X-Seed 4000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
X-Seed 4000
概要
現状 構想
用途 複合用途
所在地 東京
高さ
屋上 4000m
技術的詳細
階数 800

X-Seed 4000(エクシード―)は、大成建設によって1990年に構想されたハイパービルディング計画である。

概要[編集]

800階建て高さ4000mと、今まで世界で構想された建築物の中で東京バベルタワーに次いで2番目に高い[1]。延床面積7000haに100万人が生活する。1階部分は直径6000mで上の階ほど細くなり、全体として富士山型の外観を呈する。因みに富士山は3776mである。30階100mごとに完結する。

太陽光発電を設置したり、光、気温、大気圧などを外部に合わせる機能を持たせる。その規模から建設地は東京湾上が想定され、工費150兆円工期30年が見積もられている。しかし、建設の困難さはきわめて高く、今まで確実な施工が検討されたことはない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ビルとしては二番目に高い。それ以外の人工物では、軌道エレベータなど、さらに地表高くに到達する建築物が計画されている。

外部リンク[編集]

X-SEED4000 (外観イメージイラスト)