ZIS-5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンの輸送に使用されていた ZIS-5。

ZIS-5ロシア語ЗИС-5)は、1933年10月から旧ソ連の ZIS 工場(現在のジル社)で生産されていた 4×2 トラックである。アメリカのオートカー社が開発した「モデルCA」トラックのほぼ完全なコピーだった。

開発[編集]

1931年、AMO(ロシア語:Автомобильное Московское Общество、モスクワ自動車会社の意味)のトラック工場は、アメリカのA・J・ブラント社の協力のもと設備の更新と拡張を行い、新たに AMO-2 トラックの生産を開始した。AMO 工場はこれまでイタリアのフィアット社製 F-15 トラックのコピーでソ連初の国産トラックだった AMO-F-15 を生産しており、AMO-2 はその後継車として位置づけられた。

AMO-2 の改良は引き続き行われ、間もなく AMO-3 や AMO-4 といった新しいモデルが登場した。1933年に AMO 工場はスターリン工場(ロシア語:Завод Имени Сталина、ラテン文字表記の例:Zavod Imeni Stalina、ZiS または ZISと略される)に再編され、同年夏に ZIS-5 の最初の原型車が完成した。

生産[編集]

ZIS-5の発展型のウラルZIS-355。

ZIS-5 の生産は1933年10月1日に開始された。ZIS-5 は成功を収め、1930年代から1950年代にかけて GAZ-AA トラックと共にソ連の主要トラックとしての地位を占めることとなった。第二次世界大戦においてはソ連赤軍でも使用され、独ソ戦の開戦時には10万4200台の ZIS-5 が軍用として配備されていた。

1941年、ナチス・ドイツのソ連侵攻を受けてモスクワの ZIS 工場の生産ラインは停止され、ヴォルガ川に面するウリヤノフスクと、ウラルチェリャビンスク地域に位置するミアスへの疎開が行われた。ウリヤノフスクのUASZIS工場は1942年2月から1944年まで、ウラルZIS工場では1944年7月から戦後の1955年まで、それぞれ ZIS-5 トラックの生産を行った。1942年4月にはモスクワでの生産が再開され、1948年にエンジン換装型の ZIS-50 が登場するまで続けられた。

1955年にはウラルZIS工場も独自に ZIS-5 の改良型を開発した。これは新型エンジンと楕円形のフェンダーを持ち、ウラルZIS-355 あるいは単に ZIS-355 と呼ばれた。

ZIS-5V[編集]

1941年、戦争による資源の欠乏のため ZIS-5 は設計変更を余儀なくされた。丸みを帯びたプレス製のフェンダーは曲げ加工で作られた平坦なものへの変更され、キャビンや足場も木製に交換、前輪ブレーキは廃止され、車体後部の扉は開閉するだけのものになった。中には右側のヘッドライトやバンパーを欠いたものもあった。

このように単純化されたモデルは ZIS-5V と名づけられ、1942年5月にウリヤノフスクで生産が開始された。後にはモスクワやミアスでも製造された。生産数は全工場合わせて100万台前後に達し、このうち53万2311台がZIS工場で作られた。戦時中に生産された ZIS-5 は各モデルを合わせて8万3000台程度だった。

軍事利用[編集]

第二次世界大戦中 ZIS-5 はあらゆる戦線で使用され、その簡素かつ故障しにくい構造が高く評価された。ZIS-5 は物資の輸送の他に、火砲牽引車や兵員輸送車(荷台に5つの長椅子を設置し25人の兵士を乗せることが出来た)、燃料輸送車、作業車、救護車、火器運搬車としても使用され、兵士からは3トンのペイロードに因んでトリョーフトンカ(ロシア語:Трёхтонка)と呼ばれた。

1933年から1943年にかけての期間、ZIS-5 は、GAZ-AA についで二番目に多用されたソ連の軍用トラックとなった。1943年から1944年にかけ、レンドリース法によって大量のトラックがアメリカから貸与されると GAZ-AA は後方任務に回されることが多くなったが、ZIS-5 は第一線で働き続けた。

ZIS-5 は、1941年から1944年まで続いたレニングラード包囲戦において、凍結したラドガ湖上にレニングラード(現サンクトペテルブルク)への唯一の補給路(命の道)を形成するのに大きな役割を果たした。

ソ連国外での使用[編集]

ZIS-5 は初めて輸出されたソ連製自動車となった。1934年にトルコに100両が輸出され、続いて、アフガニスタンイラクイランスペイン中国ラトビアリトアニアエストニアモンゴルルーマニアが輸入を行った。また、フィンランドは1939年から1940年の冬戦争で捕獲した車両を、ドイツは独ソ戦で捕獲した車両をそれぞれ運用している。

諸元[編集]

  • 形式: 4×2、2軸、3トントラック
  • 生産数: 100万両程度
  • エンジンキャブレター式、73馬力/2300rpm 6気筒 SV、排気量5557cc、水冷
    • 1944年1月からは 76馬力/2400rpm、1950年代はじめからは 85馬力 に強化。
    • ボア×ストローク: 101.6×114.3mm
  • 長さ: 6060mm(バンパーを含む)
  • 高さ: 2160mm
  • : 2235mm
  • ホイールベース: 3810mm
  • 変速機: 4×2速、同調装置なし
  • 重量: 3100kg(空車時)
  • 最高速度: 60km/h、70km/h(1950年代初頭以降)
  • タイヤ: 34×7 または 9,00×20 インチ、36×8 も使用可能。
  • 燃料消費: 34.0L/100km

関連項目[編集]