W67 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W67
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ空軍(計画)
アメリカ海軍(計画)
開発・生産
開発期間 -1967年12月(開発中止)
生産数 なし
要目
核出力 150kt(計画)
弾頭 熱核弾頭
テンプレートを表示

W67は、アメリカ合衆国が開発していた核弾頭。1960年代に開発されていたが1967年12月に開発中止となった。

熱核弾頭であり、ポセイドンC-3潜水艦発射弾道ミサイルアメリカ海軍)およびミニットマン III大陸間弾道ミサイルアメリカ空軍)共用のMIRV弾頭として、ローレンス・リバモア国立研究所で開発が進められた。再突入体も共用する計画であったが、共同開発は不調となり1967年12月に開発中止となった。1967年の開発中止後はポセイドン用としてW68が、ミニットマン向けとしてW78が開発・実用化された。