Z形成術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Z形成術(ぜっとけいせいじゅつ)とは副切開を入れてつくった二つの三角形の皮膚を入れ替える、局所皮弁のひとつ。

これにより皮膚不足分が補われ、関節可動域が広まる。

W形成、V-Y形成などがある。

関連項目[編集]