X/Open

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

X/Open Company, Ltd. は、ヨーロッパのいくつかのUNIXシステム製造業者が1984年に設立したコンソーシアムであり、情報技術分野のオープン標準の確立と振興を目的としていた。特に当初の目的は、UNIX系のオペレーティングシステムの唯一の仕様を定義することで、それによってアプリケーションの相互運用性を高め、ソフトウェア移植のコストを削減しようとしていた。当初のメンバーは、Bull、ICL、シーメンスオリベッティ、ニクスドルフであった(頭文字をとって BISON とも)。フィリップスエリクソンがほどなく参加し、その時点で X/Open という名称となった。

X/Open は策定した仕様を X/Open Portability Guide (XPG) の名前で公表した。第1版では基本的なオペレーティングシステムのインタフェースをカバーし、最初の結成から1年以内に発表にこぎつけている。第2版は1987年で、初期化、端末インタフェース、プロセス間通信、C言語、COBOL、FORTRAN、Pascal、SQL、ISAM などもカバーしている。これらの多くは、既存の国際標準を参照しているだけである。

1988年に出た XPG3 では、POSIX のオペレーティングシステム仕様をカバーすることに注力している。このバージョンが最もよく使われ、その後にも影響を与えた。

1990年までに、X/Open は21の企業や団体が参加するようになった。当初の5社以外は以下の通り:

X/Open は1993年から1996年まで UNIX® という商標を管理していた。その後、Open Software Foundation と合併し、The Open Group となった。

参考文献[編集]