Wikipedia:スタイルマニュアル (人物伝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

このページは、人物についての項目のスタイルマニュアルです。Wikipedia:スタイルマニュアルの一部ですので、全体として守らなければならないのはスタイルマニュアルと同様です。もし、スタイルを変えたい場合には、一貫性を維持するためにも全体への修正として提案してください。また、修正時にはすべてのスタイルマニュアルで矛盾がないようにしてください。

項目名[編集]

項目そのものの名前、未執筆リンク(いわゆる赤リンク)の基準については、Wikipedia:記事名の付け方を参照してください。

導入部[編集]

本文の先頭から最初の見出しまでのスタイルについてです。

第1段落には次のことを記載すべきです。

  1. 人物の名前・称号(爵位などがあれば記載)
  2. 人物の生年月日と(死亡していれば)没年月日
  3. 人物の国籍・地域 - 日本語版なので日本人を扱っていてもそのことが分かるようにしておいてください。つまり日本人などと明記したり、征夷大将軍のように日本にしかない称号を記載したりします。国籍と活躍していた国が異なる場合は個々に応じて最適な記述をしてください。
  4. 人物の主な活動(政治家・作家・学者など)
  5. 人物がどうして重要か(主な活躍を記載する)

[編集]

名前と読み仮名[編集]

  • 最初に記載する名前は'''名前'''のように太字にしてください。
  • 日本人・中国人など通常漢字を使う人物名の場合には、
    • 名字と名前の境界には「半角スペース」を入れて下さい。名字と名前の境界が明らかな場合には、半角スペースは省略しても構いません。
    • もし、名前にJIS X 208以外の漢字が使われており、項目名にできなかった場合には、最初に記載する名前については、Unicodeで使える文字にて記載してかまいません。その場合には、第1段落中に但し書きをつけてください。
    • 名前の直後に括弧()をつけ、最初に読み仮名を記載してください。読み仮名は標準体かボールド体で記載してください。
    • 読み仮名の後は生年月日との区切りとして「、」をいれてください。
  • 欧米人など通常漢字を使わない人物名の場合には、
    • 最初に記載する名前はカタカナを原則とします。表記はWikipedia:記事名の付け方に準じたものを使います。すなわち、項目名あるいは一般的な呼称でよいでしょう。ミドルネーム・ファーストネーム等を最初に記載する名前に入れるかどうかは、個々で最も適切なものを採用してください。爵位をもっていても一般的に「○○伯」などと呼ばない場合にはつける必要はありません。
    • 本文中の名前での「・」や「=」の使い分けはWikipedia:記事名の付け方に準じます。
    • 名前の直後に括弧()をつけ、最初に現地語表記(またはそれに近いもの)でフルネームを記載します。Sirなどの爵位をもっている場合にはそれも入れてください。現地語表記は標準体かボールド体で記載してください。
    • 現地語表記にいわゆる半角アルファベットを使った場合は、生年月日との区切りとして半角コンマと半角スペース(=, )を使ってください。

生年月日・没年月日[編集]

  • 生年月日・没年月日は、最初に記載される名前の直後の括弧()の中に記載してください。
  • 「生年月日 - 没年月日」のように生年月日と没年月日は、半角スペース・半角ダッシュ・半角スペースで区切ります。
  • ご存命の方に対しては、生年月日に続いて、ダッシュまでつけて没年月日のところは空欄にします。
  • 年でリンクをつくり、月日でリンクをつくります。月と日は併せて一つのリンクとしてください。
  • 生年・没年は知られているけど、月日まで知られていない場合には分かる範囲で記載してください。
  • 生年・没年が正確に分からない場合には、「1600年ごろ」「1600年頃」のように、およその年を書いてください。この場合は年にリンクをつけないでください。
  • 暦法が時代・地域によって異なることに配慮してください。
    • 西暦はグレゴリオ暦の実施日(1582年10月15日)以降はグレゴリオ暦で、それ以前はユリウス暦で記載することを原則とします。
    • グレゴリオ暦とユリウス暦との境界をまたいで生存していた人物の場合には、生年月日・没年月日がグレゴリオ暦かユリウス暦かを明記することが望ましいです。
    • 日本の歴史上の人物では、明治6年以降については全て西暦(グレゴリオ暦)で記載してください。和暦を併記してもかまいません。
    • 明治5年以前も西暦・和暦を併記することが望ましいです。月日は新暦と旧暦でずれが生じますので「2月10日 (旧暦)」のような括弧付きの月日でリンクをつくってください。資料によっては年は西暦で月日は旧暦で書いてあるものがありますので十分注意してください。

通称・ペンネームや本名(戸籍名など)[編集]

  • 本名を項目名にするか、あるいはペンネームや通称などを項目名にするかはWikipedia:記事名の付け方を見て決めてください。
  • 一般的に使用されている通称・ペンネーム等は第1段落中に書いてください。
    • その項目へのリダイレクトに値する通称は、最初の記載では'''で囲んで太字にしてください。
    • 通常リダイレクトされない通称は太字にする必要はありません。
  • あまり知られていない名前は第2段落以降の本文に記載してもかまいません。例:結婚や養子縁組による改姓、多くのペンネームを持つ作家、戦国時代の武士のように名前が変わる場合など
    • この場合は太字にする必要はありません。
  • 普段、通称で活動している方の本名は、本人が公開しているときには記載してもかまいません。
    • 本人が公開していないとき、あるいは公開を歓迎していないときには、Wikipedia:削除の方針の「ケース B-2:プライバシー問題に関して」に従い、本名は書かないで下さい。
      • 上記のような理由で本名を書かない場合は、<!--特に公開されていない本名を、理由無く記述した場合、削除の対象になります。-->とコメントアウトして、注意を促します。
  • 新字と旧字など、現代の日本における表記とその人物が生きていた当時の表記とが異なる場合、特にそれを併記する必要はありません。

敬称[編集]

人物が敬称で呼ばれる場合は第1段落中で紹介するべきです。ただし、あくまで紹介にとどめて、本文を敬称で書かないようにしてください。 例えば:

  • Sir(卿またはサー)- チャーチル卿
  • St(聖またはセント)- 聖バレンタイン
  • 師 - ホメイニ師

在位期間・在職期間[編集]

  • 過去に統治していた人々(例えば、教皇や君主)については、さらに在位期間を第1段落に明記してください。
  • 複数の位についていた人は、それぞれの在位期間がわかるようにしてください。
  • 大統領・首相など国のトップに相当する人の在職期間も君主と同様に記載してください。
    • ただし、法務大臣などトップではないものの在職期間は特に記載する必要はありません。

本文[編集]

人物の伝記は流れのあるまとまった文章で執筆してください。年譜形式は(箇条書きの書式を取っているか否かに関わらず)推奨されません。もっとも、学歴・職歴や受賞歴を別途まとめる場合や、伝記本文とは別に簡便な年表を設けることは否定されていません。その場合も年譜のほうが記事の主体とならないようにしてください。

経歴が年譜形式になっている記事の修正を促すテンプレートとしてTemplate:年譜のみの経歴があります。ただし、年譜形式の経歴は機械的な除去や削除の対象ではなく、あくまで修正の対象であるということに留意してください。

その他細目[編集]

芸能人、漫画家ほか現代人の記事について[編集]

  • 芸能人等のテレビ番組等に出演する人物の場合、関連項目には原則として同時出演した出演者などを記述しないでください。師弟関係、血縁関係や元同じグループに所属していたなどでない限り、後にその記事を読む人に混乱を与える元となり、記事化されない赤リンクを増やす元でもあります。

関連項目[編集]