WISEPA J182831.08+265037.8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WISE 1828+2650から転送)
移動: 案内検索
WISEPA J182831.08+265037.8
WISE 1828+2650.jpg
WISR 1828+2650(中央の緑色の点)の赤外線画像
(提供:NASA)
星座 こと座
等級 (J) 23.57 ± 0.35等級
等級 (H) 22.85 ± 0.24等級
分類 褐色矮星
天文学上の意義
意義 最も温度の低い褐色矮星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 18h 28m 31.10s
赤緯 (Dec, δ) 26° 50′ 37.79″
視線速度 (Rv) 1078 ± 327 ミリ秒/年
固有運動 (μ) 118 ± 409 ミリ秒/年
距離 36.5 +4.2
−3.3
光年
(11.2 +1.3
−1.0
pc)
絶対等級 (MV) 22.98 ± 0.24
物理的性質
スペクトル分類 Y0[1]
表面温度 300 K
(25℃)[1]
発見
発見日 2011年8月23日(公表日)[1]
発見方法 WISEの全天スキャン
別名称
別名称
WISE 1828+2650,
WISEP J1828+2650,
WISE J1828+2650.
■Project ■Template

WISEPA J182831.08+265037.8とは、太陽系から約36.5光年の距離にあると考えられている褐色矮星である。2011年に広域赤外線探査衛星によって発見された。発見された中で、最も低い表面温度を持つ褐色矮星である。名称が長いのでしばしばWISE 1828+2650と呼ばれる。

特徴[編集]

WISE 1828+2650は、Y型と呼ばれる新しいスペクトル分類のグループに属する褐色矮星である。Y型褐色矮星は、WISE 1828+2650と同時に発見されたWISEPA J041022.71+150248.5WISEPC J140518.40+553421.4WISEPA J154151.66-225025.2WISEPA J173835.53+273258.9WISEPC J205628.90+145953.3の6つしか発見されていない[1][2]。Y型に分類される褐色矮星は、全て表面温度が600K以下と極めて低温であるが、WISE 1828+2650はその中でも特に低く、300K、即ち25程度しかない、室温程度の表面温度を持つ褐色矮星である[1]。これはCFBDSIR 1458+10Bの370K(100)を抜き、最も低い温度の褐色矮星である。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e NASA
  2. ^ ただし、CFBDSIR 1458+10BUGPS 0722-05など、Y型に分類される可能性のあるT型褐色矮星はいくつか存在する。

関連項目[編集]

WISE 1828+2650の想像図。