Wikipedia:剽窃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Wikipediaと著作権
方針
著作権の方針
CC-BY-SAライセンス文章
GFDLライセンス文章
アップロードファイル
ガイドライン
ウィキペディア内でのコピー
自著作物の持ち込み
各言語版間の翻訳
対応
侵害が疑われるページを見つけたら
著作権問題調査依頼
関連情報
著作権関係の議論一覧

剽窃(ひょうせつ,Plagiarism)は、他人の成果物をクレジット表示することなく取り込むことです[1]。 この用語はよく混同されていますが、著作権侵害と同じ意味ではありません。著作権侵害は著作権保護下にある成果物について著作者の排他的権利を侵害して許可無く用いることです。著作権の表示により行為が軽減されたりはしません[2]。 同様に、パブリックドメインの著作物についても出典の明記無く用いた場合、著作権の問題がなくとも剽窃とみなされます。 このガイドラインでは、コピーと似たパラフレーズ行為が問題とならない場合と、その剽窃リスクをどのように回避するか、そのような問題が生じた場合どう回避するかの方針を示します。

Wikipiediaの検証可能性の方針は、記事が出版物の情報源に基づくことを要求しています。その情報源は剽窃とみなされることを避ける形で出典注釈されなければなりません。また引用やパラフレーズを行う場合は、その記述が何処から来たものか、本文中で出典言及しなければなりません。、記述中で用いる時に注意深くインライン引用する必要があります。あなたは以下3つのルールに従うことで不注意による剽窃を避けることができます。

  • INCITE: 言説文では、フレーズ・文・パラグラフの後に出典注釈を加える。
  • INTEXT: 出典をコピーしたりパラフレーズする場合には、本文中で出典言及する。(パブリックドメイン記事の脚注も参照).
  • INTEGRITY: 記述ソース全体を用いる際には、出典注釈によってその各部分がどの出典であるかを記載する。

ウィキペディアは信用できる出典を重視しているため、ウィキペディアへの執筆は、他のメディアに対しての執筆よりも剽窃問題を起こしやすいです。

そういった事情から、剽窃問題についてはそれを指摘するよりも、執筆者の意識意識付けの点から冷静に対応する必要があります。 殆どの場合は剽窃の指摘についての対応は、その行為が継続的で広範囲であるという深刻なケースで無い限り、編集者に対してアクションを起こすことよりは記事のクリーンアップになります。

なぜ剽窃をしてはならないか[編集]

他人の著作物をクレジット無しにコピーしてくることは、それがミスであろうと故意あろうと、複製者と原作者との間に紛争を引き起こします。

  • 有用な百科事典は、出典情報を示すことで読者がその文献をチェックすることを可能にしています。
  • 信用できる百科事典は、原著者の存在を無視して黙って記述内容をコピーしたりはしません。
  • 記述を他から黙ってコピーすることは、読者がWikipediaの記述を再利用する際に法的な問題を引き起こします。これはその内容が米国ではパブリックドメイン下であってもです。著作権が消失しているかどうかは、その国の法律によって違ってくるからです。
  • 他人の成果物をクレジット無しに使うような集団には、支援したり加わってくれるような人は集まりません。

剽窃の定義[編集]

剽窃は著作権侵害と同じ意味ではありません。パブリックドメインの素材であっても帰属付記が必要です。

辞書上の定義[編集]

Merriam-Webster's Online Dictionary では、ソースの剽窃を次と定義しています[3]

transitive verb:
1) to steal and pass off (the ideas or words of another) as one's own
 (他人のアイディアや言葉を自分のものとして盗んだり抜き取る)
2) use (another's production) without crediting the source.
 (他人の成果物をソースのクレジット無しに用いる)

剽窃は著作権の侵害と同じではありません。もしパブリックドメインの記述を一字一句違わずにコピーした場合は著作権の侵害にはなりませんが、自分自身の制作物として公表した場合は剽窃行為となります。

Wikipediaにて剽窃とみなされる場合[編集]

