Zuma

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Zuma
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ブラウザゲーム
Xbox 360
Windows
Mac OS X
iPod
携帯電話ゲーム
開発元 PopCap Games
発売元 Oberon Media
人数 1人
メディア ダウンロード販売
発売日 Xbox 360: 2007年12月4日
対象年齢 Xbox 360: CERO:A(全年齢対象)
テンプレートを表示

Zuma』(ズーマ)とは、アメリカのゲームデベロッパーであるPopCap Games2003年にリリースしたパズルゲームである。

Shockwaveで作成され、ブラウザ上でプレイが可能な『Zuma』(無料)と、Xbox Live ArcadeiPod携帯電話ゲームWindowsMac OS X向けなどのプラットフォームでリリースされている『Zuma Deluxe』(有料)が存在する。

2009年には続編の『Zuma's Revenge』がリリースされた(後述)。

ルール[編集]

  • フィールド上には色のついたボールを発射する砲台と、それを取り囲むように外側から内側に向かって渦巻き状など(ステージによって異なる)になったレーンが存在する。
  • 砲台はプレイヤーの操作で360度自由に回転させることができ、その方向に任意のタイミングでボールを発射することができる。
  • さまざまな色のボールが一列に連なった状態でレーンの上を転がってくるので、それがレーンの終端まで達してしまわないよう、ボールを消していく。
  • 砲台から発射したボールがレーン上の列に衝突すると、そのボールが衝突した部分に挿入される形で列に加わる。
  • 同じ色のボールを3つ以上連ねると消すことができる。
  • ボールが消されたことによって列がとぎれた場合、その両端に同じ色のボールが存在すると、ボールの列が後ろにぶつかるまで吸い寄せられる。この際、ぶつかった衝撃で、ボールの列全体を少しだけ後退させることができる。
  • ボールが吸い寄せられた際に、さらに同じ色のボールが3つ以上連なると、連鎖反応が起こり、これらも消すことができる。
  • ボールの列を最後まで消しきるとクリアで、逆にボールがレーンの終端まで達してしまうとミスとなる。

Zumaとパズループ[編集]

Zumaのパズル性部分のコンセプトは1998年に日本のゲームメーカーのミッチェルアーケードゲームとしてリリースした『パズループ』(欧米版のタイトルは "Ballistic" および "Magnetica")をコピーしたもので、前述のZumaのルールもパズループのそれと大部分同じである。ただし残機制の採用などの変化は加えられている。

著作権や特許権等の知的財産権が保護しているのはゲーム中の表現、キャラクター、内部のプログラムといった部分であり遊びのルールやコンセプトのアイディア部分は対象になってはいないが、ミッチェルの社長尾崎ロイはインタビューでPopcapを非難した[1] [2]

Zuma's Revenge![編集]

Zumaの続編。2009年にWindows・Mac OS X版が、その後ニンテンドーDSiOS・Xbox Live Arcadeでもリリースされた。グラフィックスやゲームモードなどが強化されている。日本語版は「ズーマ・リベンジ!」のタイトルで、ブラウザゲームとダウンロード版(Windows)がリリースされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]