Wntシグナル経路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

wntシグナル経路(ウィント-シグナルけいろ、wnt signaling pathway)とは胚発生ガンに関連するタンパク質のネットワークである。wnt(ウィント)はショウジョウバエにおいて広く研究されており、この遺伝子が壊れるとがない表現型が生まれる。

wnt経路はC. elegansからヒトまで、多くの生物種において保持されている。標準的な経路では、Wntタンパク質はFrizzledファミリーの細胞表面受容体に結合し、受容体にDishevelledファミリータンパク質を放出させる。Dishevelledは、通常はβ-カテニンシグナル分子を促進するアキシンGSK-3APC遺伝子を含んだ分子の複合体を抑制する。この複合体が抑制されれば、β―カテニンは安定化し、へ入る事が可能となり、他の転写因子と相互作用し、特異的な遺伝子発現を促進する。


外部リンク[編集]