方針ショートカット:
WP:PLAGFORM
WP:PLAGFORMS

独自研究を禁じているため、Wikipediaでの剽窃問題は他と違っています。 執筆者は信頼できる出典を重視かつ固執することが要求されており、これを編集・議論などで厳密に守る必要がある為です。 加えて多くの記事は、その話題について特別な教育を受けた人によって書かれてはおらず、学術的・業務的な背景を持った人によって執筆・編集・調査されたものではありません。このような背景のため、Wikipediaでは他の出版形式よりも不注意による剽窃が簡単に起こってしまいます。全ての執筆者は自分の記載について、剽窃とならないよう十分注意することが求められます。

剽窃は以下などのような形式で起こります:

× 未記載のソースからのコピー

  • 記事本文・脚注・出典項目・外部リンクの何処にもソースを記載せずに、一字一句またはごく小さな変更(パラフレーズ)で記述を用いている
  • これは最も悪質な剽窃の形であり、偶発的に起こる可能性は最も低いです。

× 不完全な出典記載の形式でソースをコピー

  • 出典については記事のどこかに記載しているが、コピーした文章・文節の直後に記載されていない形で、一字一句またはごく小さな変更で記述を用いている
  • これは筆者は記述を自分自身の制作物として成り済まそうとしているとみなされます。これは出典注釈が編集時に抜け落ち、整合性を失うという事故で起こりやすいです。編集者がリファレンス節の参考文献のみに注目し、出典注釈を省いてしまう場合にも起こります。

× 適切な位置に出典注釈が置かれているが、本文中で出典言及をしていない形でコピー

  • コピーした記述の直後に出典注釈を置いているが、本文中で誰の記述か言及していない形で、一字一句またはごく小さな変更で記述を用いている
  • 筆者は記述を自分自身の制作物に成り済まそうとはしていませんが、しかし情報源について本文で言及しないまま記述を用いているので剽窃とみなされます。コピーされた言葉が多いほど、かつ表現を変えてパラフレーズするほど、より深刻な違反となります。注意すべき点は、本文中で出典を言及すれば("ジョン・スミスの主張では ...")、剽窃問題は必ず避けることができますが、しかし著作権侵害を避けられるとは限らない事です。出典からのコピーやパラフレーズは著作権保護下にあるものについては長すぎないようにしてください。少しの言葉であれば問題になることは稀でしょう。
  • 出典に言及する際は他の問題を起こさないよう注意深く行なってください。例えば『スーザン・ジョーンズ教授によると、地球温暖化は人間の営みによる大気中二酸化炭素の増加によって引き起こされている。』という文章は中立的な観点に抵触します。なぜならばこれは多くの科学者によるコンセンサスであってジョーンズ博士だけの主張ではないからです。
  • フリーでパブリックドメインにある著作の場合、{{citation-attribution}}や{{source-attribution}}のテンプレートによって他者の著作物であることが明記できますし、その後の変更の助けとなります。

× 未記載の情報源を元に、ソースを自分自身の言葉で要約する

  • 出典を全く記載せずにソースを自分自身の言葉で要約する行為も、剽窃にあたりますし、また検証可能性に抵触します。
  • ソースを自分自身の言葉で要約すること自身が、剽窃ではないことにはなりません。何故ならばあなたの記述は他者の著作に密接に依存しているからです。出典の方針独自研究はしないといったガイドラインを満たすために、記述の節・文・章の直後に出典注釈を付けて明記する必要があります。記載法と場所についてはWP:CITEを参照してください。

不注意による剽窃を避けるには[編集]

ソースを自分の言葉で要約し、また以下の方法を取ることで剽窃を避けることができます。

  • INCITE: 言説文では、出典注釈を節・文・段落の末尾に記載する。記事執筆の際に参照した文献を出典として記載してください。WP:CITEに出典の記し方が示されています。
  • INTEXT: ソースの言葉をコピーしたりパラフレーズした場合は、常に本文中で出典言及してください。
  • INTEGRITY: Maintain text-source integrity by placing your inline citations in a way that makes clear which source supports which part of the text. Citations may be placed after the phrase, sentence, or paragraph in question, but at the latest at the end of the paragraph.

