W60 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W60
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ海軍(計画)
開発・生産
開発期間 -1963年(開発中止)
生産数 なし
要目
核出力 不明(低威力)
弾頭 不明
直径 13インチ
長さ 20インチ
重量 115-150ポンド
テンプレートを表示

W60アメリカ合衆国が開発していた核弾頭ローレンスリバモア国立研究所が開発していたものであり、アメリカ海軍のSAM-N-8 タイフォンLR(Typhon LR)艦対空ミサイルの弾頭として開発されていた。1963年開発中止。

SAM-N-8 タイフォンLRミサイルは長距離艦対空ミサイルとして1958年より開発が進められていた。軽量の弾頭であり、サイズは直径13インチ、長さ20インチで、重量は115-150ポンドである。信管は近接信管が検討されていた。SAM-N-8 タイフォンLRミサイルはシステムが複雑であるため、1963年に開発が中止され、ターター発展型のスタンダードミサイルが開発されることとなった。これに伴い、W60(試作兵器XW60)も開発が中止された。