W54 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W54
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ陸軍
アメリカ海軍
アメリカ海兵隊
アメリカ空軍
開発・生産
開発期間 -1961年
生産期間 1961年-1962年
配備期間 1961年-1971年
生産数 400発
要目
核出力 10t-1kt
弾頭 核分裂弾頭(インプロージョン方式)
直径 10.75インチ
長さ 15.7-17.6インチ
重量 50-55ポンド
テンプレートを表示

W54は、アメリカ合衆国が開発した核弾頭。超小型の核弾頭であり、重量は50ポンド(約23kg)ほどである。開発はロスアラモス国立研究所で行われ、1961年-1962年にかけて400発が生産された。1971年頃まで部隊配備されている。

概要[編集]

これは、戦術目的で用いる核兵器であり、小型で可搬性が高く、発射部隊や味方を爆発被害に巻き込まないように、爆発威力を低く抑えることが重要であった。1957年頃から低核出力核実験が繰り返されたが、威力が100ktオーダーになるなど、低く抑えることは難しかった。実験を繰り返し1961年までには核爆発を低威力に抑えることに成功した。W54自身は1962年に2回の核実験が行われ、22tと18tの核出力を記録している。

W54は、プルトニウムを用いたインプロージョン方式の核分裂弾頭であり、サイズは直径27cm、長さ40cm。核出力は10-250t。後のW72核弾頭はW54を再使用・再設計したものである。

各型[編集]

Mk54
デイビー・クロケット用。歩兵が運用する無反動砲砲弾であり、アメリカ陸軍で運用された。核出力10tまたは20t、時限信管
Mk54
特殊核爆破資材(SADM)用。アメリカ海軍およびアメリカ海兵隊特殊部隊向けの装備であり、人力で運搬可能で、爆破地点に設置する資材である。核出力10t-1kt、時限信管。
W54
AIM-26 ファルコン空対空ミサイル用。核出力250t、触発および近接信管アメリカ空軍で運用。