Wikipedia:表のガイドライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

このページでは、ウィキペディアの記事におけるの使いどころを解説します。具体的な編集方法については、Help:表の作り方を参照してください。

どんなときに表を作成するべきか?[編集]

表は一般にデータ集を見易く整理・表示する事が出来、特にデータが予め行と列で表せる形式になっていれば、大抵の場合は表にするのが最も良いやり方です。また行・列で表せるデータであれば、必要に応じてソート機能を使う事により一つのデータ集を多角的に提示する事も出来ます。

表の使用が適切な例としては、以下のようなものがあります。

  • 数学の表
    • かけ算九九の表
    • 約数の表
    • ルックアップ
  • 多項目に渡る情報の一覧
    • 同じ単語を二つ以上の言語で表記する
    • 人、誕生日、居住地リスト
    • アーティスト、アルバム、発表年、レーベル

表がふさわしくないのはどんなときか[編集]

上述の通り、行と列で表せる情報を表示するのにあたり表の使用は有用な方法です。しかし、表の編集にはやや複雑なマークアップを理解する必要があり、後からの編集が難しくなるという短所があります。従って、表を使用する利点が少ないのであれば、表の使用を避けて平易なマークアップで済む箇条書きを使用する方がより適切です。表の使用を考えた際にはまず、「表を使用する事によりどのような利点があるか」を具体的に考えてみて下さい。その利点を具体的に説明する事が出来ないのであれば、おそらく表の使用は最善の方法ではありません。

また、表はレイアウトだけのために使うべきではありません。あなたが編集している情報が、表形式で書くべき性質のものでなければ、表形式では書かない方がよいでしょう。写真の下にキャプションを入れたり、一覧のグループを整理したり、その他見栄えを変えるだけのために、表は使わないようにして下さい。他のウィキペディアンにとって記事が編集しにくくなりますし、表の本来の使い方ではありません。

非常に短い一覧[編集]

一覧がごく簡素な場合には箇条書きを使って下さい。簡素な一覧は、行・列を使うまでもなく十分に読者が理解できます。ここに、表の代わりに箇条書きを使う方がよいと思われる例を挙げます。

表での表記(悪い例)[編集]

アルバム
1993 Janet
1997 Control
1997 The velvet rope
2001 All for you
または  
アルバム
1993 Janet
1997 Control
1997 The velvet rope
2001 All for you

表を使用しない表記(良い例)[編集]

  • 1993年 - Janet
  • 1997年 - Control
  • 1997年 - The velvet rope
  • 2001年 - All for you

単純なテンプレートのレイアウト[編集]

単純なテンプレートは表を使わなくてもできます。

表を使った場合に考えられる問題[編集]

表を正しく使っていても、面倒なことは他にも起こります。記事で表を使いたくなったら、以下の項目に該当しないか検討してみてください。

  • 自分のウェブブラウザでは見栄えが悪いという理由で、しばしば表に書式指定などを付け加えたくなります。ところがその書式指定のために他のウェブブラウザで見栄えどころか可読性まで失ってしまうことがあります。概して表は広く安定して見せることが難しいため、なるべく避けることが望ましいのです。
  • たくさんの情報が詰まっている大きな表は、解像度の低い画面では、右側が切れてしまって表示されない可能性があります。これは見る人があらかじめ警告されていれば、許されるでしょう(例:周期表 (表が巨大なバージョン))。もし非常に大きな表を作る必要が生じたら、大きな表がうまく利用できない環境の人用に、シンプルで小さい表もつくることも考えられます(例:周期表には、もっと小さい表のバージョンも用意されています)。
  • 表の中に固定幅のテキスト(例えば、HTMLでいうと、codeprettなど)を使う場合、記事の幅が必要以上に横に広げられてしまいます。可能ならば、表の中では固定幅のテキストを使うのは避けましょう。そうすれば、文は自然に詰めて配置されます。同様の問題は、表の中に画像を入れた場合にも起こります(画像は通常固定幅として扱われてしまいます)。
  • 表の各セルに大量の情報が収められていると、ブラウザによっては、表示上の問題が起こることがあります。とりわけ、大きな段落が入っていると、Lynxなどのテキストブラウザではフォーマットが乱れます。表を作る目的によっては、大きな段落を入れるのはやむを得ませんが、可能ならば、表のセルに入れる内容量は少なくするようにしてみてください。

表の実例[編集]

シンプルな表:

少し複雑な表:

複雑な表:

関連項目[編集]