Wikipedia:最新情報の反映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィキペディアはその媒体特性を活かし、紙製の百科事典よりもタイムリーな内容を記事に反映できます。しかしタイムリーな編集は情報の確度が低い場合も多く、より慎重に編集を行なう必要があります。本ガイドラインではこのようなタイムリーな編集を行なう際に気をつけるべき注意点をまとめています。

速報的な編集には出典を[編集]

ウィキペディアは紙製の百科事典ではないためタイムリーな編集自体は問題とはされず、むしろ歓迎されます。しかし、特に速報的な編集では「定説」が形成されていないため独自研究に陥りやすく、一方的な思い入れによる中立的な観点に欠けた記載も多く見られます。こうした事態を避けるため、タイムリーな編集を行なう場合には必ず出典を明記してください。

独自研究や中立的な観点にかけた記述を防ぐために、ウィキペディアでは全ての記事において検証可能性を満たす事が求められており、信頼できる情報源に基づいた文章を求めています。従って出典を伴わない編集はタイムリーであるかどうかに関わらずにたとえ事実であっても除去の対象と成り得るものですが、特にタイムリーな編集には上記の理由から、堅実に検証可能性を満たす事がより強く求められます。また、正規の発売日よりも前に入手(いわゆるフライングゲット)した資料は検証可能性を満たしませんので、出典とすることはできません。

またタイムリーな編集は、タイムリーなだけでは歓迎されません。その記述が百科事典に掲載すべき記述として相応しいかどうかはタイムリーであることとは無関係です。ウィキペディアが百科事典であることを念頭に置き、「百科事典に掲載に相応しいかどうか」をしっかりと吟味する必要があります(cf.Wikipedia:ウィキペディアは何ではないかWikipedia:中立的な観点)。新規立項の場合は、その主題が百科事典への掲載に相応しい特筆性を満たすのかどうかもしっかりと考慮してください。

出典のない速報的編集を見つけた時は[編集]

出典の無いタイムリーな記述に対してはまず検証可能性に基づき出典の明示を求めて下さい。もし出典の確認が取れない場合は、Wikipedia:検証可能性に基づき記述の除去等の対応を行なって下さい。

速報情報を扱う際の考え[編集]

以下に記す 10年後テスト(ten-year test)は、これらの判断の助けとなります。

加筆しようとしている内容は、今から10年後であっても意義あるものであろうか? この記事で自分が注力しようとしている記載は、すでに投稿された内容以上に意義があるものだろうか?

たとえば、2004年の時点では2004年アメリカ合衆国大統領選挙のほうに加筆する方が2000年アメリカ合衆国大統領選挙よりも妥当だと思います。ですが10年20年後から見れば、どちらの出来事も目新しいものではなく、読者にとっては二つの記事が同じ程度の詳細度であったほうが有用です。

現在進行形の出来事が一段落した後になれば、一日あたりの編集回数は最小限に落ち着きます。その際には全体的に書き換えてはどうでしょうか? 多くの記事は最も重要な情報、出来事の幅広い意味での特筆的影響、それに関連する事項へのリンクを重視して残すべきです。 大まかな草稿段階で執筆された、時系列の速報と連日に及ぶ更新については、多くが安全に取り除くことができます。

Wikinewsもあります。Wikipediaと違って、Wikinewsプロジェクトは報道のように現在のイベントを細部まで記載するニュース記事を目指しています。

時間をおいて様子見してください。思い出してほしいのは、Wikipedia:締め切りなんてないことです。 今日のあなたは、今日の出来事について歴史的視点で把握はできませんし、またウィキペディアは未来を予測する場ではないのです

テンプレート[編集]

関連方針[編集]