WASP-14b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WASP-14b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Exoplanet Comparison WASP-14 b.png
木星との大きさの比較
主星
恒星 WASP-14
星座 うしかい座
赤経 (α) 14h 33m 06s
赤緯 (δ) +21° 53′ 41″
視等級 (mV) 9.75
距離 520±245 ly
(160±75 pc)
スペクトル分類 F5V
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.037+0.001
−0.002
AU
近点距離 (q) 0.033 AU
遠点距離 (Q) 0.041 AU
離心率 (e) 0.095+0.004
−0.007
周期 (P) 2.243756+5E-6
−1E-6
d
軌道傾斜角 (i) 84.79+0.52
−0.67
°
近日点引数 (ω) 254.9+0.92
−1.72
°
通過時刻 (Tt) 2454465.81963+0.00065
−0.00034
JD
物理的性質
質量 (m) 7.725+0.43
−0.67
MJ
半径 (r) 1.259+0.08
−0.058
RJ
密度 (ρ) 5133 kg/m3
表面重力 (g) 126.2 m/s² (12.87 g)
表面温度 (T) 2800 K
発見
発見日 2008年4月1日
発見者 Cameron et al. (スーパーWASP)
発見方法 トランジット法
観測場所 南アフリカ天文台
現況 公表
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

WASP-14bは2008年に発見された太陽系外惑星である。既知の惑星のうち最も密度が大きいものの1つである[1]。その半径はFortneyのモデルによく当てはまる[2]

自転[編集]

2008年8月時点で、直近のWASP-14bのロジター・マクラフリン効果の測定がJoshiにより行われ[3]、自転と公転のなす角が計算された。その値は-14 ± 17 °だった。この値は、年齢に比べると非常に奇妙であり、別の恒星の軌道の方に引っ張られている可能性を示している[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Joshi et al. (December 29, 2008). “WASP-14b: A 7.7 Mjup transiting exoplanet in an eccentric orbit”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 392 (4): 1532?1538. doi:10.1111/j.1365-2966.2008.14178.x. http://www3.interscience.wiley.com/journal/121588613/abstract?CRETRY=1&SRETRY=0. 
  2. ^ Fortney et al. (2007). “Planetary Radii across Five Orders of Magnitude in Mass and Stellar Insolation: Application to Transits”. The Astrophysical Journal 659 (2): 1661?1672. doi:10.1086/512120. http://www.iop.org/EJ/article/0004-637X/659/2/1661/70736.html. 
  3. ^ Winn, Joshua N. (2008年). “Measuring accurate transit parameters”. arXiv:0807.4929v2 [astro-ph]. 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、WASP-14bに関するカテゴリがあります。