編集者には自分の執筆について、編集作業中に出典注釈が削除されたり間違った場所に置かれたりすることのないよう、また出典言及が不注意によって削除されたり壊されたりしないよう、時折チェックされることを望みます。 編集者はとりわけ馴染みのない記事の編集時には、記述ソースの関連性が失われることのないよう注意深く編集してください。

ソースの言葉を用いる場合、あなたは以下の形式が使えます。

  • 直接話法: ソースの言葉を引用符付きでコピーし、出典注釈と出典言及を加える。
  • チェック 例:ジョーン・スミスはタイムズ誌で「『初心者向けコテージチーズ』は私が読んだ中で最も退屈な本だ。」と述べた[4]
  • 間接話法: ソースの言葉や近似したパラフレーズを引用符無しでコピーする。この場合も出典注釈と出典言及が必要。
  • チェック 例:ジョーン・スミスはタイムズ誌において、「初心者向けコテージチーズ」は彼が読んだ中で最も退屈な本だと述べている[4]
※ 本文中で出典に言及した場合でも、語やフレーズの区別のために括弧を付けてください。
  • パブリックドメインやフリーな著作であっても、記事に加える際には全て出典明記が必要です。(方法は後述)

剽窃とみなされない場合[編集]

記述内容によっては、その内容に創作性が認められないために、剽窃とはみなされない場合があります。

以下の例などは一般的に剽窃となりませんが、しかしWikipediaの検証可能性独自研究の方針に従い、出典を明記する必要があります。

  • 一般的な表現やイディオム。学術領域などさまざまな専門分野で一般的とされるもの。[5]
  • 事実をシンプルかつ明確に述べたもの。「ジョーン・スミスは1900年2月2日に生まれた」などの文は注釈を入れるほどの創作性に欠けます。
  • 単純な創作性のないリスト。アルバムの曲リストや映画での出演者リストなど。
    • ※ 作成されたリストが「何かしらの要素」に従って集められたり順番付けられたりている場合には、創作性が認められ、帰属表記無しでの使用は剽窃とみなされます。[6]
  • その学術領域において一般的な、科学的・数学的公式
  • 単純な論理の記述

他のソースから記述を用いる場合[編集]

記述が剽窃とみなされないようにするため、Wikipediaは明確な出典表記を必須としています。 出典を表記する方法には、出典注釈(INCITE)がよく用いられています。 ソースをコピーしたり近似のパラフレーズを行う場合は、より強調された出典表記が必要です。 こうすることで、投稿された文章が編集者自身の著作部(容赦ない編集に晒されます)なのか、引用部(クレジット表示を行って本質的な部分は改変してはならない)を明確に区別して扱うことができます。[7] またこうすることで、再利用する際に、CC-BY-SAライセンスのみ、または非フリーやパブリックドメインも許す場合などの時に、どの部分がWP:CC-BY-SAWP:GFDLのデュアルライセンスが適用されるのか区別することができます。

記述の扱い方は、その内容がWikipediaのフリーライセンスと互換する著作権制限であるかどうかによって違います。 以下の節ではそれぞれの手法を示します。もし編集者が他の文献を持ち込む際にその記述がどの分類となるか分からない場合、コピーする前に、該当ノートページやWikipedia:井戸端で質問すべきです。 パブリックドメインや互換ライセンスであると確定判断できない場合には、著作権保護下だと考えて扱ってください。

Wikipediaの著作権方針では、他人の著作権を侵害する情報は決して利用してはならないと記しています。 それは法的問題を引き起こしWikipediaの存在を危うくします。疑わしいのであれば、自分自身で著作物を作り出して、Wikipediaにトラブルをもたらさないようにしてください。

: Wikipediaにコピーされる著作物は、いかなる場合もWikipediaの中核指針であるWikipedia:中立的な観点Wikipedia:検証可能性Wikipedia:独自研究は載せないに合致しなければなりません。以下の勧告は剽窃問題に限ってのものです。

近似したパラフレーズ[編集]

Wikipediaの編集者はソースの要約を行うため、要約元ソースの数が少ないほど剽窃を避けながら要約するのは難しくなりやすいです。 しかしながら要約作業が誠実さと適切な出典に基づいて行っていれば、記事ノートで問題とされても解決がしやすくなります。 出典がなく剽窃が疑われる場合、それをどう判断するかの提案が以下にあるため参考にしてください。

著作権保護下にある情報[編集]

