W86 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W86
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ陸軍(計画)
開発・生産
開発期間 1970年代-1980年9月(開発中止)
要目
弾頭 熱核弾頭
テンプレートを表示

W86は、アメリカ合衆国が開発していた核弾頭アメリカ陸軍パーシング II弾道ミサイル搭載の地中貫通弾頭として開発されていたものであり、1980年9月に開発中止となった。

概要[編集]

パーシング II ミサイルは、1973年より開発が開始されており、それに搭載する核弾頭として軟目標攻撃用のW85と硬化目標攻撃用のW86が検討された。W85と異なり、遅延信管を用いる予定であった。しかし、パーシング II ミサイルはSS-20 ミサイルに対抗するため、当初計画より射程延長の必要性が認められ、飛距離を延ばす改設計が行なわれた。それに伴い硬化目標攻撃任務から外されることとなった。これによりW86も開発が中止され、パーシング IIにはW85核弾頭のみが搭載されることとなった。なお、W86はW85と同じくB61 核爆弾の派生型であった。

外部リンク[編集]