W91 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W91
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ空軍(計画)
開発・生産
開発期間 1980年代-1991年9月(開発中止)
要目
核出力 10または100kt
弾頭 熱核弾頭
重量 310ポンド
テンプレートを表示

W91は、アメリカ合衆国が開発していた核弾頭

概要[編集]

アメリカ空軍が開発していたSRAM-T戦術核ミサイル用の弾頭熱核弾頭)であり、1980年代ロスアラモス国立研究所において開発が進められた。重量は310ポンド(約140kg)、核出力は10ktないし100ktを選択できた。爆縮レンズ用に低感度爆薬トリアミノトリニトロベンゼンが主成分のPBX爆薬が使用されたほか、コアの耐火性を向上させ、事故に対する安全性が増していた。

冷戦終結に伴い、SRAM-Tミサイルも開発中止となり、W91 核弾頭1991年9月に開発中止となった。