WJプロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WJプロレス(ダブリュー・ジェー・プロレス)は、日本プロレス団体。運営はファイティング・オブ・ワールド・ジャパン。キャッチフレーズは「目ん玉飛び出るようなストロングスタイル」。

歴史[編集]

旗揚げ前夜[編集]

新日本プロレスを現場監督として取り仕切っていた長州力だったが、2002年2月、武藤敬司らが全日本プロレスに事実上引き抜かれた責任を取らされ監督の任から降ろされ、これと前後して渉外・企画宣伝部長で長州の盟友であった永島勝司も退社した。永島は他団体のアングルなどを企画する永島企画を立ち上げた。この永島企画に、2002年5月に新日本プロレスの体制批判を行い退社した長州が合流し、社名をリキ・ナガシマ企画へ名称変更した。

その後、永島と長州は、新団体設立のためにスポンサーを探しをはじめ、長州のタニマチである北海道を中心に活動する企業家・福田政二の協力が得られることとなり、2002年11月に株式会社ファイティング・オブ・ワールド・ジャパン(以下「WJプロレス」と記載)を設立し、福田が代表取締役社長、永島が専務取締役、長州が取締役に就任した。なおWJプロレスの設立に伴い、リキ・ナガシマ企画は事実上の活動停止となった。

旗揚げ興行前から、2億円の資本金、道場の開設、巡業バスや社長専用車の購入、著名人を招いての忘年会などが話題となった。また所属選手の確保についても、前年10月に新日本プロレス退団を表明していた佐々木健介やプロレスリング・ノアの大森隆男らを引き抜いたほか、インディー団体のレスラーを対象に入団者を募り、旗揚げの体制を整えた。

長州はWJプロレス旗揚げに当たって、マスコミを通じて「プロレス界のど真ん中を行く」と発言していた。「プロレス界のど真ん中を行く」の意味について、全日本プロレス所属ながら長州の弟子筋にあたり、旗揚げ戦への参加が決定していた衆議院議員馳浩は、自身のインターネットサイトで、福田政二社長が『どんぶり勘定の世界を企業会計の通用する社会にすることであり、また中国へと事業展開するための契機』としてWJプロレスを設立した、と推測した上で『WJの企業目標が、プロレス界の構造改革(猪木世界の排除)と社会貢献とアジアへの事業展開のとっかかりと考えると、なるほど「ど真ン中を行く」という意味が理解できる。』と解説した。

旗揚げ興行[編集]

旗揚げ興行は2003年3月1日横浜アリーナ。同日、プロレスリング・ノア日本武道館大会やK-1 WORLD MAX有明コロシアム大会が開催されており、人気のある他団体のビッグマッチとバッティングした強気な日程で話題を呼んだ(この日はその他にも女子プロレスなど、合計11のプロレス・格闘技興行が関東地方で行われていた)。これについて永島は著書で、旗揚げ興行の開催日と会場に関しては他団体のビッグマッチを意識したものではなく、2003年3月中に旗揚げ興行を開催できる大会場が3月1日の横浜アリーナしか空いていなかったというのが真相だったとしている[1]。 また、永島はWJの設立発表(2002年11月)から2か月以内に旗揚げ興行を開催したいという意向を持っていたが、他団体から移籍する選手たちの契約切れを待っていたため意向通りに旗揚げ興行を開催できず、これ以上旗揚げ興行を先延ばしできなかったという事情があった[1]。この旗揚げ興行の模様はTBS深夜の星」枠で録画中継され、同局にとってはUWFインターナショナル以来のプロレス放送となった。

旗揚げ興行を含む最初の巡業については、予定されていた長州vs天龍源一郎の6連戦が天龍の負傷欠場により3戦で取りやめになり、長州も負傷により欠場、当時国会議員だった大仁田厚もイラク戦争により議員会館での待機を余儀なくされて欠場となるなど成功とは言い難いものだった。

旗揚げ興行以降[編集]

フラッグシップタイトルとしてWMGヘビー級が制定され、7月20日両国国技館で行われたWJ最強決定トーナメントの優勝者が初代王者に認定されたが、当日までにチャンピオンベルトの完成が間に合わず、ベルト不在での新王座お披露目となった。

7月28日、プロレスへの転向を希望していた総合格闘家のジャイアント落合がWJ道場での練習中に意識を失い、急性硬膜下血腫により死去した。なお、練習に立ち会っていた長州は日刊スポーツのインタビューに「前方回転の受け身を取ったあと、足元がふらついて倒れた」と証言しているが、落合の師匠格にあたる佐竹雅昭は「受け身でそんな大きな事故にはならない」と格闘技通信にコメントしている。これに対し、永島は自身の著書の中で「(落合は前日に徹夜でアルバイトを終えてから道場にやってきて)『気分が悪い』と言っていたので見学させていて、ほとんど練習はしていない。このことは警察の実況検分でもこちらの言い分がすべて認められている」「佐竹のマネージャーに経緯を説明し、佐竹にもちゃんと伝えるように頼んでおいたのに、ある時を境に向こうからの連絡が一切来なくなり、挙句の果てに一方的にWJに責任を押し付けようとした」と反論をしている[1]