剽窃の問題があるかどうかに関わらず、著作権保護下にあってフリーライセンス互換でない創作物は、著作権ポリシー非フリー素材についてのポリシーを満たす形で注意して扱わなければなりません。 そういった創作物は通常広範囲にWikipedia記事にコピーしてはなりません。 限られた量であり、かつ引用符やblockquoteタグを付けて明確に示したりすれば引用できます。 全ての言説文は、本文中で出典言及を行わなければなりません。その言説文は著作権の懸念があるため、類似した言葉でのパラフレーズは行えず、代わりに要点をオリジナルの言葉で書き換える方法を取るべきです。

コピーレフトの情報[編集]

もし外部の著作物が、コピーレフトライセンスであり、かつコピーの配布や改変物の作成に制限を設けていないのであれば、CC-BY-SAライセンスと互換性があり、規約条項も合致するため、Wikipediaの記事に直接用いることができます(対応表はen:Wikipedia:FAQ/Copyright参照)。

多くのコピーレフトライセンスは著者表記を要求しています。またそうでないライセンスの場合でも、剽窃を防ぐために著者表記をしなければなりません。コピーレフトライセンスな文章の著者表記は、Category:典拠テンプレートやそれと類似の形にて、一般的にはページ下部の参考文献節に置かれます。

パブリックドメインの情報[編集]

Copyright expired sources

Wikipedia内からのコピー[編集]

WikipediaのコンテンツはGFDLCC-BYのデュアルライセンスです。これは寄稿者はその起稿について著作権を保持していますが、再利用と改変に制限のないライセンスです。しかしWikipediaはそれぞれの行ごとに著作権を保持する形を取ってないので、記事本体では帰属記載を行う必要はありません(履歴・編集要約機能で行ってください)。 ライセンス上、帰属記載が必要とならない程度の長さであれば(WP:CWW参照)、他のWikipedia記事や他言語版からコピーしてくることは剽窃ではありません。

剽窃への対応[編集]

著作権の侵害[編集]

同一の記述を見つけた場合、まずは第一に問題になるのが剽窃なのか著作権の侵害なのかを見極めます。 もしオリジナルがパブリックドメインでなく、Wikipediaのライセンスとも互換のない場合、またそのおそれがある場合、著作権の方針に従って対応すべきです。

関係する著者に連絡する[編集]

剽窃を訂正する[編集]

投稿者に常に連絡を付けられるとは限りません。例えば3年前に投稿したきりで、現在は既に活動していないIPユーザなどは、対話を試みても応答しないことが多いです。投稿者に連絡できるかどうかにかかわらず、あなたはコピーされた部分を変更したり、脚注や出典を追加して構いません。剽窃であるが著作権侵害でない部分については、修復可能であればWikipediaから削除する必要はありません。可能であれば、適切な出展情報を記事やファイルに記載してください。記述であれば出典が見つかるまでその部分をノートページにすることもできます。

脚注[編集]

  1. ^ Hacker, Diana. A Pocket Style Manual (5 ed.). Boston: Bedford/St. Martin's. p. 107. ISBN 0312559933. 
  2. ^ "Acknowledging the source of the copyrighted material does not substitute for obtaining permission."Copyright: Fair Use
  3. ^ plagiarizing – Merriam-Webster's Online Dictionary
  4. ^ a b Smith, John. "Boring books," The Times, November 7, 2010.
  5. ^ In order to qualify as a "common expression or idiom", the phrase must have been used without attribution at least 2 years ago by someone other than the originator and in a reliable source, in other words one that is likely to have watchful editors and lawyers; there must be no evidence that the author(s), or publisher(s), of the unattributed use later lost, or settled out of court, a lawsuit based on the unattributed use, and that the publisher did not issue an apology, or retraction, for plagiarism relating to the unattributed use. Since it is impossible to prove completely that something does not exist, Wikipedia editors who suspect plagiarism is involved must provide reliable evidence of such a legal judgment, out-of-court settlement, apology, or retraction.
  6. ^ This may also constitute a copyright problem; U.S. law on such lists is illustrated by the case Feist Publications v. Rural Telephone Service.
  7. ^ 言説文では、編集注記や小規模の編集は有用なことがありますが、しかしそれを明確に記述しておかなければなりません。 See WP:MOSQUOTE for details.