xeyes

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SSH上でxeyesを起動させたところ

xeyesは、2つの動眼を表示するグラフィカルなプログラムで、動眼がまるでマウスカーソルを見ているかのようにその動きを追う。X Window Systemmanページによると、Jeremy Huxtable がNeWSシステム向けに開発し、1988年のSIGGRAPHで紹介されたものを、Keith Packardが真似たのが起源である[1]

類似のプログラムはXだけでなく他のシステム(WindowsJavaなど)向けにも多数作られている。

xeyesのmanページでは、おふざけで、このプログラムがユーザーの行動を監視し「ボス」に報告すると主張している。

派生作品[編集]

  • xgolgo - 動眼部分を、ゴルゴ13似の、カミソリの刃のような鋭い目つきとしたもの。
  • xeyes+ - ルートウィンドウ上に多数の充血した動眼を表示することで、不気味さを表現したもの。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]