W47 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W47
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ海軍
開発・生産
開発期間 -1960年
生産期間 1960年-1964年
配備期間 -1960年-1974年
生産数 1,360発
要目
核出力 600kt、1.2Mt
弾頭 熱核弾頭
直径 18インチ
長さ 46.6インチ
重量 717-733ポンド
テンプレートを表示

W47アメリカ合衆国が開発した核弾頭ローレンスリバモア国立研究所で開発された熱核弾頭であり、アメリカ海軍ポラリスA-1/A-2潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)で運用された。

SLBM搭載用の小型高威力弾頭として1950年代後半から検討が行なわれてきた。1960年にEC-47(緊急能力)として、まず300発が生産された。引き続きW47として1960年から1974年にかけて、1,060発が生産されている。しかし、W47は不具合が多く、随時改良と再生産が行なわれ、1974年までの配備期間中、実戦配備に付けられたのは300発あまりにすぎなかった。1964年からはポラリスが多弾頭化したA-3となり、核弾頭もW58となっている。

W47のサイズは直径18インチ、長さ=46.6インチ、重量717-733ポンド。核出力はY1型600kt、Y2型1.2Mt。ポラリスA-1/A-2は単弾頭ミサイルであり、Mk1再突入体に1基格納される。

1962年5月6日には太平洋上で実弾頭ミサイルの実射試験(ドミニク作戦)を行っている。イーサン・アレン(SSBN-608)から発射されたミサイルはジョンストン島に着弾し、600ktの核出力を記録した。