WorkXPlore 3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WorkXPlore 3D
LogoWorkxplore.png
作者 セスクワ
初版 2008
対応言語 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、チェコ語、日本語、中国語、韓国語
種別 CADビューワ
公式サイト www.workxplore-3d.com/jp
テンプレートを表示

WorkXPlore 3D は、Automatic CAD/CAM "WorkNC"のセスクワが、世界中の製造現場からの意見を取り入れて開発したCADビューワである。CADオリジナルデータを利用し、高速表示・高精度測定・多彩な形状検証機能をもつ3Dコミュニケーションツール。[1] WorkXPlore 3Dは2008年にリリースされて以来、、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、日本、インド、中国、そして韓国のセスクワ各支社と、世界各国50社以上の代理店が手厚くサポートをしている。無償の30日評価版をお試しすることが可能。[2]

機能性[編集]

WorkXPlore 3Dは、オリジナルのCADデータに依存することなく、3D CADファイルを高速表示・高精度測定・形状検証・共有できる3Dビューワである。非常に操作が簡単で、ユーザーがCADのエキスパートでなくても使用できるように設計された。

WorkXPlore 3Dは、ユーザーが3D形状計測や、前もってユーザーがアンダーカットエリア、平面サーフェス、厚み、ボリューム、サーフェス、重量、ダイナミックな断面表示を測定可能にする検証機能が可能。3Dモデルに直接、寸法や形状測定したものを表示したり、注釈やラベルを付けたりすることが可能なので、2D図面が不要になる。 また、ユーザーが3D形状やアッセンブリファイルを、下請負先や顧客または同僚に、インターネット経由でEXEファイルとして簡単に送ることができる。受信者は、受け取った3Dモデルをすぐに表示でき、3Dモデル上で作業が可能。 WorkXPlore 3Dは、大きな3Dファイルを高速表示し処理することができる。[3]

2010年WorkXPlore 3Dは、 ANA (全日本空輸株式会社) に、Boeing787ドリームライナー整備用ツールとして採用されたビューワ・コミュニケーターである。 [4] WorkXPlore 3Dは、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、日本語、中国語、韓国語その他の言語も準備中。

読み込み可能なCADフォーマット[編集]

WorkXPlore 3Dは以下のCADフォーマットの読み込みが可能:

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Direct Industry, “WorkXPlore 3D collaborative viewer
  2. ^ a b WorkXPloreウェブサイト, [1]
  3. ^ TCT magazine, “WorkXPlore 3D award winning software
  4. ^ cadcam-insider.com, JIMTOF Gives Visitors a Chance to Experience Japan's Top CAM Software

外部リンク[編集]