Will It Blend?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Will It Blend?(ウィル・イット・ブレンド)とは、アメリカ合衆国ユタ州Blendtec社が発売するブレンダーTotal blender」の動画コマーシャルシリーズのタイトルである。

インパクトのある映像と何でも容赦なくブレンドするコマーシャルのコンセプトが人気を呼んだ。イベント会場でのライブ映像や番外編等も含めて、動画投稿サイト等で閲覧可能である。

内容[編集]

Blendtec社の創設者トーマス・ディクソンThomas Dickson)が軽妙なトークとともに様々な品物(主に生活雑貨)を自社製品のブレンダーTotal blender」に投入し、実際に粉砕してみせることで製品の強度を宣伝する。

毎回ディクソンの決め台詞「Will it blend? That is the question.」(ブレンドできるのか?そこが問題だ)とともに始まり、軽快なオープニング音楽が流れる。次に、ディクソンがトークをしながら机のうえに並べられた様々な品物を次々とブレンダーに投入していく。ブレンダーに入れるものは、電球携帯電話など普通ブレンダーには投入しないような物である場合が多い。食品であっても、容器ごと入れたりする。いよいよディクソンがブレンダーのスイッチを入れ、蓋を押さえながら品物を粉砕する様子が流れる(しばしば満足げな笑みを浮かべてカメラを見つめる)。このとき、下に「Do not try this at home!」(家庭ではマネしないで!)などと表示される。原型がなくなるほど十分粉々になると、ディクソンがを取って「○○ smoke. Don't breathe this.」(○○のだ。吸っちゃダメ)などと言いつつブレンダーのカップを取り外し、逆さにして中身を空ける。たまにジョージなる人物が現れ、完成品を試食させられたりすることもある。最後は「Yes, it blends!」(うん、ブレンドできる!)と締めくくられる。

稀にコーヒー豆などごく普通の食物をブレンドすることがある(下に注意書きも表示されない)。こういった場合ディクソンはつまらなさそうな様子を見せ、トークのテンションも低い。

また変わった例としてはクレジットカード編があり、この場合は「通常ブレンドしないモノ」であるにもかかわらず、注意書きの部分が「Please,try this at home!(是非おうちで試してくださいね!)」となっている。

今までにブレンドしたもの[編集]

など。

このほかにも多数の物(食品でない物も多数)がブレンドされている。

コラボレーション企画[編集]

数多い作品群の中には、他社とのコラボレーション企画が存在する。例えば"Olympus Multimedia Blend"編ではオリンパスデジタル一眼レフをはじめとしたカメラ類をブレンダーの中に投入してブレンドした結果、ブレンダーの中からE-P1が出てくると言うムービーがある。

ニコニコ動画でのWill It Blend?[編集]

このコマーシャルはBlendtec社のHP上で公開されていたが、2007年7月にニコニコ動画に転載されて注目を集めた。同社のミキサーはAmazonでも販売しており、ニコニコ市場に貼り付けられていたが、価格が198,450円(税込)と高い事で知られる。

なお、Amazonに登録されているのは価格の高い業務用モデルで、動画で使われているのとは別のものの様である。動画で使われている家庭用の「Total Blender」は、Blendtec社のサイトにて約400ドルで購入できる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]