Web Map Service

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Web Map Service (WMS)は、GISデータベースからのデータを使うマップサーバによって生成されたインターネット越しの、en:georeferenceされた地図イメージを提供するための標準プロトコルである。 [1] 仕様は1999年にen:Open Geospatial Consortiumによって開発され、最初に公開された。 [2]

歴史[編集]

Open Geospatial Consortium (OGC)は、Allan Doyleによって1997年に、WWW Mapping Frameworkの概要を発表した論文の後、webマッピングのための標準を開発する中で、改善されてきた。 [3] OGCは戦略を作り出すために、タスクフォースを設立し、 [4] "Web Mapping Testbed"イニシアティブを組織し、DoyleとOGCタスクフォースによるアイデアを実現するための、パイロットwebマッピングプロジェクトを招待した。パイロットプロジェクトの結果は1999年の9月にデモンストレーションされ、パイロットプロジェクトの第2段階は2000年4月に終了した。[5]

Open Geospatial Consortium コンソーシアムは2000年4月にWMSバージョン1.0.0をリリースし、 [6] 引き続き2001年6月にバージョン1.1.0を出し、 [7] 2002年1月にバージョン1.1.1を出した。 [8] OGCは2004年1月にWMSバージョン1.3.0をリリースした。 [9]

主なWMS[編集]

日本のWMS [代表的なWMSサーバ][編集]


世界・海外のWMS[編集]

要求[編集]

WMSは数多くの異なった要求タイプを定義し、そのうちの2つはWMSサーバによって要求される: [10]

  • GetCapabilities - WMSと有効なレイヤについてのパラメータを返す
  • GetMap - パラメータが提供されると、マップイメージを返す

WMSプロバイダがオプションとしてサポートするかもしれない要求タイプは以下を含む:

  • GetFeatureInfo
  • DescribeLayer
  • GetLegendGraphic

ソフトウェア[編集]

オープンソース ソフトウェアでwebマップサービスの能力を提供するものとしては、en:GeoServeren:MapServerがある。webマップサービスを提供出来る商用のサーバソフトウェアには、en:ObjectFX Web Mapping Tools, en:ArcGIS Server, en:ArcIMS,Pitney Bowes Business InsightsによるEnvinsa, en:Bentley SystemsによるGeoWebPublisher, en:CadcorpによるGeognoSIS, en:GeoMedia, オラクル MapViewer と en:LizardTechの Express Serverがある。

WMSは、インターネット経由と、クライアントサイド上で、GISソフトウェアによってロードされアクセスされる、地図とGISデータのために広くサポートされている形式である。WMSをサポートしている主要な商用GISとマッピングソフトウェアには、 MATLAB[1]Mapping Toolbox, en:Bentley Systemsの GIS製品, ESRIArcGIS製品, en:Cadcorp SIS製品スイート, en:MapInfo Professional, en:GeoMedia, en:GlobalMapper, と en:Manifold System, さらにGoogle Earthがある。 WMSをサポートしているオープンソース製品には、 en:Quantum GIS, en:uDig, OpenJUMP, en:MapGuide Open Source, NASA World Wind, en:GRASS GIS, と en:gvSIGがある。 en:Ka-map,en:GeoServer en:OpenLayers,Ajaxライブラリは、en:Mapbenderがするように、WMSマップをwebページに統合する。 [11]

参照[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Web Map Service”. Open Geospatial Consortium. 2009年3月23日閲覧。
  2. ^ Scharl, Arno; Klaus Tochtermann (2007). The Geospatial Web: How Geobrowsers, Social Software and the Web 2.0 are Shaping the Network Society. Springer. pp. 225. ISBN 1846288266. 
  3. ^ Doyle, Allan (1997). WWW Mapping Framework. Open GIS Consortium. 
  4. ^ Cuthbert, A. (1998). User Interaction with Geospatial Data. Open GIS Consortium. 
  5. ^ Peng, Zhong-Ren; Ming-Hsiang Tsou (2003). Internet GIS. John Wiley and Sons. pp. 191. 
  6. ^ OpenGIS Web Map Server Interface Implementation Specification (Revision 1.0.0)”. Open Geospatial Consortium (2000年4月19日). 2009年4月10日閲覧。
  7. ^ Web Map Service Implementation Specification Version 1.1.0”. Open Geospatial Consortium (2001年6月21日). 2009年4月10日閲覧。
  8. ^ Web Map Service Implementation Specification - Version 1.1.1”. Open Geospatial Consortium (2002年1月16日). 2009年4月10日閲覧。
  9. ^ OGC Web Map Service Interface”. Open Geospatial Consortium (2004年1月20日). 2009年4月10日閲覧。
  10. ^ WMS Server”. Mapserver. 2009年4月10日閲覧。
  11. ^ Geoserver - Clients”. OpenGeo. 2009年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]