WASP-8b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WASP-8b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Exoplanet Comparison WASP-8 b.png
木星との大きさの比較
主星
恒星 WASP-8
星座 ?
赤経 (α) ?
赤緯 (δ) ?
距離 160 ly
(49 pc)
スペクトル分類 G6
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.0793 AU
周期 (P) 8.16 d
物理的性質
質量 (m) 2.23 MJ
半径 (r) 1.17 RJ
密度 (ρ) 1846 kg/m3
表面温度 (T) 1300 K
発見
発見日 2008年4月1日
発見者 Cameron et al. (スーパーWASP)
発見方法 トランジット法
現況 公表

WASP-8bはスーパーWASPによって発見された太陽系外惑星である。クイーンズ大学ベルファストのドン・ポラッコにより、2008年4月1日の王立天文学会で公表された[1]

地球から49パーセクと、WASPが発見した惑星系の中では最も地球に近い。密度は木星よりも大きい。主星のWASP-8の正確な位置については公表されていない。

出典[編集]

  1. ^ THE (SUPER)WASP FACTORY FINDS 10 NEW PLANETS IN THE LAST 6 MONTHS” (2008年). 2009年5月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、WASP-8bに関するカテゴリがあります。