Wikipedia:ツール/WikiBlame

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WikiBlame
(ウィキ・ブレイム)
WikiBlameSS.png
WikiBlame
URL http://wikipedia.ramselehof.de
営利性 なし
タイプ 履歴検索ツール
登録 不要
使用言語 ドイツ語英語日本語、他世界80言語以上
ライセンス GPLLGPL
設立者 Flominator
設立日 2006年
現状 Online

WikiBlame(ウィキ・ブレイム)は、ウィキペディアの記事内のテキストが、いつ誰によって追加されたテキストなのかをチェックできるサイトです。有益なテキストはもちろんのこと、著作権侵害の疑いのあるテキスト、信頼性の乏しい出所のはっきりしないテキスト、また犯罪的性質のある書き込みまで、それがいつ誰によって追加されたテキストかを検索できます。


使い方[編集]

このツールは履歴の各版を走査します。その版の中に、指定されたテキストが含まれていれば OOO と返します。含まれていなければ XXX と返します。走査の速度を上げるため途中の版を飛ばしている場合は ??? と表示されます。

以下はメインページを対象に「#線型」法で「ウィキペディア」というキーワードを検索した例です[1]。速度を上げるため版を二つ飛ばしで検索しており、開始地点を2003年1月31日に設定しています。検索対象のテキストが1月30日から31日の間に追加されたことが分かるでしょう(OOOXXXに変わっている部分です)。その前後の日付をクリックすると、テキストが追加された対象版が確定できます(ちなみに日本語版のメインページにはじめてウィキペディアという言葉が追加されたのは、以上の調査の結果から見るとこの版になります)。

  • 2003年1月31日 (金) 15:29 OOO [ここから検索]
  • 2003年1月31日 (金) 14:31 ???
  • 2003年1月31日 (金) 14:27 ???
  • 2003年1月31日 (金) 14:26 OOO [ここから検索]
  • 2003年1月31日 (金) 13:24 ???
  • 2003年1月31日 (金) 13:10 ???
  • 2003年1月31日 (金) 11:10 OOO [ここから検索]
  • 2003年1月31日 (金) 07:14 ???
  • 2003年1月30日 (木) 04:57 ???
  • 2003年1月30日 (木) 04:42 XXX [ここから検索]
  • 2003年1月29日 (水) 13:19 ???
  • 2003年1月7日 (火) 07:33 ???
  • 2002年12月19日 (木) 06:28 XXX [ここから検索]
  • 2002年12月18日 (水) 02:38 ???
  • 2002年12月17日 (火) 21:25 ???
  • 2002年12月17日 (火) 05:32 XXX [ここから検索]

検索キーワードの中にウィキコード (『[』、『]』、『{』、『}』、『*』、『#』、『''』、『'''』、『==』、『====』、『<』、『>』、『|』) がなく、かつ「#ウィキテキストとして検索する」にもチェックが入っていない場合、検索はプレイン・テキスト[2]を対象に行われます。逆にキーワードの中にウィキコードが入っているか、「ウィキテキストとして検索する」にチェックが入っている場合は、ソース[3]を対象に検索が行なわれます。

例えば言語間リンクを検索したい場合は 『en:記事名』 ではなく 『[[en:記事名』 とすると、ソースを対象に検索が行われるようになり、ヒットするようになります。

設定[編集]

検査する版数[編集]

  • 検査する版の数を指定します。10であれば10版だけチェックします。
    • ヒント: 「○版が見つかりました」という数字が「検査する版数」として指定した数字と同じ場合、より古い版がおそらくあります。
    • ヒント: 線形法で多数の版を検査するのは非常に時間がかかります。そうした場合は飛ばす版数を大きくする(たとえば10や50など)のがよいです。
    • ヒント: 二分探索を使用すると、履歴が数千版にものぼる場合などでも、非常に速く検索が行えます。ひとつひとつの版をチェックしていかないためですが、一般に版が多い場合は二分探索を使うのが賢明でしょう。
    • URLパラメーター: &limit=10,

間の何版かの検査をとばす[編集]

  • 途中の版を飛ばしてチェックします。5であれば5版ずつ飛ばしてチェックします。これは検索方法が「#線形」になっている場合のみ機能します。
    • URLパラメーター: &skipversions=5

初めの何版かの検査をとばす[編集]

  • 最初の何版かを飛ばします。20であれば20版を飛ばした所から検索を始めます。
    • URLパラメーター: &ignorefirst=20

開始日[編集]

  • 指定した日付の午後11時55分より前の版、がチェックの対象となります。
    • URLパラメーター: &offtag=22&offmon=8&offjahr=2010

ウィキテキストとして検索する[編集]

ここにチェックを入れるとプレイン・テキスト[4]ではなく、ソース[5]を対象に検索を行うようになります。例えば外部リンクがいつ追加されたかを調べたい場合は、URLをキーワードに入れ、このオプションにチェックを入れれば、うまく検索できるようになるでしょう。

探索方法[編集]

線型[編集]

全ての版をチェックします。直感的に分かりやすい探索法ですが、履歴が長い場合は調査に非常に時間がかかるのが弱点です。

  • URLパラメーター: &searchmethod=lin
補間[編集]

二分探索です。版数が多い場合に速くなります(デフォルト)。

  • ヒント: 途中で編集合戦や白紙化の版が入っていると、そこで検索がストップします。その場合[ここから検索]を使ってもう一度そこから検索を行って下さい。
  • URLパラメーター: &searchmethod=int

言語[編集]

ウィキメディア・プロジェクトのほとんどのサイトは 言語.プロジェクト の形のアドレスを持ちますが(例:ja.wikipedia) 、中には言語プレフィックスのないサイトもあります。例えば http://wikisource.org/ などがそうです。その場合は言語の欄は空欄にしておいてください。

  • URLパラメーター:
    • プロジェクト: &project=wikipedia,
    • 言語版: &lang=ja,
    • ページ: &article=メインページ,
    • 検索語: &needle=ウィキペディア,
    • 表示言語: &user_lang=ja,

技術[編集]

このツールは以下のような方法で動作しています。まず履歴ページを開き、そこから検索条件に合致する開始点となる版と、条件に合致する最終版までの全版数を取得します。次に各版を順次開き、その中に指定されたテキストが含まれているかをチェックしていきます。

開発とフィードバック[編集]

WikiBlameはドイツ人ウィキペディアンde:User:Flominatorによって、2006年から開発が始められました[6]。質問はde:User_talk:Flominator/WikiBlameが受け付け場所になっています(実際はそこからリンクされているSourceForge内のプロジェクト・ページが受け付け場所となっています[7]。2010年8月現在、プロジェクトはまだアクティブです)。

ソースコード[編集]

WikiBlameはphpをベースに書かれています。ソースコードはSourceForgeからダウンロード可能です[8]

ライセンス[編集]

WikiBlameはGPLおよびLGPLのライセンスの元で提供されています([9]で "Show project details" をクリックすると表示されます)。

翻訳[編集]

各言語への翻訳はtranslatewikiで行われています[10]。2010年8月現在、日本語への翻訳はすべて終了しています[11]

既知の問題[編集]

  • 「ã�¦ã�£ã�­ã��ã��ã�£ã�¢」をプレインテキストとして検索しています、のように結果表示で日本語の検索語は文字化けします。ただ検索はまったく問題なく動作するので、大きい問題はないでしょう。

ユーザーボックス[編集]

WikiBlame この利用者はテキストを追加した編集者を、WikiBlameを使って特定します。


{{Wikipedia:ツール/WikiBlame/UB}}

関連項目[編集]

外部リンク[編集]