケス『ポルトガル』1、49頁
  6. ^ a b マルケス『ポルトガル』1、58頁
  7. ^ 安部真穏『波乱万丈のポルトガル史』(泰流選書, 泰流社, 1994年7月)、30頁
  8. ^ a b c マルケス『ポルトガル』1、53頁
  9. ^ マルケス『ポルトガル』1、81頁

参考文献[編集]

  • D.W.ローマックス『レコンキスタ 中世スペインの国土回復運動』(林邦夫訳, 刀水書房, 1996年4月)
  • A.H.デ・オリヴェイラ・マルケス『ポルトガル』1(金七紀男訳, 世界の教科書=歴史, ほるぷ出版, 1981年11月)
  • Alphonso(1911 Encyclopædia Britannica)

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アフォンソ2世 (ポルトガル王)に関するメディアがあります。