XDR (メガドライブ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XDR (X-DAZEDLY-RAY)
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 メガドライブ[MD]
開発元 アフェクト
発売元 ユニパック
人数 1人
メディア [MD]:ロムカセット
発売日 [MD]:1990年8月26日
テンプレートを表示

XDR』(エックス・ディー・アール)はユニパックが1990年にセガのゲーム機・メガドライブ向けに発売したシューティングゲームである[1]

概要[編集]

いわゆる強制横スクロールのシューティングゲーム。8方向移動と3ボタン(ショット、ミサイル、自機の移動スピード調節)という操作系統で、全6ステージの無限ループ制。オプション画面で、難易度(EASY・NORMAL・HARDの3段階)や、オート連射の有無等を設定することが可能である。

本作はグラフィック・サウンドともに(同時期、あるいはそれ以前に出たメガドライブ用のシューティングゲームと比較して)チープであり、また難易度も非常に低く、前述の難易度変更を使用しても、敵の固さが変わる程度である。

脚注[編集]

  1. ^ 尚、続編・移植作等は一切発売されていない。なおユニパックが発売したゲームソフトはこの1作だけであり、ユニパックは本作の発売後、解散している。