相次ぐトラブルと選手の退団[編集]

WJプロレスは、旗揚げ当初から観客動員に苦戦し、見込んでいた利益を上げることができなかった。このためギャラ未払いが生じ、8月に鈴木健想が、9月に谷津嘉章が相次いで退団した。WJで営業を担当していた谷津は東京スポーツの取材に対して、「長州をはじめとするWJフロント陣はインディー団体を分かってない」とし、給料未払い等を暴露[1]、WJの苦しい経営状況が表面化した。この給与未払い問題は越中詩郎らによるユニット「レイバーユニオン」が結成されるギミックとして利され、長州や天龍との抗争が展開された。

総合格闘技イベントPRIDEが人気を博していたことを背景に、興行の不振の打開策として9月6日総合格闘技イベント「X-1」開催。中嶋勝彦が異例の若さでプロ格闘技デビューすることもあって一定の注目を集めた。しかし、レフリーや選手が未熟でレベルが低かったことから観客から酷評された。さらに金網マッチ中に金網が外れ、スタッフが手で金網を押さえて試合を続行する事態となり、観客の失笑を買うこととなった。

同大会のプロデューサーであった長州力は、興行について一言もコメントをしないまま大会の終了を待たずに帰宅してしまい、佐々木健介や永島を激怒させた[1]

WJプロレスでは、一度発表された興行が中止となる事態が多発していた。永島は興行が中止となった原因について、フロントが興行の予定されていた会場に対して契約を交わさない、電話確認をしない、手付金を払わないなどの不手際を起こし、会場が使えなくなったためだと述べている[1]。最も話題になった興行中止は、永島が自著で「後楽園ホールダブルブッキング事件」[1]と称している興行中止である。WJプロレスは10月22日に後楽園ホール大会を開催することを発表したが、直後にネット上で同日にボクシング興行が予定されているのを指摘され、フロントが後楽園ホールに確認したところ実際には後楽園ホールが押さえられておらず、急遽お詫びと興行中止を発表する。その代わりとして首都圏の会場でビッグマッチを行うと発表するも、結局行われることはなかった。

選手の専属契約の解除とリキプロへの移行[編集]

11月以降、所属選手であった越中や大森隆男が他団体に参戦するようになり、長州自身もZERO-ONEを主戦場にハッスルなどにも参戦するようになった。越中らの他団体参戦については、永島の著作によれば、所属選手に対して経営不振によるギャラの40%カットと引き換えに専属契約の解除を行ったためとされている。佐々木健介も12月に退団した。

2004年1月、中嶋勝彦のプロレスデビュー戦を行った。このとき15歳9か月であり、男子では史上最年少デビューのプロレスラーとなったが、3月に中嶋は保障上の不安から退団する。5月に社長は轡田浩二へと変更し、興行以外での新規事業での再建を図るも頓挫。その後も不定期に単独興行を打っていたが、8月13日に所属選手がWJから分離して設立された『リキプロ(立石史代表)』へ移籍。長州自身はWJに残留する(ただし一部のメディアではリキプロ所属とされる)も、WJとしての活動は停止された。活動停止に至った詳細は、金銭面の問題やその他理由は多々挙げられるも不明である。

タイトル[編集]

WMGの正式名称はWorld Magma the Greatest。WMG王座については、王座決定トーナメントを制した佐々木健介が初代王者として認定されるが、王者が決定した時点でベルトの完成が間に合わず、ベルト不在のまま王者が認定されるというトラブルが発生している。その後、1度の防衛戦を行った後、佐々木健介が退団し、新王者を決定しないまま実質的に王座は封印されている。

タッグ王座については、シングル同様、王座決定トーナメントを行い、天龍&長州組が王者となったが、防衛戦を行わないまま、天龍が離脱したため、王座は宙に浮いた存在となった。後にリキプロの興行で2代目王者の決定戦が行われ、金村キンタローBADBOY非道組が勝利し、2代目王者となるが、非道と金村との抗争が勃発したため、非道がパートナーに黒田哲広を指名し、3代目ではなく、そのまま『2代目』王者を名乗るものの、その後は有耶無耶なままの状態となっている。

最終所属選手[編集]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

役員[編集]

代表取締役社長[編集]

途中退団した所属選手[編集]

来日外国人選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 永島勝司 『地獄のアングル プロレスのどん底を味わった男の告白』 2004年12月 ISBN 4-87257-524-5

関連項目[編集]